プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん検診の結果と排卵チェック

先週受けた子宮がん検診の結果を聞きに行ってきました。
おかげさまで異常なし。
数年やってなかったのでホッとしました。
これからは乳がん検診と共に毎年恒例にしたいと思います。

それから排卵のチェックもしてもらいました。
基礎体温表からすると「昨日あたりに排卵だったかな~」とのこと。

先生の話では「排卵日って体温がガクンと下がった日」と思う人が
多いようだけど意外とそうではなくて、
ガクンと下がってから上がり出して2日後くらい、なんだそうです。
そう言われてみれば今回もそれくらいで排卵だったようだと
病院でお見立てしてもらったので、今後も目安にしようと思います。



今回は久しぶりに36.1度台があったり、
きちんと低温になってくれてるなという印象がありました。
そんなせっかくの時にちょうど三連休で10時に起きたりして
しっかり体温も高めになってしまったんですけど(汗)

前回(1週間前)は左に12.5m、右に7.5mmの卵胞があり
内膜は4~5mmという状態でしたが、今日は排卵済みのようだ、とのこと。

「右にモヤッとしたのが見えるから今回は右だったみたい」だそう。
右にも左にもまだいくつか卵胞はあって
一応計測してくれましたが、左右とも1番大きくても10mm以下。

体温的にも排卵後かなと思っていたので裏づけできてよかったです。

それから気になる内膜ですが・・・やっぱり薄くて7.8mm。
先生からも言われました。
元々普段からこんな感じなんだろうか。
それならせっかくうまくタイミングが合ったとしても着床しづらいんだろうなぁ。

「せっかく来たことだし、hcg打っとこか」ということで打ってきました。
「内膜が厚くなるって作用はないんですよねぇ?」と聞くと
「ならないねー、まぁ黄体ホルモン補充ってことで」とのことでした。

ちなみに基礎体温表に付けておいたタイミングは
「バッチリ合ってるねぇ」と言ってもらえちょっと安心しました。
排卵もあるようだし、後はタイミングが合ってくれればいいね、
ということで本日で終了して帰ってきました。

基礎体温表と実際の状態を照らし合わせることが今までなかったのですが
先日青木先生が言ってたように
「自分の感覚と照らし合わせてみるとわかってくると思うよ」
ということで、今さらながら自分の感覚がわかってきた気がします。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

医療費控除(申請のコツ)

医療費控除のコツってほどでもないですが
知ってると便利かなということをわかる範囲で書いておきます。

申請の時期なのですが

「給与所得者の還付申告書等、申告義務のない方の還付申告書は
平成21年1月から受け付けています。」とありますので
源泉徴収票がもらえたら2月15日まで待たずに早めに行くのがお勧めですね。

医療費控除の還付申請については過去5年分までならさかのぼってできるので
(サラリーマン家庭の医療費控除のみ、の場合)
つまりはよく聞く「確定申告」の時期しかダメ、ってわけじゃないので
ぶっちゃけ5月や6月でもダメ!ってことではないそうです。
(あまりお勧めもされないようですが)
これは以前の時に税務署勤務の知り合いから聞いて、私も目からウロコでした。

後はネットで申請書類を作成しておくのも便利です。

平成20年分 確定申告書等作成コーナー

●「作成開始」から入っていき、

 1 の 「所得税の確定申告書」
 2 の 「申告書等を印刷して提出」

にチェックを入れて「入力終了(次へ)」をクリック

●利用環境の確認事項にチェックを入れて「入力終了(次へ)」をクリック

●「次へ」をクリック

●申告書選択の画面から「医療費控除」をクリック

●「申告書の作成をはじめる前に」の画面

提出方法選択・・・「確定申告書等を印刷して税務署に提出する。」
申告書の送付の有無について・・・ 「送付されていない。」
生年月日入力・・・源泉徴収票に書いてある人の生年月日

●「給与所得」の画面

源泉徴収票の数字を見ながら入力。.

真ん中あたりの「医療費控除」をクリック → 別窓で医療費入力画面が開きます

●「医療費控除」の画面

上の方は医療費の明細(誰が、どこで、いくら・・)を入力する画面ですが
既に支払った医療費の計算が済んでいたら、
画面一番下の「医療費の合計額を計算済みの場合」の各欄のみ入力

「入力終了(次へ)」をクリック
※「医療費控除」の画面は自動で閉じ、「給与所得」の画面に戻ります。

●「給与所得」の画面

下のほうの表内の医療費控除欄に先ほどの金額が入力されてます。
「還付金確認」をクリックするとポップアップで還付金額が表示されます。
 → 確認して閉じる → 「入力終了(次へ)」をクリック

●「住民税等入力」画面で「入力終了(次へ)」をクリック

●「住所・氏名等入力」画面で必要事項を入力する

「提出年月日」は空欄にしておいて印刷後当日書き込んだ方がよいです。
還付金の振込先口座もここで入力します。

「入力終了(次へ)」をクリック

●「申告書等印刷」の画面

「印刷画面表示」で印刷した時のイメージが別窓で開きます。
(申告書類そのまんまなのでちょっと嬉しくなります・・・って私だけ?)
内容を確認後印刷します。→イメージ画面は閉じてOK

「印刷終了(次へ)」をクリック

●「作成後確認事項」の画面(別窓で開きます)

提出期限や提出方法などの注意事項が載っています。

*********

ここで終了です。
後は印刷した申告書、医療費の領収書を持って税務署へ。
捺印する欄は押していけばいいですが、
認印も持っていくと間違いが見つかって書き直しの際など困りません。

■医療費のまとめ方■

エクセルや手書きでもよいので

利用者・続柄・診療機関または店名・金額・交通費

をまとめます。
領収書1枚ずつ記載する必要はなく、
「利用者ごと」、さらに「診療機関ごと」に1行になってればいいです。

我が家の場合だと

××(名前) ・ 本人 ・ △△歯科 ・ ○○円
○○(名前) ・ 妻 ・ 青木産婦人科クリニック ・ ○○円 ・ 交通費○○円
○○(名前) ・ 妻 ・ △△歯科 ・ ○○円
  ・
  ・
  ・

な感じです。
同じ病院でも人ごとに分けます。

税務署に医療費の領収書を入れるB5の封筒があります。
外側に明細を書く欄がありますが、「領収書に添付」などと書いて
自作の明細と領収書を一緒に封筒を入れたらOKです。
※自分で封筒を用意して入れていってもOK

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

医療費控除(給付金の話)

医療費控除のお話を他の方のブログで見かけることも多くなりましたが
生命保険の給付金の差し引き方について
思い違えているようなお話も見かけるので書いてみることにしました。

そんなこともう知ってるもーん、という方は読み飛ばしてください(苦笑)

改めまして生命保険の給付金のお話ですが
医療費の総合計から引く必要はありません。

医療費は事例(と言うのかな)ごとで考えますので
「手術給付金」というのは「手術にかかった医療費」のみに
充てられたと考えればよいのです。

例えば年間の医療費が40万円だったとします。
そのうち手術で7万円かかり、手術給付金で10万円もらいました。

40万円-10万円 にしてしまうと損な気がしますよね。
だって多めにもらえたのは自分の医療保険のおかげであるのに
何で他の医療費の分もカバーしたことになるわけ??って。

なので、この場合は

手術にかかった7万円は給付金でまかなえた、
つまりは「手術にかかった医療費は0円で済んだ」と考えます。
平たく言うと「チャラ」ということでしょうか。

医療費控除で申請するのは、「自分で負担した医療費」についてなので
この手術の分は「負担ゼロ」ということになりますよね。

手術の分の7万円はチャラになっているので(黒字という考え方はなし)
医療費の合計には入れません。

ということは

医療費合計40万円-手術の分7万円=33万円

が実際に自分で払った医療費になります。

国税庁のHPにある医療費明細書なんか見ちゃうと
支払った分・給付で受け取った分、とあってわけわかんなくなっちゃうなら
ぶっちゃけ、手術分は領収書も添付せず、最初から「なかったことに」して
申請しないという考え方でも間違いじゃありません。

これは実際数年前、税務署で教えてもらいながら書類を記入した際に
このように教えてもらって、給付金をもらった事例は「なかったこと」にしました。
今回も記事を書くに当たってちょっと自信がなかったので
税務署に電話で問い合わせをして確認したら大丈夫でした。

ただし!
自分で「これは申請しない」と医療費から除外しておくのはいいけれど
後から「何か領収書が出てきた」と申請し直しはできないので
その辺はちゃんと覚えておく、
後から出てきた分は申請できないと認識しておくこと、だそうです。

***************追記です***************

もし給付金が手術費よりも少なかったら・・・

手術費が7万円かかって、手術給付金が5万円の場合、
「2万円は自分で負担した医療費」になりますよね。

その時は他の医療費と同じように「7万円」も足します。
そして「保険などで受け取った金額」を「5万円」にします。
(こうすれば自分で負担した2万円分が医療費控除の対象に含まれますよね)

***************追記おわり***************

ちなみに我が家の場合ですが
医療費合計(交通費含む)は303,454円

大腸ポリープ手術で23,850円かかり
手術給付金(2箇所)で10万円もらいました。

なので申請する医療費の合計は

303,454円-23,850円=279,604円

になります。
実際の控除としてはここからさらに10万円を引くので
179,604円分が還付金の対象として計算されることになります。

医療費明細書をエクセルで作るのですが
わかりにくいので、大腸ポリープの分は最初から除外することにしてます。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

漢方医へ

今度は実際に漢方医に行った昨日の話です。

中へ入るとまず漢方のにおい(香り、ですか)が充満。
うーむ・・・ジャスミン茶やハーブティなど
香りのあるお茶すら得意ではないので、
待合室に入った時点で診察を待たずして諦めそうになりました(おいおい)

まず受付で問診表を記入。
保険診療希望ということも申し出て保険証も提出。

早めに着いたのでちょうど帰る人達を見ていると
皆さん処方された漢方薬を大きな袋に入れて帰って行かれていました。
全然詳しくないのでわからないのですが
煎じというのでしょうか、漢方そのもの(?)なので大容量でした。

順番が呼ばれ診察室へ。

HPに「それまでの検査結果などできるだけお持ちください」とあったので
毎年胃カメラの際に一緒にやってもらってる血液検査の結果と
青木クリニックでやった不育症検査の結果を見せました。

まず開口一番「血小板っていつもこんなに少ないの?」でした。
やっぱり目立つんですね・・・(汗)
毎年の血液検査は過去4年間分を取ってあったので(←収集癖)
標準値の時もあるのを見てもらってその話は終わり。

青木クリニックの検査結果と、私の過去の妊娠暦を見比べつつ
「すごいね、こういうのまで検査するんだね」と言っていました。
産婦人科は専門ではないのでよくわからないようでした。
(膠原病などは診ているので免疫系のことはわかるようだけど)

凝固系で引っかかっているので、今は高温期にバイアスピリンを飲んで
妊娠したらカプロシンを打つ(打った)こと、
NK値が高いのでピシバニールを打ったことなどを話しましたが
「へぇ、すごいねー」って感じでした。
ピシバニールは「そこに使うんだ?自費だったんでしょ?」と驚かれました。

話をしている最中でも、なんとなくですが
「何しに来たの?」的な雰囲気が漂ってました。

確かに、すごい重症だとか、どこに行っても治らなかったとか
何年も苦しんでいることがあるとか、生理痛が尋常じゃないほど酷いとか
そういうわけでもないのでそう言われれば(言われてはないけど)
場違いな感じではありました・・・

医 「いろんな免疫の検査してるでしょ?
   それが漢方でどう変化するかわからないし
   こういうの(不育)は正直わからないんだよね」

私 「不育症のことはひとまず置いといて、体調を整えたいんです。
   不育のことはそれこそ不育の専門医にかかっているので
   今は体調を整えて、妊娠することから始めないと」

医 「まぁ整えるということなら診れるけどね」

文字にするとキツイ(いや、内容的にもちょいキツイか・・)けれど
話しやすさはあって、時間もゆっくり流れてました。
それに、「できないことはできない」と言うのは正直だと思うし
そんなに悪い印象は受けませんでした。

そしてカルテを見て

医 「保険診療が希望なの?」

と、ここでも「何しに来たの?」的な空気が・・・

私 「漢方は初めてなので、まずは保険内でやってみたくて。
   ちなみに自由診療だとどれくらいかかりますか?」

医 「2万5千円くらいかな、月にね」

私 「それだと1ヶ月飲んだら、もう来月飲めなくなっちゃいますので・・」
   (手でお金のマークを差し出してみる)

医 「あ、そういうことね」

ここでチラリとカルテの年齢を見て、また二度見。

医 「39才なのかー、結構いってるね」

私 「こう見えて・・すみません(苦笑)」

医 「うちでは30才を過ぎてる人には卵子の質を上げるために
   出す漢方があるんだけど、保険じゃないんだよね。
   ま、仕方ないね」

そして触診。
ベッドに仰向けになって、まず足を触られました。
足先というより、足首の上から膝のあたり。
どこかのツボを押されて「これ痛い?」と聞かれた所はすごく痛かったです。
左の足は「いたーーい!」と言うほど。

次に舌を出して見せ、それから脈を取り、
お腹をポンポンポンと叩いて、次はうつ伏せ。
同じように足のふくらはぎ辺りを触り、背中のツボを押してました。
再度仰向けになって脈を取り、舌と、今度は舌の裏側も見て終了。

先生は問診表を見ながらパソコンに打ち込んでいき
(よく見えなかったけど、たくさんの薬名がずらーっと並んでた)
問診表に○をつけた項目を私に確認。

医 「冷え性ってあるけど、あかぎれやしもやけは?」

私 「ありません」

医 「頭痛ってのはいつものこと?どんな時?」

私 「肩こりからきてると思います。月に1~2回くらいかと・・・」

医 「寝つきはよくないけど熟睡はできるんだね。昼間は眠い?」

私 「眠くないです」

医 「胸が詰まる感じとかは今もある?いつもあるの?」

私 「時々~です。3ヶ月に1度くらいとか?今はないです」

医 「キミは気の巡りが悪いから、反夏厚朴湯と当帰芍薬散を出しとくから。
   胸の詰まり感とかにはいいし、肩こり・・もまぁ少しは改善されるかな」

私 「そう、肩こり!
   酷い時はお風呂に入ったり温めたりしても全然ダメで」

医 「キミは気が滞ってるから、そんなこと(温める)してもダメだろうねぇ。
   もっと気晴らしになることを見つけた方がいいよ」

私 「・・・一応、気晴らしはあるつもりなんですけど・・・(汗)」

医 「そりゃ気晴らしになってないってことだ。
   気疲れになってんじゃないの?気晴らしとは違うんだろうね」

私 「・・・・・・・(言い当てられたような気がして返す言葉なく)」

医 「2週間分出しとくからね。
   次の予約は今日取ってった方がいいよ。取れにくいから」

ということで診察終了。
時間にしてだいたい30分ちょっとはかかっていたと思います。

受付で次回の予約を取った後、舌(表と裏)の写真をデジカメで撮られました。
変化も記録していくのかな。

出された漢方は大手製薬メーカーの個包装の細粒タイプ。
処方箋を渡され近くの薬局でもらってきました。
病院内で出しているのは本物の生薬(?)だけみたいです。

お会計は診療が1020円、漢方薬(2種類・2週間分)が860円、
合計でも2000円かかりませんでした。

出された物はメジャーな物だと思うし
(当帰芍薬散は産婦人科でもらってる方も多いですよね)
薬局でも普通に買える物とも思うのですが、
それよりはかなり安く済んでいると思います。

**************************

結果的にはよくある物(自力でも買えるもの)を出されたわけですが
保険診療なのでこんなもんなのかな、と思いました。
お医者さんも「保険じゃなければさじ加減で調整できるんだけどねぇ」と
やりにくそうに言っていましたので。

それに、やっぱり自分の判断で薬局に買いに行くのは難しいし
バファリンみたいに「○○を良くしたいからコレ」というように
割り切れないものだと思うし、飲み合わせとかもあるだろうから
専門医に行ってみてよかったかなと思います。

ただ、「何しに来たの?」感が否めず、予約を取ってはきたものの
正直に言えばあまり気分の良い時間ではなかったので、
次は自分で薬局で買うなり(値段は高くなっちゃうけど)
他の所を探すなりしようかと思ったりもしたのですが
あれこれ探してみても本格的な所はそうそう他にないし
漢方ってその時の状態を見て処方を変えたりするようだし
とりあえず2週間後も行ってみようと思います。

話しにくくはないし、話はとりあえず聞いてくれるし
慣れてきたら気のいいおっちゃん(コラ)に思えるのかな、なんて。

それにしても1番ショックだったのは

「気晴らし見つけた方がいいよ」

のひと言。
それから

「そりゃ気疲れであって気晴らしにはなってないんだろうね」

という言葉。

もう、帰りの車の中でも頭の中から離れませんでした。

私、好きなスポーツやってます。
今年に入って既に3回は練習やって良い汗かいて、
血行や代謝もよくなってる方だと思います。

肩こり=血行をよくすればいい、としか思ってなかったので
運動もその辺の人に比べたら結構やってるし
靴下ないと眠れないってほどの冷え性でもないし
お風呂入っても温めても改善されないし、不思議は不思議でした。

気、かぁ・・・・

じゃあどうやったら気の滞りってのが治るんだよーーーーー
気晴らしってなんだよーーーー

まぁね、実際のところスポーツやってるとはいえ
自分で楽しく頑張るだけのエアロビやジム通いではなくて
団体競技だし、チーム引っ張る立場だし、純粋に楽しめてないことも多々。
夫ともチームの方針や練習方法について延々と語り合うことも。
最近も「がむしゃらに自分のプレーだけに専念したいもんだよね・・」と
夫と話していたところだったので、余計にグサリときたのかも。

エアロビに通ってた頃は先生の動きについていくことだけ考えて
やった後は疲労感だけど気分爽快だったもんなー。

はぁ・・・
こうやって悶々とすること自体も気が滞ってるんでしょうかね(苦笑)



気晴らしってなんだよーーーーー



土の中に埋めた壺に向かって叫びたい気分です。
ボーッとしたりも苦手だしなぁ。
リラックスという言葉もよく意味わからないタイプだし(汗)

とはいえせっかくなので漢方薬も真面目に2週間飲んでみます。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

漢方医探し

昨日、漢方医に行ってきました。

最近は鍼灸院に行ったり、そっち方面に行きかけている私ですが
病院で治療なり投薬のアプローチをする必要がないとなると
後は日々の体質改善とか食生活を見直すとか
こういう方向しか向かうところがないもので。

ただ、闇雲に「何かやらなきゃ!」と探し回ってるのではなくて
何かやれることがあればやってみたい、と思っていて
と言いつつ普段からサプリ関係も飲んでないし、
世の中「体に良さそう」というのはたくさん出回っているけれど
自分では判断しきれないし、試してみるのも自信がないし(お金も時間も)
なのでどうせやるなら我流ではなくて、
ちゃんとした専門の人と共にやりたいと思ってます(性格ですかね・苦笑)

で、漢方の話。

最初は「漢方薬局に行って相談しよう」と思いました。
舌を見たり、嗜好や体調などを話すとカウンセリングしてくれて
○○タイプとか判断してくれて、というもの。

よさそうだな、行ってみようかな、と思う薬局もいくつかピックアップしましたが
いかんせん「値段が高い」のがネックになりました。
ネット上でおおよその金額目安を載せているところもあって
やっぱり月に2~3万円くらいの予算なんだそう。

不育の検査やピシバニール、カプロシンの自己注射なんかでも
結構お金はかかりました。ピシバニールなんて1回2万円近くしてるし。

とはいえ、漢方は1回きりじゃだめだし、続けなきゃいけないわけで
それこそ「高いお金使ったのに・・・」ということにもなりかねません。
こればっかりはやってみなきゃわからないんだろうけど
あまり遠回りする時間も(当然お金も)ないし。

で、次に考えたのが「漢方を処方してくれるお医者さん」

これなら保険も効くから負担も少ないし、
漢方薬メーカーのサイトから病院を探してみました。

試しに自宅近くを検索してみると
あ、私がいつもお世話になってる耳鼻咽喉科がある。(喉が弱いので)
確かに、妊娠希望中と伝えると「じゃあ漢方にしとこうか」と
出してくれたこともあったっけ。
でも漢方に詳しいという先生・・・でもないっけ・・・

同じ効能(?)があって、西洋薬か漢方薬か選ぶというお医者さんは
とても増えているそうです。
私も次に妊娠したらサイレイトウを使うかも、と青木先生に言われています。
(抗凝固剤を使うと血小板数が減少してしまうためらしい)

検査結果を改善したいとか、治したいところに使うなら
普通の病院でも全然いいし私もお世話になりたいと思うのですが
今の私みたいに別に何が悪いわけでもなく、
対処療法(痛みを取るとか)でもない場合は・・・・どうしたらいいんだろう。

舌や脈を見てもらって出してもらいたいという希望だと
「漢方を処方してくれるお医者さん」では無理そうだとわかりました。
(世の中にはそういう所もあるのかもしれませんが探しきれませんでした)

それでネットの口コミやブログなどで見て
「中医学の漢方医」にたどり着きました。

婦人科系がいいかな、と思ったりしていましたが
中医学だと何が専門ってわけじゃなくて、体の全体を見るらしく
口コミで目にした漢方医院が行けそうなところに見つかりました。

HPもあったので確認すると、舌や脈などで診察する漢方専門医ということ、
自費診療と保険診療と選べる、時間をかけて診るので完全予約制、
ということだったので電話をして予約を取り、昨日行ってきました。

長くなるので実際の診察の話は次に書きます。
(いつも長いんだけど・苦笑)

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
«  | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。