プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして流産

2007年10月、6年ぶりに妊娠をしました。
基礎体温を付け始めて1周期目、まさかすぐに妊娠するとは思っていなかったので
半信半疑、それでも体的にいつもと違うのですぐにわかりました。
生理周期もほとんど狂いがないので気づくのも早かったと思います。

検査をするのもだいぶ迷いました。
娘を妊娠した時は仕事の休憩中だったこともあり
職場近くのショッピングセンターの薬局で検査薬を購入し、そのままトイレで検査したので
今回も縁起を担ぎたくてショッピングセンターまで出かけました。結果は陽性。
またメールで夫に報告をしました。

さて病院はどうしよう、いつ頃行こうか。
前お世話になった先生の所(すごく近所に不妊専門クリニックを開院していた)へ
行きたかったけど、不妊専門クリニックなので分娩もやっていないし、
自然妊娠の私が行っても…と思い、近い総合病院へ。

本当は前の時のように、行ったらもう9週だった、くらいがよかったのだけど
ママさんバレーをやっている関係や、幼稚園の役員の絡みなんかで
ある程度の近しい人には報告をしなくてはいけないということもあって
検査薬で陽性が出てから1週間してから病院へ問い合わせしてみました。
半信半疑というのもあったし、せめて胎嚢でも確認できればと思って。

しかしその病院は完全予約制だったようで、予約を取るにも2週間待ち。
「検査薬で出てるんですよね?だったら妊娠してますから~」と軽く受付の人に言われ
2週間後の予約を取りました。

2週間後の診察では基礎体温表から6週4日と言われ
成長的にもほぼ狂いなしと言われました。
目をこらせばわかる程度でしたが心拍の点滅も確認できましたし
その病院の先生も何とか心拍が私にも見れるようにしてくれて優しい先生でした。
茶色いオリモノやティッシュで拭くと薄いけど出血もあったし
内診でも出血が確認されるので、切迫流産ということで薬をもらって帰りました。

1週間ほどで出血も消え、体調も多少ムカつき感はあるものの変わらず
近しい人だけには報告も済ませ、娘やその他の人にはまだ言わずに過ごしていました。
夫ともこの件について必要事項だけは話すものの、それ以外は話題にせず。
娘に知らせてないというのもあったからですが、
今思えば、話すことが怖いというよりも縁起担ぎのような感じでした。
気持ちの中では前の時のような「信じまい」というより
まさかもう自分に流産なんて起こらないだろうと思っていました。
どちらかと言うと、万が一に備えて隠すことばかりに神経が行っていたように思います。
喜ぶとだめになる、そんな疑念も拭えなかったからだと思います。

初診から2週間後、予約どおりに検診に出かけました。
半信半疑の気持ちのような、「大丈夫だろう~」という信じる気持ちのような。
内診台の上から見たエコーの画面には、前回より明らかに大きくなっている胎児の姿と
そして心拍がないこともわかりました。何も言われずに外で待つように言われ覚悟しました。

先生から心拍がないことを告げられ、その場で泣きました。いやだ、いやだ、と泣きました。
落ち着いてから話をしましょう、と看護師さんに付き添われて別室で休ませてもらい
泣きながら夫に電話をして帰ってきてもらえるように頼みました。
夫が職場から来るまで1時間、看護師さんに話を聞いてもらい少し落ち着きました。
後で聞きましたが、週数相当には成長しているので
止まったのはここ1~2日でしょう、とのことでした。

夫が到着し、2人で先生の話を聞き、手術の話になりました。
手術の予定が詰まっているので早くても1週間後とのことで予約を入れてもらいました。
入院の説明も聞き手続きもして、気が付けば娘のお迎えの時間。
病院からその足で幼稚園に迎えに行きました。
何も知らない娘は夫もいるので大喜び。私は涙を隠しました。

不思議と病院を出る時には落ち着いていました。
初めての時は本当に暗闇の絶望しかなかったけれど
2度目以降は「次があるのをわかっている」分、少しは強くなれているのかもしれません。
「自分が動かなければ次は来ない」ということもわかっているからかもしれません。
でも、なんで?なんで私がまたなの?という気持ちはグルグルと回っていますが。

流産の事実は受け止めて手術の予約をしたものの、何となくすっきりしていませんでした。
馴染みのない病院だからというのもあるかもしれません。
先生は良さそうな人だけど、何せ会ったのは2回目。
麻酔で寝ている間の手術で体を預けるには自分の気持ちの中で何かすっきりせず。
近くに以前お世話になった信頼のおける先生が開院されてるから、なのかも知れません。

また不育症のことについても、この総合病院の先生は
「1人普通に生まれてますからねぇ」と、検査はしないということでした。
私の中では途中1人生まれているとは言っても、自分にしたら3度目の流産。
それも2回は心拍確認後に止まる。調べてみた方がいいんじゃないかと思ったのです。

出産でお世話になった先生の所に相談に行きたいと思いました。
もしできるなら今度の手術も頼めないかと思いつきました。
入院施設のないクリニックだけど、日帰り手術なら可能だったはず。
夫に相談してみると、彼も賛成。どちらにしても聞いてみようということになりました。

翌日早速クリニックに電話を入れてみました。
受付の人もとても親切で、事情を話すと
しばらく保留された後、先生が電話に出てくれました。

「お久しぶり。大変だったね」

第一声を聞いて、私は泣いてしまいました。
今回の経過を説明して手術をお願いできないかと話してみたところ
「処置的には変わらないけど、あなたの気持ちが済むのならこっちでやろうか?」と言ってもらえ
迷わずお願いすることにしました。
どちらにしても一度診察が必要なので、電話を切った後すぐに病院に向かい受診しました。

先生に会うとまた涙が出てきてしまいました。
私の名前や容姿は覚えていたようですが、過去の詳細までは覚えていないので
今までのことを最初の妊娠から順を追って説明をしました。
1人目から6年間もあいたことも聞かれ、カウンセリングに通ったことも話すと
「仲の良いご夫婦だったし、子供好きな2人だからどうしたのかなと思って」なんて言われました。
夫とは通勤電車で時たま顔を合わせていたこともあって、彼のことも覚えてくれていました。

内診でもう一度確認してもらいましたが、やはり心拍は確認できず。
大きさは8週相当だし、ここ数日の間だったね…とここの先生も言っていました。
確認はできているのだけど、何度も何度も角度を変えていろいろ見てくれようとして
「本当に残念だね…ここまで成長してるのにね、本当に残念だ」と言ってくれていました。
受精することの難しさを知っている先生だからこその言葉だと思いました。

先生との話の中で
「私はNK細胞でも活発なんじゃないかと思って」なんて言うと
「勉強してるねー」というような反応が返ってきました。
以前から思っていましたが、自分の意見を持ってる患者が好きな先生です。
2度目の時は特に検査しなかったので、
今回はとりあえず保険で調べられることはやっておくね、と
本当に話が早くてやっぱり先生に会いに来てよかった、本当にホッとしました。

手術の説明をしてもらう時、看護師さんも同じような経験をされているそうで
2人で涙ぐんでしばらくいろんなことを話し込んでしましました。
こんなところも専門クリニックならではだなと懐かしくなりました。
妊娠したなら育って当たり前、生まれて当たり前という病院は私には合わなかった。

手術をする前から不謹慎かもしれないけど、次の妊娠に向けてもう顔が上がっています。
それは信頼できる先生と再会できたというのも大きいと思います。
検査をすれば何か出るかもしれないし、要因が分かれば対処法が少なからずあるだろうし、
そう望みをつないでいます。
次は先生と共に何とかしたい、何とかなる、そんな気がしています。

近くに先生が開院されたこともすごく偶然だけどラッキーなことだったし
今回こういう結果になってしまったけど、それで先生と再会できたし
お腹の子が導いてくれたんじゃないかと思います。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。