プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人目は?

2001年に娘が生まれて6年。
2人目を考えてなかったわけでもなく過ぎていきました。

実は娘が2歳の頃、私の中でいろいろあり
心療内科と個人のカウンセリングに通う時期がありました。
その出来事も、出口のないトンネルにいるような、そんな時期でした。
良いカウンセラーの先生と出会え、夫のサポートもあり
2年間の通院を経て無事に自分の場所へ戻ってくることができました。

心療内科の薬は妊婦には厳禁なものばかりです。
薬を手放せる時期が来るのか、飲まなくても大丈夫でいられる時期が来るのか
そう思ってるうちは、妊娠のことなど考えることはできませんでした。
もしかしたらこのまま1人っ子かもしれないな、と思うこともありました。

子供が幼稚園に入り、私も自分のペースを作り、のんびり楽に過ごせるようになりました。
学年が上がって幼稚園の行事の手伝いをしたり、役員になったり。
2人目を考えてみようかと思い始めたのは子供が5歳になった頃でした。

でもちょうど夫の仕事が相当忙しく、朝は7時前に出かけ、帰りは深夜1時近く。
娘にはもちろん、私も娘と一緒に寝てしまい会わない日があったりしました。
子作りに励める状態でもなく、強く望んでいたわけでもないのでそのまま日々が過ぎました。

途中まじめに取り組み始めたこともありましたが、その途端に私が謎の湿疹。
肌トラブルなんてなかったので驚いて初めて皮膚科に行ってみると貨幣状湿疹と診断。
原因はいろいろあるけど、とりあえず対処療法しかないので、と
抗生物質を塗り、アレルギー系の薬を半年ほど飲みました。
もちろん飲んでる間は妊娠はダメ。飲み終わっても2周期くらいは避けて欲しいと言われました。

それが治った頃、今度は私が足の指を骨折。
家事は何とかなったものの、これまた2人目を考えるのは一旦お休みとなり
そんなこと続きで気が付くと娘は年長になっていました。

娘が年長の夏、夫が異動になり激務から解放。
これもちょうど何かのタイミングなんだと、2人目をちゃんと考えるようになりました。
マカと葉酸を買って2人で飲み始め、パソコンのデスクトップもワイルドベリーに変えたり
基礎体温も6年ぶりに計ることにしました。
すぐにできないだろうから、3周期分の記録ができたら以前の時の先生に相談に行こうと思って。

そう、2度目の流産と3度目の妊娠で娘を出産した時の病院は自宅から遠かったのですが
そこでお世話になっていた先生が今は何と車で10分のところにクリニックを開院しているのです。
開院の時は「これで2人目も先生に取り上げてもらえる!」と喜びましたが
よくよく聞いてみると不妊専門のクリニックとのこと。入院施設を持たず分娩も扱わないそう。
すごく残念でしたが、それでも近くに来てくれたというのはとても嬉しく、ご縁を感じました。

そして基礎体温を付け始めて1周期、2人目を妊娠しました。2007年10月のことです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。