プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから半年

病院で心拍停止と言われてから半年がたちました。
6週で胎嚢が見えて、「また2週間後に」というよくあるパターンで迎えた2回目の診察日。
それまでの2週間は普通に過ごしていました。
無理もせず、かといって喜びもせず、淡々と日常を送っていました。

検診の日の朝にちょっとした出来事がありました。(2月26日の日記
その2日前に「もしかしてオメデタ~?」なんて能天気にメールで聞いてきた人に
バッタリ会ってしまって、そこでもまたその話になって…
笑顔で釘を刺して言い負かしてやったつもりでした。

その足で向かった検診では赤ちゃんの心拍が止まっていました。
大きさは8週相当、つい1~2日くらい前までは育っていたはず、とのことでした。

あれから半年です。
予定日はその2回目の検診で出るくらいだったと思うのでわかりませんが
多分あのまま育っていれば今頃は臨月に入る頃だったんじゃないかなと思います。
今の自分の状況とは天と地の差です。

半年なんだ、まだ半年しかたってなかったんですね。
もうずいぶん前のことのような、しっかり憶えているのに
もしかしたら夢だったのかもしれないなんて思うほど一瞬の出来事のような。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。