プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの借り換え

このところ忙しかった理由の1つに「住宅ローンの借り換え」がありました。
一生に1度するかしないかのことですし、大きなお金の話なので
書類やら手続きやらいろいろあって本当に大変でした(苦笑)

新築でマンションを購入して、普通に住宅金融公庫で借りていた我が家。
11年くらい前のことなので当時は公庫も存在し(笑)、一番条件がよかったんです。
お恥ずかしながら35年ローン。都会じゃないので家賃払う感覚の金額です。

固定金利で途中からの金利変更もほとんどないので
○年目から目玉が飛び出るほど返済額がアップ!なんてこともなく
このままでいいや~、と今まで借り換えも考えずにきました。
いえ、一昨年くらいだったか、2つの銀行へシュミレーションしてもらいましたが
契約の条件がよいので、50万円近くの諸経費を払うことを考えると
銀行の人も「このままの方が…」と言って(苦笑)、結局そのまんまできました。

今年に入って駐車場を変更して使用料を毎月振り込まなくてはいけないことになって
相手先が振込手数料がどうしてもかかってしまう信用金庫だったので
振込手数料が無料な新生銀行に夫の口座を作ることにしました。

そこで気が付いた新生銀行の住宅ローン。
早速フリーダイヤルに電話していろいろ教えてもらいシュミレーションもして
素人の私が考えてもお得になることがわかったので借り換えをすることに。

まずポイントは諸経費が以前聞いた銀行の半額以下だったから。これ大きいです。
他は新生銀行に限らず銀行ならほとんどそうなんですが、
団体信用生命保険(万が一の時はローン免除)の保険料を負担してくれること。
住宅金融公庫のみで借りてる我が家は毎年5万円(!)の保険料払ってましたから
例え同じ金額を払うことになったとしても、最低でも年間5万円は浮くわけです。

金利は変動や固定、最初の数年は固定でその後変動…などいろいろありましたが
これから数年間ガンガン働いてガンガン返せるという状況でもないので
安定第一のずっと同じ固定金利にしました。
ガンガン働くどころか、逆にこれから妊娠して家にいようなんて考えてるわけですし
途中で支払金額が変わるのも落ち着きませんし…。

変動金利の方が利率は低いんですけど、
我が家の場合、ずっと固定でも今までより0.5%低い金利になりました。
なので今までより3ヶ月短縮され、年間支払額は3万円近く減ることに。
団体信用生命保険の保険料5万円も払わなくて済むので実質は年間8万円ほどの減額。
残りの年数考えたらトータルで150万円以上は今回の借り換えで浮いた計算です。

で、問題の手続き。
さすがネット銀行だけあって審査も手続きも窓口に行かなくていいのですが
揃える書類の多いこと…まぁ大事なことですから当たり前っちゃ当たり前なんですよね(汗)

例えば現在返済中の証拠(って変ですが)として
「ローン引き落としが載っている通帳コピー(3か月分)」とか。

普通の家なら当たり前に出てくるのかもしれませんが
うちはネットバンキングばかり利用しているので残高確認もそこでやっちゃうし
通帳なんでもう5年も6年も記載してない状態で(汗)
そのくせネットで毎月あちこちの口座に振り分けるので取引件数が多くて
つい3ヶ月前の分の詳細も「おまとめ」にされてしまってたり。

銀行に行けば「おまとめ」された物の詳細を別で打ち出してくれるんですけど
それも「口座名義本人」が行かないとダメ。
私が代わりに手続きできないことが結構あってなかなか話が進みませんでした。
(通帳に関してはうちが通帳記入してないのがいけないんだけれども)

他にも法務局に書類を取りに行くとか、その他いろいろ。
その間にもあちこちに問い合わせたりして何だか気ぜわしかったです。

私は給料明細だけでなく「源泉徴収票」や「市町村民税額決定通知書」も捨てないのですが
この書類も2年間分必要だったので何気に取っておいてよかったです~。

…ここまでが審査に必要な書類(汗)

無事審査が済んで、いざ契約となってまた書類がいろいろ必要になりましたが
住民票や印鑑証明書という慣れた物だったのでよかったです。

でも今度は元の銀行へ完済を依頼しに行くとか、完済日も銀行へ行かなきゃいけないとか
新生銀行へ契約に行くとか(さすがに本契約だけは窓口にて、らしい)
どれも夫が行かないといけないので日程を調整するのが大変でした。

行く前に書類が必要だとか、元の銀行で出る書類や金額が新生銀行にすぐ必要だとか
銀行が違うと手続きの進め方も違うようで、間に立った私は何度も両方に電話してました。
気がつくとそれで午前中が軽く終わってたり…(涙)

で、昨日無事に新生銀行で契約手続きが終わりましたー。
私もマンションの共有名義になっているので夫と電車に乗って行ってきました。

後は完済日にローン残額という大きなお金が我が家の新生銀行の口座に入り、
それが一瞬にして根こそぎ元の銀行の我が家の口座へ振り込まれ
またしても一瞬にして根こそぎ元の銀行が全額引き落としをして無事完済完了(笑)
完済が確認されたらもらえる書類を受け取って司法書士さんへ渡して私の任務も完了。

書いてるとスラスラですが、ここまでどれだけ労力があったか………疲れました。

まぁ、人生で2度も3度もあることじゃないし、
…てか疲れるので何度もやりたいもんじゃないです。
最近はいろんなこと(悩み事ではなくて)で頭をずっと使っていたのですが
これで少しは思考回路を休ませられそうです。

新生銀行の住宅ローンは1円から繰上返済が無料でできるそうなので
貯金箱感覚でチャリンチャリンと返済してってみようかな、なんて思ってます。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。