プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様の言葉

私はクリスチャンではなく典型的日本人にありがちな無宗教な人間ですが
昨日神父さまの言葉を聞く機会がありました。


子供は親を選んで生まれてくる


これは実際に生まれている子供について言われたり
実際に生まれてきた自分自身のことに置き換えてみれば
すごくすごく神秘的で素晴らしい言葉にも思えるのですが
妊娠しても世に送り出してあげられなかったことを思うと
とても辛い言葉でもあります。

妊娠はするのですから

「自分を選んでくれる子供はいないのだろうか?」

と思うよりも

「せっかく選んでくれたのに生かしてあげられなくてごめんなさい」

という気持ちでいっぱいになります。
自然の摂理であればまた別でしょうけれど、自分の体質が原因だとしたら
本当に申し訳ない気持ちしかありません。

この言葉は辛い…という話を、同じく神父さまの話を聞いていた友人にしました。

彼女は以前日記にも書いた6人目を妊娠中の人で現在もう7ヶ月。
私も妊娠が継続していたら彼女より少し早いはずなので8ヶ月目前ってところか…
そうだなぁ、3ヶ月入ったところで流産して、それからもう4ヶ月経ったんだもん、
4週=1ヶ月計算でいったらもう8ヶ月くらいにはなってるんだなぁ。

彼女は
「きっとどこかに順番を待ってる子供がいるんだよ」
と言いました。

私は彼女のことが嫌いではないので、好意的に受け取ることができました。
不思議なもので、同じ言葉でも人によって許せなかったり許せたりしますよね。
素直に聞けて、彼女のお腹を「うらやましい」と言えた自分がいました。
神様に手を合わせた後だったからでしょうか。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。