プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔

私はあまり後悔をしない方です。
と言うと聞こえはいいですが、昔はそれはそれは胃が痛くなるほど考え込んで
考え込んで出した結果でも結局はウジウジ考えたり後悔したり。

結婚してからでしょうか、常に自分自身に正直でいる夫を見てきたからかな。
スポーツの世界で生きてきた人なので
その時を一生懸命やって後悔しない、というタイプなのかもしれません。
そうでもないとそういう世界ではやっていけないのかもしれませんしね。

後悔の少ない私でも、昨年の流産の直前のことを今でも悔やむことがあります。
悔やむことがある、っていうのは、私のその行ないが原因かもしれないからです。

私は妊娠したことを周りに内緒にしていました。
流産を経験したことのある人なら誰しも気持ちはそうなんじゃないかと思いますが
両手ばなしで喜ぶこともできないし、周りに言った後にもしも…なんてことも思いますし。

初めての診察は6週くらい。小さな心拍の点滅も見えました。
もちろん他の人には言えなくて、でもバレーのチームの必要最低限の人だけには伝えました。

それから10日くらいして、子供の幼稚園のお母さんからメールがきました。

「もしかしてつわり~?オメデタ?」

何て表現していいかわからないし、オーバーかもしれないけど
頭をハンマーで殴られたような衝撃でした。

その人が送ってきた理由は、

・最近バレーの練習を休んでいると他の人から聞いた
・マスクをしている(まだ11月くらいでマスクしてる人は少なかったから?)

それだけです。何なんでしょうね…

近しいと言えば近しい人ではありますが、そんなことを質問してきて何の得があるのか。
胸がザワザワして、何て返事をしよう…と何時間も考え込みました。
面倒だからもう話しちゃうか、という気持ちが出てきたりもしました。
でも夫にも相談して、やっぱりまだ内密にしておこうということにしました。

私はその人に必死で嘘のメールを書きました。

今までの妊娠(過去に流産していることはその人も知っています)でもつわりはなかったし
例え妊娠していたとしてもつわりはないと思うなぁ~

って。

マスクは風邪をひいて咳が止まらないのでまわりに悪いからしているだけで、
バレーを休んでいるのは腰が痛いからだと書き添え、
そして「妊娠してたらちゃんと言うって~」という言葉で締めくくりました。
すごく悶々としました。

それから2日後、子供を幼稚園に送って行った時にバッタリ会ってしまいました。
メールで送ってあるのだし、そのことには触れて欲しくなく軽く済まそうと思ったのに
「こないだは変なこと聞いちゃってごめんね~」から始まり、その話題になってしまいました。

メールでなら苦しくても胸がザワザワしても、すぐに返事しなくてもいいから
何とか誤魔化せたし、自分でも何とかやり過ごせたと思ったけど
目の前で直接話されると逃げようもなくて。

だけど私も闘ってしまうんですね。
元々気安く「子供は~?」と聞くことは非常識だと思っているので
そういう人にもハッキリ言ってやりたい、なんて気性が顔を出してしまったんです。

「知ってる通り前にも流産しているし、心拍が止まったこともあるので
他の人みたいに検査薬で陽性が出たくらいで浮かれて話す気にもなれない。
すぐに話せる人は、それはそれで幸せだと思うけど
世の中にはそうじゃない人もいるんだし、妊娠の話は私にとっては
とてもデリケートな問題なので触れて欲しくないから
正直そうやって聞かれるのは愉快な出来事ではないの」

そんな風に言ったと思います。もちろん笑顔で、です。
すごく根性悪いですが、私の目的は相手に「失礼なこと聞いちゃってごめんね」と
言わせることでもあるので、責めたりはしないです。

相手の人は「そうなんだ、知らなくてごめんね」と言いました。
「でも、妊娠しやすいって言ってたし、妊娠も希望してるって前に話してたから」
なんてことも言ってました。

いえいえ、確かに欲しいと思ってから毎回1年以内に妊娠できているので
ありがたいことに妊娠はしやすい方なのかもしれません。
でもね、続かなきゃ意味がないんだよ、生まれなきゃ同じじゃん。
それに妊娠希望してたら、「どう?できた?」なんて聞いていいのか?と。

このことも話しました。
今までの流産の話もしてきて分かってくれてるはずだと思っていましたが
多くの人はこんな感じなのかもしれませんね…

もちろん、私が良く思っていないことも言わなきゃわからないのでちゃんと伝えました。
笑顔だし端から見たらすごく和気藹々とした会話に見えたでしょうが
私の中ではものすごく闘っていたと思います。

その日は2週間ぶりの検診で、その足で病院へ向かいました。
何だか胸がザワザワしていました。
診察で心拍が止まっていることがわかり流産と告げられました。

大きさから見ると、止まったのはここ1~2日の間くらいだとも言われ
私の頭の中には真っ先にその人のことが浮かびました。
あの「もしかして妊娠した~?」というメールをもらったのがちょうど2日前だったから。

そのことは今朝ちゃんと相手を言い負かしてきたから解決した、
そう思ってやってきた検診でしたが、赤ちゃんはもう動いていませんでした。
私が一人勝手に鼻息荒くなっていただけだったみたいです。

私がその後の血液検査で自費なのにNK活性を頼んで加えてもらったのは
こんな経緯もあったからです。
闘おう闘おうとするとNK活性細胞が活発に働くと言われていることは
テレビなどで見て知っていたので。

本当にそれが原因なのかはわかりません。
だけど、「妊娠した~?」というメールで気持ちが高ぶってしまったこと
返事をするまでの数時間の間は本当に心底考え込んでしまったこと
心が乱されたこと、本当に思い出します。

どうしてあの時、あそこまで考え込まずにサラリと流せなかったんだろう。
どうしてあの時、「この際もう話しちゃうか~」と意識を変えなかったんだろう。
どうしてあんなに言い負かそうと闘ってしまったんだろう。
もっともっと軽く穏やかに対応できていれば、大丈夫だったかもしれないのにね。

後悔しています。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。