プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の妊娠

2000年3月、1度目の流産から1年後に妊娠しました。

最初の流産の後、経過は順調だったので
「生理が2~3回きたらまた作っていいよ」と言われていましたが
気持ち的に乗り越えることができず、半年たってからの解禁でした。

作り始めて半年でまた妊娠。
でも今度は正直に喜べませんでした。
2人で陽性の検査薬を前に神妙にしていたと思います。

今度は病院を変えようと思っていました。
最初の時は「6週には分娩予約をお取りください」と受付に書いてあるほどの人気産院。
先生は腕はいいのかもしれませんが、
何のトラブルのない人には良い病院、という感じでした。

妊娠待ちの半年の間に、もしできなかったら相談しようと思い
不妊に強い病院の情報を集めていました。
自分は自然にできるから相談に行くのは違うのかもしれないけど
妊娠して万が一のことがあった時、きっと最初の病院とは違う対応をしてくれると思って。
これもネットで教えてもらい、少し遠いけれど有名な病院を知りました。
行こうと思っていたところに2度目の妊娠。迷わずその病院を受診しました。

一応前の経験を踏まえ、陽性が出てから1週間は待って受診しました。
胎嚢は見えていて、また2週間後にということで帰宅。
とても混んでいましたが、丁寧に話を聞いてくれる先生でした。

1週間後、トイレットペーパーに付く程度の少量の出血がありました。
夜でしたが心配で病院に電話を入れると
看護師さんから「心配なら入院する?」とすぐに言ってもらえました。
そんな対応が嬉しくて、支度をして夫に車で送ってもらいました。

翌日の診察で心拍が確認できました。初めて見る鼓動、ドキドキしました。
出血もあるので切迫流産の診断も出て
私さえ良ければこのまま入院してていいよ、と言われました。
毎日流産防止の薬と注射をうち
「次の診察で出血が止まっていたら退院ね」と言われ1週間過ごしました。

1週間後の診察で、出血は止まっていたけれど心拍も止まっていました。

話を聞いた時、嫌な汗が出て目の前が揺れ始め気持ちが悪くなってしまい
自分の意思とは別に椅子から崩れるように倒れてしまい
ベッドで横になりながら先生の話を聞きました。

「世の中にはどうしようもないこともある。
無事に妊娠して、無事に育って、無事に出産するというのは
本当に奇跡なことなんですよ」

たくさんの事例を見てきている先生なのだろうけど
私に対して語りかけるように話してくれました。
不妊治療をたくさん見てきているであろう先生の言葉は本当に重みがありました。
私なんかが嘆くのも申し訳ないほど。

翌日手術になりました。
他の切迫流産の妊婦さん達と同室でずっと話をしていたため
翌日手術とはいえ、一晩過ごすのも辛かったので退院をさせてもらいました。
そんな私のわがままも「そうだね、そうだよね」と聞いてくれる先生や看護師さん達でした。

翌日また夫に車で送ってもらい日帰り手術。
麻酔をかけてソウハの手術と聞いていましたが、同じ手術を受ける人が他に2人。
支度をしている時に話しかけられて最初は意味がわかりませんでした。
他のお2人は不妊治療の1つとしてソウハをするということでした。
私が流産の処置でと答えると
「妊娠できることがわかっただけ羨ましい」というようなことを言われました。

前だったら嫌な気がしたかもしれません。
だけどその時はそうは感じませんでした。
1週間の入院生活でしたが、同室になる人は皆さん人工授精や体外受精での妊娠で
県外から来ている人も珍しくなかったからで
自分は何て恵まれているんだろうかと思い始めたところだったからです。
妊娠できることがわかっただけまだ次を向くことができる、そう感じました。

ソウハの手術は寝てる間に終わりました。
麻酔が覚めるのが早かったのか、生理痛の何倍もの痛みがありましたが
出血も翌日くらいまでで終わり、経過は今回も順調でした。

前は何の手立てもできず流れてしまい、医者を恨んだり自分も後悔ばかりしました。
でも今回は入院もして、毎日薬と注射を受け、それでもダメだった。
どうしたってダメな時はダメなんだ、そう知りました。

今度の先生はこういう時こそ妊娠のチャンスなのだから
1回でも生理がきたらトライしていい、トライすべき、と言っていました。
2度目というのは耐性ができているのか、「次がある」と知っているだけ
最初の時の計り知れない絶望感はありませんでした。

私も次に向けて頑張りたい、次は絶対ここで出産する!と心に決めました。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。