プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分探し

私は過呼吸になって救急車で運ばれたことがあります。
まるで水の中で息ができないような苦しさと怖さでした。

きっかけはいろいろあったのですが、今思えばどれもきっかけに過ぎず
私の走り続けて頑張ってしまう性質に体がSTOPをかけたのだと言われました。

その後は心療内科でお薬をもらい飲んでいましたが
毎日毎日をやり過ごすことが精一杯で、息苦しくて夜を過ごすのも不安で
自分探しをするためにも個人のカウンセリングの先生に通いました。
今から4年前のちょうど今ごろのことです。

そのカウンセリングの先生に会うことを気持ちの支えにして
心療内科でもらった薬を飲みながら、片道1時間半のところへ週に1回通いました。

先生との1時間の中で私は自分を振り返る作業をしました。
でも自分をゼロにしていくという作業は、
頑張れば何とかなる、とやってきた自分にとっては
それまでの自分が間違いだったようにも思えて、とてもきついことでした。

途中で治った気になってみては先生から釘を刺されたり
つい走り出してしまう性質も見透かしてくれる本当に良い先生でした。
今でも本当に感謝しています。

実はこれらは流産を2度して娘を出産して2年がたった後の出来事でした。
流産が続いた時も、それはもちろん悲しんで辛い時間を過ごしましたが
表には出さず、それが自分の強さだだと思ってきました。でも少し違ったみたいでした。

そして1年半通ってカウンセリングは卒業しました。

端から見ると、通う前でも通った後でも変わってないように見えると思います。
それは私自身を変えるために通ったものではないからです。

行動や言動などはそれまでと変わらない私の表面的なことで
変わったのはまわりとの距離の取り方や事柄を
自分がどう受け止めどう消化していくか、そういう自分的なことだからです。

自分自身にも厳しく、自分でもうまく説明できない何かを課していたようで
「~でなければならない」や「~であってはならない」と
無意識の中で自分自身に強く思っていたものがあったみたいです。

そういうのを取り去るのにも時間がかかりました。
小さい頃からの善悪の判断や価値観を覆すというのは
それまでの自分の価値観や在り方を否定することにもなるので本当に難しかったです。

でも自分の受け取り方、消化の仕方を変えたらとてもラクになりました。
もちろん今でも悶々とする気持ちになることはたくさんありますが
前のように無理に頑張ったり、他のことへ走って目先を変えて誤魔化してみたり
そういう自分にしんどいことはしないで、流せるようになりました。

それから、まわりに甘えたり、自分の弱いところを無理に隠さなくなりました。
弱いところを見せることが本当にできなかったので
過呼吸の怖さに怯えて暮らすというのは自尊心が崩れ去った出来事でした。

でもそうやって自分自身が体を張って自分に教えてくれたんだと思います。
「こうでもしなきゃ、立ち止まらないでしょ、気づかないでしょ」
そんな風に自分から言われたんじゃないかな、と後で思えるようになりました。

自分探しをするつもりで始めたカウンセリングでしたが
結果的には自分探しなんて言葉じゃなかったのかな、と思いました。
なんだろう、うまく見つからないけれど。

それから私は最初、自分自身を変えなくちゃいけない、とも
思っていましたが実はそうではないんですね。

自分の性質はそうそう変わらない。
持って生まれた部分もそうだし、育ちながら培われた部分もそう。
それが良いとか悪いんじゃなくて、自分がしんどいと思うんであれば
しんどくなくて済むように少しアレンジしてあげればいい。
無理に変えるとか無理に頑張るとかじゃなくて
何にしても無理をしない、そんなところでしょうか。

昔は自分の性質上は考えられなかった「しょうがない」ということや
自分の中の弱いところも今は認められるようになりました。

無理しちゃよくないです。
頑張ってる時は気づかないことが多いけれど、度を越えると転んでしまうことがあります。
ちょこちょこつまづく人はその都度立ち止まって休むことができるけれど
つまづきそうになっても踏ん張って耐えてやり過ごしてしまう人の方が心配です。

過呼吸になった当時、HPで日記を書いていて
その後カウンセリングの先生からの勧めで書いた自分の気持ちのメモや
当時のHPの日記を1つにまとめて、何か誰かの参考になればとweb上に公開していますので
こちらにも記しておきたいと思います。

http://cgi35.plala.or.jp/himawa02//home/cgi-bin/KOKORO/index.html

それまでは、自分1人でここまでやってきたような顔をしていた私でしたが
今は心からいろんな人に支えられているんだと思うことができます。
私も自分ができること、できる範囲で誰かを支えたり
そして本当に困った時は誰かに支えてもらったりしながら過ごしていきたいと思っています。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。