プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供は?の質問

私も「子供は?」と気にせず人に質問していた頃がありました。
まだ結婚したての頃でした。

夫の会社で同期の人の奥さんに数ヶ月に1度会うことがあって
挨拶代わりに「子供は?できた?」と聞いていたのです。

自分が結婚してみて、まわりから同じように普通に言われるので、
挨拶のようなものなんだと思い込み、自分も使ってしまっていたんです。
言い訳にはなりませんが、若いくせにイッチョマエの振りをしたがってたんですね。

ある時いつものように声をかけると、その奥さんから
「実は欲しくて病院に通っているので、あまり言われたくないの」
と言われました。怒り口調ではなく、静かに優しく話してくれました。

その時やっと知ったんです。
どれだけ自分が失礼な発言をしていたのかと。
「言われたくない」と教えてくれたことにとても感謝しました。
それからは誰に対しても子供のことを聞くことはやめました。

そして自分が聞かれた時にも正直に話すようになりました。

最初の5年間は薬を飲んでいて医者に止められていたのでその話をしました。
病気はよくある胃腸系のものでしたが
私の場合は慢性化していて薬を止めると酷くなる…の繰り返しだったので
きちんと治しておきたいことを、相手によっては明確な理由まで話しました。

まだ20代でしたし、病気なのですから
だいたいの人は「ごめん、知らなくって」と言ってくれました。

そこで「なんとかなるって~」なんて人がいようものなら
「医者に止められてるのに薬飲んで妊娠して誰が責任取れるの?」
と聞き返してみたりもしました。

だけど流産すると違うんですね。
病気で薬を飲んでいるという理由の時とは違って、言うのが難しくなりました。
自分の身体で育ててあげられなかったから自分に責任があると思うし
どう頑張っても頑張りだけじゃどうにもならない範疇のことなので…

1度目の時から1年経って妊娠して流産して
2度目の時はやれることやって(入院・安静)のことだったので
言葉はおかしいかもしれませんが、悟りが開けたような気がしました。

それからは聞かれると「流産してるから」と答えるようになりました。

独身の友達や会社の後輩(同じく独身)なんかは
その質問が知らず知らずに相手を傷つけていることを知らなくて当たり前なんだし
聞く人がみんな失礼や非常識なのではなくて、知らないだけなんだ。
教えてもらえば気づいて改める人だってたくさんいるはずだって。

自分が以前相手の奥さんに言われて初めて知って悔い改めたように。

こうやって言いながら、別にまわりの人に理解してもらおうとか
失礼な質問をしないようにしようキャンペーンをしてるとか、そんなんじゃないです。

すごくすごく根性悪だけど、

「どれだけ失礼な発言をしているのか当の本人に思い知ってもらう」

そういう意味合いもかなりあります。

ただ独身の子達へはそうじゃなかったですね。
私のように「既婚者への単なるご挨拶だと思っている」ような子は結構いましたので
そういう人には、「世の中そういうもんじゃないんだよ」というような話をしました。

子供がいる人は悪気以前に、「生まれるもんだ」としか思ってないですし
人間は自分の実体験を元に考えることが多いので、
これもある程度は仕方ないとは思うんですけどね

それならやっぱり、不愉快な質問をやめてもらうには
こちらも「不愉快な思いをしていること」を意思表示をしなきゃいけないんだろうな
ってそう思うんです。

言わなくてもわかれヨー、空気読めヨー、なんてやっぱり他人には無理だなって。

仲の良い人ならわかるかもしれないけど
みんながみんな相手の気持ちや感情をおもんばかってくれる人ばかりじゃないので
残念ながら自己防衛のためにも、時には自分から発信しないといけないんだろうなって。

ただ、いろんな人がいると思います。
私は見た目はおっとりしているようですが、腹の中は結構攻撃性の高い人間です。
だからNK活性が働いてしまうのかもしれないですが。

無神経な人には思い知ってもらいたい、
そう思って、「子供は~?」の問いには「流産してるからさぁ」と返してきました。

これもまた根性悪ですが、
その時に「しまった…失礼なことを聞いてしまった…」という相手の表情を見るのが
してやったりと思ったりもします。

誤解があるといけないのですが、別に謝ってもらいたいわけではなくて
「しまった…」と思ってもらえることが、です。

もちろんそこでそんな反応ではなく、さらに不愉快にさせられる場合もあります。
「なんで~?なんでだろうね?病院行った?」とか。
そういう時もたいていは闘います。言いくるめてしまいます。

これも誤解があるといけないのですが、
別にそういう人と今後も付き合っていきたいから詳しく説明するのではなくて
言うだけ言って、後は距離を置くだけです。
単に黙って距離を置いたら、相手がまだどっかで誰かに無神経な発言するでしょうし
「悪い」と思ってないままそのまま過ごされるのが嫌なだけで。

私には子供が1人いますが、これは全て子供が生まれる前の話です。
その後「2人目は?」と聞かれると同じ返事を返しています。

世の中に当たり前なんてこと、ないんです。

それを知らない人達はそれはそれで幸せだと思うけど
だからって誰かを無意識とはいえ傷つけたり不愉快にさせたりしていいわけではないはずで
それでなるべく話をするようにしています。

こういう攻撃タイプなのでいけないんだろうか…とも最近は少し思いますが…。

いろんな気持ちや考え方があると思います。
今日のこの日記は個人的な考えですので、
読まれた方がお気を悪くされないでもらえたら嬉しく思います。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。