プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい命

友人から妊娠報告がありました。
娘の通う幼稚園で一緒になった人で、その人は5人のお子さんを持つお母さん。

娘が入園したての頃に、そんなすごい大先輩(子育ても幼稚園生活も)だと聞いて
ものすごく恐縮して話していましたが、
「1人でも何人でもかわりはないし、1人っ子のお母さんも大変だと思うよ」
と言ってくれた人でした。幼稚園に入ってみると1人っ子はやはり割合としては少なく
少し肩身の狭い思いを感じていた頃だったので、その言葉でホッとしたことを覚えています。

いやいや、現実問題1人っ子のより5人の方が大変なはずなのですが
「大変なのよ~」ということを微塵も出さず、
かといって何人も子供がいる人にありがちな「うちなんて放ったらかしよ~」と言うこともなく
「そんなの子供によくあることよ」なんて先輩風を吹かすこともなく、本当に素敵な人です。

そんな彼女に6人目ができました。
1ヶ月半くらい誰にも言えず1人でずっと抱えていたそうです。
ご主人に相談してみたところ、今回は諦めて欲しいと言われたそうです。
それが分かっているから彼女は言えなかったのかもしれません。

でも子供をとても大事にしているご夫婦で、子供の行事が重なれば
お父さんも幼稚園に小さい子を連れて参加したりしていましたし
子供達を見ればどれだけきちんと愛されてきちんと育てられているのかもわかります。
だからご主人も苦渋の決断だったのではないかと思います。

そんな時に、私が流産の話をしたのだそうです。昨年末のことです。
幼稚園の行事の後に少し時間があって、別に何かの流れがあったわけではないのですが
私の方から何となく気が付いたら話をしていました。
6年ぶりに妊娠したけど心拍が止まってしまって8週で流産してしまったこと、
手術をしてからまだ1ヶ月もたっていないこと、娘も3度目の妊娠で生まれていること。
それまでも私が妊娠を希望していることなど話はしていましたので
彼女も本当に親身に聞いてくれて、私もまた泣きました。
幼稚園関係の人には言わないでおこうと思っていたのに、なぜか話をしてしまいました。

その数日後に病院に行くことになっていたそうなのですが
私の話を聞いて決断を変えたのだそうです。
「うちにやってきた子なのだから」、彼女はそう言っていました。

そう、その新しい命はそのお宅にやってきた命。私の家ではないし私の子供でもない。
どうして私は…という気持ちには不思議となりませんでした。
ちょっぴり羨ましく思ったのは正直ありましたけど…

私がその新しい命を救ったなんておこがましいことは思いません。
また、そのご夫婦がどういう選択をしても嫌悪感を感じたりということはなかったと思います。
我が家にもいろんな事情があるように、他のご家庭にも事情があるのですから。

ただ、「あの時、話してくれてありがとう」と言ってもらえたことが素直に嬉しかったです。
私も幼稚園関係の人にはなるべく話さずにいようと思っていたのに
時間だってそんなになかったのに、自分から「あのね、私ね…」となぜか打ち明けていた、
それはきっと何かの導きだったのかもしれません。

聞いた時はショックではなかったし、心から素直に「頑張ってね」と声をかけれたけれど
頭では分かってはいても、帰りの車の中では少し涙が出てしまいました。
何の涙か自分でもよくわかりません。悔し涙?悲しい涙?なんだろう。

私も多分彼女と同じように妊娠はしやすいと思います。だって4回妊娠しているんだもの。
ただそこから先が違うだけで、でもそれだって原因がわかってきているのだし
専門の病院に転院する予定にもなったのだし、
いつかきっと近い将来、私の子供をこの世に誕生させることができる、そう思っています。
時間と身体が許すなら私も子沢山になりたい。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。