プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうそうしない

「流産なんてそうそうしないよ」

経験していない人からはよく言われました。
私も自分が経験するまではそう思っていましたし、テレビや映画の中みたいに
足を滑らせて階段から転げ落ちたとか(鎌田行進曲の階段落ちみたいに)
お腹に何かが激しくぶつかったとか、それくらいじゃないとしないと思っていました。
何人にどれくらいの割合で、なんてのも考えたことなかったです。

初めて自分がなってみて、ネットでいろいろ調べてみると
10人に1~2人という確率を知り、とても珍しいというわけではないことを知りました。
でも、その1~2人の中に自分が入ってしまうことを恨みました。

逆に言うと「よくあること」なわけで、まわりでも実は経験者という人は意外にいました。
でも流産は1回だけで、次にはちゃんと生まれ、そしてその次もちゃんと生まれ…
そういう人からは「よくあることだよ~、私もさ」と言われたものでした。

その当時は、流産を経験しても実際にちゃんと子供が生まれている人の存在が
私にとってはとても心強くて励まされました。
自分でも「よくあることなんだ、だから次は大丈夫」と思うことができましたし。

だけど2回目となると「よくあること」では済ませられませんでした。
ただ、この時は腹痛もなく、ほんの少しの出血だったけど念のため入院して
注射もして薬も毎日飲んでトイレ以外ほとんど安静にしていたのにダメでした。
(※注射と薬はヘパリンやバファリンなどではありませんでした)
お腹を強くぶつけるとか階段から落ちるとか、そんなことがあるどころか
何の自覚症状もないまま心拍が止まってしまったのでした。

安静状態でもダメになってみると、「何をやってもダメな時はダメになるんだ」と知りました。
また逆を言うと、「大丈夫な時は何をやっても大丈夫なんだ」とも思いました。
限度はありますが、多少の重たい物を持つとか、多少小走りするとか
それくらいやっても普通は大丈夫なんだろうな…と。

冷やしちゃいけないって言うけど、寒いところで働いてる妊婦さんだっているし
運動しちゃいけないって言うけど、妊娠に気づかず運動しちゃってる妊婦さんだっているし
ハードに働いちゃいけないって言うけど、芸能人は不規則&ハードな中でも妊娠継続してるし

そう思うと、何がどうなって、何なら大丈夫で、何ならダメなのか。

先日不育症の血液検査の結果を聞きに病院に行った時、待ってる間に思いました。
「流産なんてそうそうしないもんなんだな」って。
階段から落ちるとかお腹を激しくぶつけるとか、それくらいしてたら別だけど
そんな落っこちたりぶつけたりって、それこそ普段の生活でもない。

外からの力でなるってことはもしかしたら少ないんだろうな、
あるとすれば体の中に理由があるんだろうな、

診察を待ってる間、そんなことを思いました。
ネットでいろんな人のブログやお話を読んでいると、たくさんの方が理由を見つけています。
原因が見つからない場合もあるけれど、お医者さんが原因を仮定想定して治療を進め
無事に出産された方もたくさんいます。

原因がわかれば対処ができる、対処すれば無事に生まれる、
そうであるのなら、やっぱり流産はそうそうおこるもんじゃない、ということになるのかもしれません。

だからやっぱり検査も必要だと思うし、専門に診てくれる病院も必要だと思います。
「よくあること」ではなくて、「対処すれば次はもう絶対大丈夫」というのが
当たり前になる日がきてくれたらいいなと思います。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。