プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗リン脂質と抗核抗体

今日の検査結果をもう少しまとめてみます。
(自分でネットで見たものを自分でわかりやすく継ぎ足したものです)

●抗核抗体

細菌など外から入ってきた敵に対して作られるのはよく聞く「免疫」ですが、
それに対して自己抗体は「自分の身体の組織を攻撃してしまう抗体」で
過剰な反応で胎児を異物とみなしてしまうことになってしまいます。
(アレルギーなんかもそうらしい)
抗核抗体の値が高いと「自分のじゃない異物を拒絶しやすい」ので
不育の検査としては最初のうちに調べるものの1つだそうです。

結果は倍率で表され、正常値は「40倍未満」です。
それ以降は40倍、80倍、160倍…と表され、値が大きいほど抗体値が高いです。
ですが、40~80倍というのは結構いるらしく、普通の人でも40倍は3割程度いるとか。

今回私は「40倍」という数値でしたので擬陽性になっています。
そこまで原因として定めるほどではないのではないか、ということのようです。

●ループスアンチコアグラント(LA)

抗リン脂質抗体症候群などにおいて出現する自己抗体で
「血液の凝固を抑制する作用がある物質」ということでしょうか。
なので「値が高い=血液凝固させやすい」となり、
子宮内に充分に血液が届かないということになってしまうのだそうです。

今回私は正常値1.30のところ、1.09で正常範囲内でした。

私のように「抗リン脂質抗体は陰性で、抗核抗体だけが陽性」の場合
(一応、抗核抗体を40倍で陽性と考えた場合)
抗核抗体はリウマチなど膠原病のときに出現しますが、
ある病院の調べでは妊婦さんの4.5%ほどに認められたそうです。
また陽性の人と陰性の人の次の流産率を比べたところ差は認められなかったそうです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。