プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい病院へ

青木産婦人科クリニックへ行ってきました。
2月に予約のための電話を先生から直接頂いた時に
私の場合、染色体検査は済んでいるので
今回は夫婦一緒じゃなくてもいいですと言われていたのですが
ありがたいことに夫が休みだったので2人で行くことができました。

余裕をもって行ったので予約の20分くらい前に到着。
最初の問診表と性格診断を記入して待ちました。
こじんまりとしていて、待っているのは私達だけ。
到着した時もお会計待ちの人と診察待ちの人が1人ずついるだけでしたし
本当に完全予約制という感じでした。

ほぼ時間通りに呼ばれ夫と一緒に診察室へ。

まず基礎体温のチェック。
と言っても「付けてるかなぁ?持ってる?」のような感じで
3周期は付けて持ってこないと!のような厳しさではありませんでした。

4~6月分の基礎体温表を見てもらうと、順調だね~とのこと。
素人目に見ると少しガタついてるかな?と思う部分もあるのですが
高温期と低温期もきれいに分かれているとのことで太鼓判をもらいました。

次に持参した紹介状の内容を見ながら、私が受けた検査の話。

夫婦の染色体検査は異常なし、そして前回の胎児の検査も異常なし。
ということは何か原因があったってことだよね、と言われました。
胎児の染色体異常ならその時までの寿命を全うしたことになるけど
そうじゃなかったんだもんね、と。
こんなふうに言われるとショックに思う人もいるかもしれないけど
私もまさに同感なので、そうですそうです、そう思いますと頷いていました。
だから検査してハッキリさせたいんです、と言葉に出して言いました。

その他の済ませてある検査の結果のこと(数値は私の検査結果です)

●抗核抗体…40倍

擬陽性(グレーゾーン)であるので、うちでは治療の対象と見ます、とのこと。
グレーは対処するという方針はこの後もお話に出てきました。

●ループスアンチコアグラント…1.09

内科的な基準値から見ればギリギリでセーフだけど、不育症として見ると陽性。
いろんな病院や先生で陽性とする数値が違うとネットでも見ていましたが
「基準をどこに置くか」で違うんだということも分かりました。
これは抗リン脂質抗体についての検査ですが、まだやっていない
「抗PE抗体・IgG」と「抗PS・プロトロンビン抗体」を検査することになりました。

●NK細胞活性…53

高いので妊娠を考える段階になったらピシバニールやろうね、と言われました。
私はこれを望んでここに来たようなものなので願ったり叶ったりです、と答えました。
今日やってこっか、くらいの勢いでしたが、先生が「検査まだだったね(笑)」と気づいて
次回検査結果を聞きに来た時に打ってもらうことになりそうです。
(お値段を後で助産師さんに聞きましたが、1回21000円とのこと)

*******************

あとは一覧表にまとめられている不育症の検査の紙を見ながらの説明で
県内に住んでることもあって、検査は一度に受けるか尋ねられましたが
済ませれるものはいっぺんに済ませたいということでお願いしました。

検査の話は、それでどういうことが分かるのか、妊娠初期にはこんな作用があって
こういう影響があるから防ぐために調べておいた方がいいとか
図をとっかえひっかえしながら見せて説明をしてくれました。

子宮形態や子宮内についての検査は1人子供がいるのでパスになりました。
ただ、何週でどれくらいの大きさで生まれたかというのはチェックしていましたので
出産経験があるからもれなく除外というわけでもないようでした。

そうして検査してもらう項目は以下のものになりました。

【プロラクチン系】
下垂体前葉負荷

【甲状腺系】
遊離サイロキシン(FT4)、甲状腺刺激ホルモン、
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体、抗サイログロブリン抗体

【凝固系】
活性化部分トロンボプラスチン時間、プロテインC活性、第12凝固因子
(※プロテインS活性は、プロテインC活性の結果を見てから考えるのでパス)

【血小板数】
抹消血液一般

【代謝系】
コレステロール・中性脂肪

コレステロールなどはどうするか聞かれたのですが
勤めてない状態でずっと健康診断も受けていないのでお願いしました。
働いていた頃は会社でやってくれていましたが
主婦になると途端に健康診断とは無縁になりますもんね…

**************

先生とのお話は30分ほど。
夫は後から「すごく話が分かりやすい」と言っていました。
難しい話が苦手な人なので、分かったのかな~と思っていましたが
図解説を交えて分かりやすく話してもらったおかげです。

先生とのお話が済んだらそのまま別室で助産師さんとお話しました。
ここでも30分ほど。
普段思ってること、さっきの診察で思ったこと、いろいろお話しました。
NKが高いのも自覚があること、それから流産した直前の出来事(2月26日の日記)も。
どうして闘っちゃうんだろうなぁ…なんて話をしました。

助産師さんは私が不安になってないか気遣ってくれている気がしたので
全然逆で、やっと検査でハッキリするかと思うと嬉しいと伝えました。
よく体調が悪いのに「病気だったら怖いから病院行かない」って人がいるけど
そういう考えが私には信じられない、って。
病気だったら対処すればいいんだし、対処できるかどうかだって
とにかく調べてみないとわからないのに、と私は思うので。
闇雲に心配するより、分かっていることを心配したい、そんな事も言いました。

そんな話で私の性格をすぐに見抜いてくれたみたいで
「妊娠したらどうやってやり過ごすか、前もって一緒に考えておきましょうね」
ということも言ってくれました。
薬だけじゃなくて、心構えというか、ストレスを溜めず、
私のようにNKが高い場合はNKを上げずに過ごすには…ということも
フォローしてくれるようで、それはとても心強く感じました。

もらった用紙の治療の中に「精神療法(認知行動、カウンセリング、薬物)」とあり
認知行動というのがこの「どうやって過ごすか前もって考えておく」なのかな、と
帰ってきてから思いました。

私は闇雲に不安になって落ち込んだりするわけではなく
逆に上手に立ち回ろうと画策してNK値を上げてしまうようなので
前もって(助産婦さん曰く、妊娠前に)用意しておけばいいということなのでしょう。
薬や話を聞いてもらうだけでなく、ここまで手伝ってもらえたらと思うと心強いです。

話が終わると私だけ処置室へ入り採血。まず3本抜きました。
それからプロラクチン検査で負荷テストのため何か(すみません)を注射して
体に入れて15分後にまた1本抜きました。

さてお会計になって、他の方のブログで見てはいたけれど自分も高かった…

52,000円なり。

染色体検査やNK細胞活性(どちらも8000円)もやっていたら+24000円だから
70000円近くになっていたわけですね。

恥ずかしながら実は手持ちのお金が若干足りず…
こんな時に限ってキャッシュカードも持っていなくて(普段もあまり持ち歩かない)
結局足りない分は次回にお持ちすることになりました。情けない…

このやり取りをしている時に助産師さんがたまたま受付に入ってきて
「お金が足りなかったです(汗)」と私が言うと
「気にしない気にしない!NK上がっちゃうよ~(笑顔)」と言ってくれて
こうやって私自身の言動や行動を調整していってくれるのかなと思いました。
こんな時にNK値が上がるんだ、と自分で自覚するのとしないのでは違うだろうし
知るということは大事なことだと思うので。

次回には最初に受けた心理テストみたいなのの結果も出るので
先生も言っていましたが、次回はそういう内面的な話も出そうです。
今回は初回ということで検査や不育症とは、というお話が軸でした。
ネットで私もいろいろ見聞きしてきましたが、実際に直接話を聞くことができたこと、
何より夫も一緒に同じ話を聞けたことはとてもよかったです。

これでスタートラインに立つ準備ができました。
子作りを始めるのがスタートだとしたら、そこまでもう一歩のところにきました。
検査結果を聞きに行くのは1ヵ月後です。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

ついに、待ちに待った病院に行ってきたんですね!!とっても、前向きにスタートラインに近づいてるな~という事が伝わってきました。きっと、みーさんにとって、その先生、病院、助産師さんとの出会いは、プラスに働きますね♪ …しかし、お金はかかっちゃいますね(^^ゞこればっかりは、お金かかるからやらないというワケにも行かないし、援助してもらえたらいいのに~って思いますよね。 検査結果が出るまでの1ヶ月、待ち遠しいですね!

りこさんへ

ブログ変えちゃいました(^^ゞ

病院は予約してから待つのは長く感じたけど
今になってみればあっという間だったような…
さすがに専門の病院だけあるなって思いました。
心強く思える、これもまず大事なことなのかなって思うし。

お金はやっぱりかかりますね。保険がきいてても結構しますね。
これで10万円超えて今年の分の医療費控除は間違いないです。
ついでじゃないけど歯医者も行ってるし、税金戻るのを楽しみにしますわ(笑)

こんにちは^^

クリニック受診お疲れさま!
いよいよ前に歩き出す時が来たんですね^^

ピシバニールは、以前は妊娠確認できて直ぐにする事になっていたけど、
今は、妊娠以前にしているのかな?
一番驚いたのは、1回21000円もしているの?
以前は、600円とかだった記憶だよ(@@;)

ご主人も一緒にお話が聞けて良かったね^^
うちの夫も、初めて先生に会った時には、
良い先生だと、感激して喜んでいたよ。
診て貰うのは私で、あんたじゃないって感じだよ^m^

>はなももさんへ

予約が取れた時はすごく長く感じたけど、
無事に行ってこれました。
私が受診を考え始めたのはまだ前の病院の時で
初診は1年~1年半待ちだったんですよね。
それが開業で半年以内に行くことができて
運がよかったなとすごく思ってます。ありがたいです。

ピシバニールは妊娠を考え始め時にまず、みたいでした。
妊娠がわかったら追加することもあると聞きました。
金額は600円!?(@_@;)
こないだ聞いたのは間違いであって欲しい…(^_^.)
治療ではなく予防?になるからでしょうか。

>診て貰うのは私で、あんたじゃないって感じだよ^m^
まさに同感!(笑)
夫婦で行きやすい病院というのは本当に良いですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。