プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪

少し前から喉がガラガラしていたけど、ついに鼻と悪寒も始まって
どうやら風邪をひいてしまった模様です。

鼻炎もあるので季節に関係なく時々何かに反応してはグズグズしてますが
今回の鼻の違和感は明らかに風邪っぽい…
風邪は年に1~2回ひくかな?という程度で、
いつも喉から熱を出す典型的な扁桃腺パターンくらいなので
基本的には丈夫な方かとは思うのですが、油断してちゃだめですね。

こないだひいたのは11月の前半頃。まだ妊娠中でした。
いつものように喉が痛くなって、慌ててマスクやのど飴を買いました。
喉スプレーも買ってみたけど、よく読むと妊娠中は使用を控えるように書いてあり
のど飴もコンビニで売ってるような飴メーカー(?)の物は大丈夫だけど
薬局でしか見かけない浅○飴やヴィッ○スなど医薬品メーカー(?)の物は
注意書きに妊娠中は薬剤師に相談となっていました。
今まで全然気が付かなかったけど、意外と多くて驚きました。

もちろん「相談」なので「NG」とは書いてありません。
妊婦で実験するわけにもいかないから確実なことがわかっていない、
というわけなので使っても問題ないのではないかと思いますが
やっぱり心配なので妊娠中は使うのをやめておきました。

その時の風邪はとにかくマスクをして、ビタミンCを摂って(今さら遅いが…)
暖かくしてたくさん休む、寝る、という基本的なことをしてました。
ちょうど切迫流産ということで薬を飲んでいたのですが、
それは出血を止めたり炎症を抑えたり、喉の腫れにも効くと
説明に書いてあったのでナイスタイミングだと思って飲んでいました。
弱めだったのか、普段耳鼻科でもらう薬のようには効かなかったですけど。

でも寒さもまだ本格化する前だったし、何とか自力で治りました。
これから冬場に向けて薬が飲めないってのは大変だなぁ…と思ったものです。
今回は子作りもまだだし、おおっぴらに薬が飲めるのだけは救いです。
耳鼻科でも「がっつり効く薬出してください」とお願いしてしまいましたし。
どうせ飲める時期なんだからサクッと飲んでサクッと治してしまいたい。

妊娠を目指していた時もですが、薬が飲めるのは1ヶ月でわずかの間だけ。
生理中から少しの間くらいですよね。
子作りの期間もなるべく飲みたくないし、生理待ちの高温期なんて問題外。
頭痛がしてバファリン飲みたくても生理前は我慢して我慢して…
それで生理がきたら妊娠してなかったことにがっかりして
薬飲まずに体張って我慢したこともバカみたい、なんて思ったりして。
多分子供を望んで毎月トライしている人は同じように思ってることでしょう。

妊娠中に買ってしまって使えずしまっていた喉スプレーとのど飴があるので
今回引っ張り出して使っています。捨ててなくてよかった(苦笑)
今は薬を飲んで早く治してやります。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。