プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な結果

今日病院に行ってきました。

結果から言いますと、今回は化学流産になりました。

応援して下さった皆さん、ありがとうございました。
私は元気です。強がりもそんなにしてませんが、割合と元気です。

先生が普段の生活をするようにと言っていて
実際普段通りの生活をして、行動を制限したり我慢したりしなかったおかげで
精神的なダメージも少なかったんじゃないかなと思っています。

私の場合は単に自然の摂理だったと思っています。
育つことのできない子だったので自分から去っていったのだと思います。
こればかりはどんな専門医も治療をもってしても仕方のないことだと
自分の中でも受け止めています。

皆さんのお腹の中にいる赤ちゃん、これから来る赤ちゃんはきっと違います。
適切な治療を受け、きっと元気に育つことでしょう。

私の元へ次に来てくれる赤ちゃんもきっと育つと信じたいです。

長くなりそうですし、詳細は続きに書きます。
詳細など目にしたくない方はここまででお願いします。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ




ここから先に書くことは賛否両論、
いろいろあるかもしれませんが、私の考えや気持ちです。

**************

元々の予約は今日でしたが、土曜の夜に出血がありました。
お腹の痛みや重みはなかったのですが生理のような感じでした。

普段の生理もおりものや内膜のカス?みたいな(すみません)のが
混ざっていることがよくあるので、何か出たのかどうかはわかりませんでした。
家族もまだ起きている時間だったこともあって冷静にいられました。

その後もずっと出血は続き、ほとんど生理のような感覚でした。
2日目、3日目・・・と量もそんな感じでしたし、
自分の中では外に出てしまったんだなと思いました。

翌日の日曜は試合の日でした。
先生からも無理でなければやっておいでと言われていたのですが
自分の中でもういなくなってしまったとわかってしまったので
思いきり試合に参加してくることができました。

前日というタイミングに最初は戸惑いましたが
思えば私に思いきり動いてきてね、というタイミングだったのかもしれないと
自分勝手な解釈だけど思えました。

青木先生は普段通り過ごすようにと毎回言っていました。
自転車乗っても、重い物持っても、走ったっていいんだよーと。
まわりの人に話すとすごく驚かれます。

だけど、何をしていても育つ時は育つし、
どれだけ安静にしていても育たない時は育たないということを
不育の先生としてよくわかっているからそう言えるんじゃないかと思います。

私も今までに安静入院をしても残念な結果になったこともありますし
先生のこういう考えもすごく納得しています。

賛否両論あるかとは思いますが、
妊娠がわかってからもスポーツは続けていました。
無理に止める必要はない、と言う先生の言葉と自分の体調と
協力してくれる仲間(ごく一部の人だけに報告)のおかげで続けてきました。
もちろん無理をせず、周りには気づかれない程度に手抜きをして。

だけどスポーツを続けてたから今回ダメになった・・・とは思っていません。
何かのせい、誰かのせい、そんな風に思わずにいられて
気持ちの面でもダメージが少なかったのも青木先生のおかげだと思っています。

今日の診察では子宮の中もきれいになっているので
気持ちの上で大丈夫なようなら次を考えてもらってもいい、とのことでした。
ショックを受けているだろうと、先生はすごく気を遣ってくれていました。

今日は夫と一緒だったのですが、私たち夫婦の間では土曜の夜に話をして
気持ちも踏ん切りをつけた状態で今日を迎えていたので
次を考えていいというのを聞いてホッとしたくらいでした。

先生の話では、妊娠をすると毛細血管やその他(忘れてしまいましたが)が
発達して子宮の中が良い環境になるのだけれど
手術をするとそういう物も全てきれいにしてしまう。
だけど自然に流れてしまった今回のような状況では
良い環境が残っているので、子宮の条件的にはとても良いのだとか。

化学流産の後は妊娠しやすいというのも聞いたことがありますが
こういうことなのかなと、お話を聞いて思いました。

血小板の数値も前回の7.5から9.8まで戻っていました。
(基準値は13以上ですが、10は欲しいというところなのでもう少しというところ)
抗凝固剤を使用している状態での血液検査でも戻っていたということは
そのまま投薬と注射を続けても血小板数は下がらずにいたかもしれません。

血小板については次回の妊娠時も注意深く見ていくことにして
もしも数値が抗凝固剤を使うことでまた下がってしまうようなら
バイアスピリンとサイレイトウという漢方薬の組み合わせもあるし
他の手を考えていくと言ってくれました。

ピシバニールは今回妊娠前と妊娠がわかってすぐの2回打ったので
次回の妊娠時にはNK細胞の数値を調べてから考えてもいいとのことでした。

今回はたまたま血小板の数値が低くなっていて、
前回の診察でバイアスピリンもカプロシンも中止になってしまいましたが
それを続けていたら出血ももっと多かったかもしれないし
注射を続けていたことでの精神的なダメージもあったかもしれないし
たまたまですが、神様が無理をしないように止めさせてくれたのかもしれません。



すごく不謹慎かもしれないけれど・・・
信じることって大切だともちろん思うけれど
信じなかったからいけなかったんだ、とかそうはやっぱり思えません。

信じて信じて信じて、祈って祈って祈って
それで育ってくれるのなら誰も悲しい結果になんかにならない。
信じても祈っても祈りが通じない時は悲しいけれど現実にあって
それは祈りが足りない、信じる気持ちが足りなかったから?

そんなことない。
信じても祈っても叶わないことはある。
悲しいけど、それが現実。

だから私は結果論的な精神論は好きではありません。

私には子供が1人います。
その子の時に私は検査も治療も何もしていませんでした。
ただひたすら時が過ぎるのを待ち、わざと延ばしに延ばして
病院に行ったときは既に9週に入っていました。

時が過ぎるのを待つ間、ひたすら何も考えずに食べて寝ていました。
見事なくらい何も考えずに漫画読んでテレビ見て食べて寝て。

だからと言って、「何も考えないといいのよー」とは言えません。
自分がそうだったからと言って「考えすぎないのが1番♪」なんて
ノー天気で無責任なことは言えません。
子供が無事に生まれたことでの結果論に過ぎないのだから。

すごく信心深くない人間のようですが、そういう意味ではなくて
うまく言えないけど、気持ちの1つで変わるようなことなんてない、
ただそう思うだけです。

生き延びてくれる命と、それを支える適切な治療を
信じて待つしかないと今の自分は思います。

今回不育専門の病院にお世話になってからの妊娠でした。
妊娠がわかってすぐに診察をしてもらい、
姿カタチを見る前から治療を始めることができました。

だけどある程度までは命が生き延びてくれないといけないんですね。
私の場合は化学流産なので赤ちゃん自体育ってもいなかったようですし・・・
さすがにここまでは不育専門の治療といえども無理な話で
そう思うと、やはり生き延びてくれる命があってこその治療なのだと
改めて思うしかありません。
今回はここまでの命の子だったのだと思うしかありません。

私たち夫婦の中ではもう次を見ています。
手術をして2~3周期あけて、とならなかったのは自分達にとっては
ありがたいことだと受け止めています。

妊娠を知っていても普通に振舞い暖かく見守ってくれたチームの子、
急な診察でも子供を預かってくれて夕飯とお風呂を入れてくれた友人、
気遣ってくれて支えてくれた青木先生とクリニックの看護師さん、
一緒に喜んでくれたり励ましてくれたブログのお友達、
少しの間だけでも妊娠させていてくれた小さな命、全てのことに感謝します。

自分がこの世に無事で生きていることが不思議に思えてきます。

当たり前のことを当たり前と思わず、感謝の気持ちを忘れずに
これからも進んでいきたいです。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

みぃさん、身体の具合はどうでしょうか。
今回は化学流産と言う形になってしまったけど、みぃさんが前向きで少しでも元気を取り戻してらっしゃるのを読んで少しだけ安心しました。
でもとても悲しかったと思います。
なんかうまく言えなくてごめんなさい。
みぃさんの書いてらっしゃる通りだと私も思います。
確かに心配し過ぎて緊張すると血管によくないんでしょうけど、自然の摂理・・そうですよね。
今回は子宮も良い状態になってると言う事だし、空ける時間もとらなくて良いようなので、今度こそ生き延びてくれる命だと祈って前に進んでください。
陰ながら応援してます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメのお2人へ

コメントありがとうございます。
お礼が遅くなってすみません。
また別の形でお返事をさせて下さいね。

すごく嬉しかったです。ありがとうございました。

さちまるさんへ

お返事遅くなってごめんなさい。
お気遣いありがとう。嬉しかったです。

私は元気ですよ^^、大丈夫。
元々が夢だったのかな?と思ってしまう時もありますが・・

さちまるさんとは同じ病院、ほぼ同じ時期ということで
一歩先ゆくさちまるさんの通院のお話は本当に参考になりました。
一緒に頑張りたかったんですけど、今回はさちまるさん先にどんどん行って下さい!
そして無事にクリニック卒業、地元での出産、のお話聞かせて下さい。
さちまるさんはきっと大丈夫。

私もすぐ後に続けるように頑張ります。
注射や通院、不安もあるだろうけど、体調に気をつけて過ごして下さいね。
私も応援してます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。