プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプロシンとバイアスピリンの中止

今日約1週間ぶりの診察に行ってきました。

まず先週の血液検査の結果。

血小板数が基準値(13.0-36.9)を大きく下回る7.5でした。

6月の初診の際に受けた血液検査でも9.1だったので
他の病院でも相談してみるようにと言われていましたが
ちょうど7月にかかりつけ病院で受けた採血の結果では15と基準値だったため
8月の青木クリニックの診察でもそのことは報告してありました。

それがまた前回よりも減っていたので、再度血液検査をすることになりました。
ずっと少ないなら別ですが、7月の結果(かかりつけ医)では基準値だったので
私の場合もしかしたら抗凝固剤が関係しているかも、ということで
バイアスピリンとカプロシンの注射は中止になりました。

「偽性血小板減少症」というらしく、抗凝固剤を服用している状態で検査すると
血小板と抗凝固剤が反応して血小板が凝集してしまうので、
検査では血小板が少ない値が出てしまうんだそうです。

望んでいた治療を止めることになって一瞬呆然としてしまいましたが
血小板数があまりに少ないとよくないということと
少ない場合抗凝固剤を外してみるのが次の流れになるということでした。

それから内診。

計算でいくと5週3日。
胎嚢が見えましたが、大きさが3.3mmで小さめと言われました。

血液検査の結果も前回の4週4日時点でhcg=278と低めなので
もしかしたら化学流産になってしまうかもしれないと言われました。

青木先生は不安になるようなことを言わないと思っていたので
そんな先生から出た言葉は私にはとても重たかったです。



だからカプロシン中止になったのかなぁ・・・
(本当は小さめとか関係なく血小板数のことなのだけど)



やっぱり夢だったのかなぁ・・・ちょっと泣けてきます。


薬はその代わりダクチルが出ました。
ダクチル、私も以前切迫流産で入院している時に飲んだことがあります。
やっぱり流産するかもしれないってことなのかな・・・




帰ってきてネットで少しだけ検索してみました。
hcgの値は「4週なら100~200」とかアバウトな感じだったので
よくわからなかったのですが、
胎嚢は5週で30mmとかでもその後ちゃんと成長、というのもありました。
もうこればかりは1週間後の診察になってみないとわからないですね。

診察の後、いつものように看護師さんとのお話する時間に
小さめと言われたのが初めてで落ち込んでしまって不安なことを話しました。

「週数が2~3日違うことだってあるから、
今日だって本当はまだ4週の終わり頃かもしれないしね」
と励まされました。

また「不育症の人は小さめなことも多いからね」と。

確かにネットなどで不育症の人は小さめな傾向があるというのは見ていました。
看護師さんに、どれくらいで週数に追いつくものか尋ねてみると
「8~9週くらい」だそう。

心配しても仕方ないのだけど
やっぱりいろいろと気になって落ち込んでしまいました。

でも初めての妊娠の時は陽性が出てすぐ病院に行って何も見えず
その後に出血してそのまま姿をみることはなかったし、
2度目の時は6週くらいで初めて病院に行って胎嚢と胎芽確認だったし
3度目は待って待って待って病院に行ったら既に9週入ってたし(その後出産)
4度目(昨年)も初診は6週の真ん中くらいで心拍も確認

そう考えると5週での内診は経験なかったので
来週の診察で育ってくれているのを信じて待つしかありません。

先生からはこれまで通り変わらず普通に過ごすようにと言われました。
これは先週も言われたし、余計なプレッシャーや緊張をせずに、ということで
決して今日の結果がダメになる可能性があるから言われたんだ・・と
いうわけではないので、本当に普通に今まで通り過ごそうと思います。

何をやってても育つ時は育つんだし、
ため息をつくと幸せが逃げるって言いますから
下を向かずにため息つかずに毎日楽しく過ごせるようにします。

■■

そうそう、青木産婦人科クリニック、
いつの間にかクレジットカード利用できるようになってました。
先週は何も言われなかったので本当にごくごく最近みたいです。


こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは^^

体調はどうかな?
バイアスピリンとカプロシンの注射が中止になったんだね。
血小板数が下っているとなると、それを回復させる事が優先だからね。

ダクチルは、以前の先生の治療では、
皆に当たり前に処方されていたお薬だよ。
流産するから出した訳ではなく、予防の為に出したのだと思うけど・・・

今は、何もできない時期だから沢山信じよう!
私も、来週良い結果が出るように祈っているからね^^

はなももさんへ

コメントありがとうございました。
お返事遅くなってごめんなさい。

日記に書きましたが、今回は化学流産になりました。
元々小さいと言われていたし、覚悟はありました。

>バイアスピリンとカプロシンの注射が中止になったんだね。
>血小板数が下っているとなると、それを回復させる事が優先だからね。

おかげさまで血小板も回復してました。
妊娠の関係で低下する体質(?)なのかもしれないとのことで
次回も注意深く見ていくことになりそうです。
でも怖い病気とかじゃなさそうでよかったです。
自分が病気だったら妊娠どころじゃなくなりますもんね・・

>今は、何もできない時期だから沢山信じよう!
>私も、来週良い結果が出るように祈っているからね^^
本当にありがとうございました。
出血がずっと続く中での今日の診察でも、意外と中で元気だったりして
それならそれですごい生命力だ!と信じてみたのですが
やっぱりいなくなっていました。

でも元気です。また次に向けて頑張ります。
青木先生のところに行って本当によかったです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。