プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸院通い

他に書くことがちょこちょこあって書いてませんでしたが、
相変わらず鍼灸院通いもしています。

12月から通い始めて年内に5回、1月に2回、2月に入って1回。

最初の頃はそんなにたくさん打たないし、お灸もしないし
針のパッチ(シールみたいなの)も貼ったりしないし、
何だか物足りないような気がしていたのですが
7回で1ステージと考えていると7回目の時に説明がありました。

そうだったのか~、なるほど。
で、その回から足首に針パッチシールを貼るようになり
お灸(足と腰)も始まりました。

それから腰への針も始まりました。
腰というか、腰より下のあたりなんですけど初めて痛みを感じました。

いつもは刺してすぐ抜くのですが、腰は刺して少し針を回してるようで
「さすがに場所的にちょっと響くな~」と思っていたんです。
我慢できるけど、ズンズン・・と響く感じ。

そう思ってた次の瞬間、

いたたたたーーーーーっ!!!!
どぅおぉぉぉぉーーーーーっっ!!!

思わず叫んでしまいました。

先生は「この辺は婦人科系の人は痛いですが頑張りましょうね!」と。
つまりはこれからも容赦なくいくわよ、ってことですね。

でもものすごく「針=怖い、痛い」となるのを心配しているようで
しきりにフォローしてくれてました。
いやいや、大丈夫ですよ、これで通院拒否とかなりませんから~。

お灸も熱いことは熱いんですが、担当の人がそばにいてくれるので
万が一熱くて耐えられなければすぐに言って外してもらえるし
熱くないように付近を手の平でこすってくれて、これでも結構紛れます。

足の裏なんかは皮が厚いのか、
何もしないうちに終わったことすら気づきませんでしたが(苦笑)

今月に入ってから行ったのがちょうど生理の終わった後くらいで
ちょうど今回は鮮血だったので安心もしたし、
排卵期までの合間で体調も気分も良い時期だったので
先生に調子を聞かれ「やる気が出てる気がします」と答えました。

先生は脈を診て
「うーん・・でもちょっと気が疲れてる感じしますよ」と。

なるほど。
言われてみれば、突っ走り出したい気持ちはあるけど
気持ちだけ急いているような気もする。

基本、ダラリとするのが好きで、家にいっぱなしも大好きだけど
時たま、やりたいことがいっぱいで、でも時間が足りなくて・・ってなる。
やる気はあるのになぁ、と思うこともしばしば。

先生に言われてちょっと思い当たって納得。
言われなかったら突っ走ってたかもしれないなぁ。
自分を知るっていうのは大切なんだな。

そう言われてから、無理をしないようにしてます。
やりたいこと、やらなきゃいけないことがあっても、眠かったら寝る。
それだけのことなんですけどね(笑)

まぁ、春だからか、眠いのなんの。
最近は21~22時ぐらいには寝てます。しかも寝つき抜群、朝まで爆睡です。
今からこんなんじゃ、本当に春がきたら冬眠(春眠?)してしまいそうです。
そんなわけで夫にも全然会えていません。
子作り以前の問題です(汗)

でもちょっと気長にいこうって思えています。
身体が整うのをもうちょっと自分の目で確かめたいなって気もするし。

気持ちは日々変わっていくのですが、今はそんな気持ちです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

パソコン修理代(涙)

電源スイッチを入れても動かなくなったパソコンを
修理センターに送り出して1週間、ようやく見積りが出ました。

2万6千円

・・・2万6千円

うぅ・・・涙です。

原因は電源スイッチの故障ということで
やはりファンヒーターとほぼ同時に電源オンしたことで
電圧が下がってよくなかったようです。

同じタコ足からファンヒーターとパソコンの電源を取るのは厳禁、
だそうですが、別にタコ足にしてないし・・(涙)

でも同じ場所のコンセントから取っているので
それくらいでも状況によっては影響があるよう。

それでも今までずっとこの状態で使ってきて大丈夫だったので
やはり「ほぼ同時にスイッチオン」がまずいみたいです。
これからは重々注意しようと思います。

・・・これの勉強代が2万6千円(涙)

他にCD/DVDドライブのトレイが出てこなくなっていた不具合もあったので
その箇所の修理代も込みなんですけどね、
外付けのDVDドライブを買っちゃっていたので
思わず、「電源だけ直したらいくらになりますか?」と聞いてみました・・・
でも2箇所を1箇所にしたからって半額になるわけでもなく
3千円くらいしか変わらなかったので、全部直してもらうことにしました。

はぁ・・・医療費控除で戻ってくる3万5千円から充てることにします。
なんだかなぁ・・・ため息しか出ません。

ですが、考えようによっては
我が家は以前から不意な出費と臨時収入が重なることが多いんです。
細かいことは忘れちゃいましたが、
「えー、そんなこと今言われてもー」という出費の予定が出現する時、
前後して知らなかった手当てや還付金が会社から戻ってきたり
自動的に申し込まれてた銀行やカード会社の
キャッシュバックキャンペーンに当たってたり。
(懸賞など自分から申し込みはほとんどしないので)

出費に落ち込む私に、夫は「世の中お金は回ってるんだよ」と言います。
そういう風に考えれば、うまいことできてるなぁ・・とは思いますが。

不幸中の幸いと言えば、電源の故障だったため
中のデータ関係は全然大丈夫とのこと。これは本当に良かったです。

******

万が一の故障で修理センターに出すことを考えて
お勧めしておきたいことがあります。

修理センターでは修理後に動作確認のため起動させるので
パソコンの中身が丸見えになってしまいます。
パスワードをかけている場合は、パスワードを聞かれます。

・・・ってことはパスワードを教えなきゃいけない(当たり前)
それに、自分のパソコンの中身を見られる・・・
向こうは仕事だし、信頼関係は持っておかないといけないけど
それでも何だか良い気はしないですよね。

我が家はたまたま夫と共有しているので
それぞれに設定を保存した「ユーザーアカウント」を作っていて
もちろんそれぞれにパスワードかけて使っていました。
別にお互い見られて困ることはないんですけど、ただ何となく(笑)

その2人分だとどちらかのパスワードを教えて
起動後の動作確認をしてもらわないといけません。

うーん、やっぱり心情的に無理(汗)

修理センターの人に電話で聞かれて焦ったのですが
たまたま何のパスワードもかけてないアカウントもあったことを思い出し
それで起動確認してもらうことになりました。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが
コントロールパネルの「ユーザーアカウント」でダミーのユーザーを作り
自分の分にはパスワードをかけておき、
ダミーのユーザーはパスワードなしにしておくと
修理の際にも困らないんじゃないかと思います。
(管理者権限は全員にしておいた方がいいみたいです)

データが全部消えちゃってるような修理は誰が見ても見れませんが
今回の私みたいにデータは大丈夫だけど・・という修理の場合は
中身が丸見えになってしまいますからね(汗)
もちろん同じパソコンの中にある物なので
全部を隠しきれるわけではないとは思いますが
自分の普段使いのところに入られるよりはいいかと。

2万6千円にはこんな勉強代も含まれているのでした・・・とほほ(涙)

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

医療費控除の申告完了

本日もノートパソコンからです。
(パソコン修理の見積り連絡すらまだ来てません・・)

夫が会社から源泉徴収票をもらってきたので
早速医療費控除の書類を作り、確定申告をしてきました。

本当は修理中のパソコンに途中まで作成して保存してあったのですが
修理から戻ってくるのを待ってられなーい、ということで
再度ノートパソコンの方で最初から入力しました。
忘れかけてたのでこの間の日記(医療費控除のコツ)を見直したりして(苦笑)

医療費内訳もエクセルで作ってあったのに作り直し。
まぁそんなに件数があるわけではないので検算したと思ってやりました。

そしていざ税務署へ。
昼休みは何となく混むかな~と避けようと思いつつ、
13時前に着いてしまったのですが全然空いてました。駐車場もガラガラ。
私みたいな主婦やお年寄りが多かったので時間帯関係なかったかも。

建物の入り口に既に係の人が立っていて
書類を作ってきて出すだけの人はそこで渡せばよさそうです。
「チェックも希望しますか?」と聞かれ、押印も日付も書かずに持ってきてるので
申告書作成コーナーの部屋へ入りました。

作成コーナーは、入口からマンツーマンで係の人が付いてくれそうな勢い(笑)

書類を印刷してきたことを言うとすぐ横のテーブルで確認作業。
言われるまま源泉徴収票を書類の裏に貼り、1箇所捺印、日付を記入して
医療費領収書の袋をもらい、表に住所氏名と「別紙」と書いて中に入れて
後は係の人に提出して完了。ものの5分もかからず。

奥にはパソコンがズラリと並んでいて、
そこでマンツーマンで作成作業中の人も何人かいました。

源泉徴収票は原本を出すので取っておきたければ自分でコピーするか
原本は職場に言えば出してもらえますから、とのことでした。
収集癖があるとはいえ、さすがにコピーまでして取ってはいませんが
今後必要になった時はどうするのかなと思っていたのでわかってよかったです。

というのも昨年、我が家は住宅ローンの借り換えをしたのですが
必要書類の中に「2年分の源泉徴収票」というのがあって
収集癖ゆえすぐに保管庫から出して活用できたわけですが(その後返却されてきた)
そういう時はどうするのかなと思って。
それに昨年は車を一部ローンで組んだのでその時にも使ったし。

まぁ、もう住宅ローンの借り換えの予定もないし
車のローンも同じく借り換えすることもないだろうし
他に源泉徴収票が必要なこともないとは思うのですが。

気になる還付金額ですが・・・35000円ほど♪

以前2度やったことがありますが、高い時でも15000円くらいだったかな。
2回目は確か8000円くらいのことだったけど、
やり方も思ってたより簡単だったし、お金はお金だ~と思ってやったのでした。

今回は大きいなぁ・・・払った税金が戻ってくるとはいえ嬉しいなぁ。
これからもかかる医療費に大事に取っておきたいと思います。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。