プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯たんぽ

すっかり寒くなって、週が明けたらもう12月。
我が家も当然ながらガスファンヒーター&加湿器を稼動させています。

それでも昼間1人でいるのに使うのは勿体なくて気が引けますが
やっぱりつけないわけにもいかないので
設定温度を夜よりは低めにしたりして調整しています。

それから湯たんぽもようやく買いました。
昨年の春先に車中泊をした時に非常に冷えて冷えて
今度冬がきたら湯たんぽ買うかー?なんて話していたので。

普段あまりショッピングセンターなどは行かないのでわからないですが
今年は湯たんぽがいろんなところで売ってました。
いつも行くチェーン店の手芸屋さんにも
湯たんぽカバー(既製品かな?)が売ってましたし。

でもそういう所で売ってるのって本体がプラスチックで堅くて
布団に入れたりするぐらいなら大差ないかもしれないけど
普段足の上に置いたり抱えたりするなら
カイロみたいにグニャグニャと柔らかいのがいいなぁと思って
↓これに決めました。



ドイツのファシーという会社の湯たんぽ。
カバーもフリースやニット、アーガイル柄なんかもいろいろあって
さすがヨーロッパ、てな感じがします(コテコテ日本人)

我が家はオーソドックスで定番だと思われるフリースのにしました。
昨日届いて昨夜は布団の中に、今は太ももの上に置いて使っています。
足の付け根を暖めると体全体の循環がいいと何かで聞いたことがあるので。

低温やけどの心配もあるので、
時々椅子と腰の間に置いたりして場所を変えてます。
昨夜は足をのっけて寝たらポカポカして気持ちよかったです。
寝相があまりよい方ではないのですぐに外れてしまったようですが(苦笑)

持ち歩けそうな小さいサイズもありました。



うちのは一般的な大きさで、足の上に乗せてちょうどいいぐらいで
容量2リットル(実際入れる適量は1リットル)のサイズですが
この小さいサイズは0.8リットル(適量0.4リットル)とのことで
まさに「使い捨てじゃないカイロ」みたいにできるかも。

寒い時のキャンプや車中泊をされる人は湯たんぽで暖をとり、
翌朝は中のお湯で顔を洗うらしいです。
冷たい水で洗わなくていいし、お湯も捨てずにすむしいいですよね。
うちは寒くなってからのアウトドアはしてないのですが
そういう時にも使えるなと思うと楽しみです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

もうすぐ1年

昨年の今頃は11月19日の8週の検診で
心拍が止まっているのがわかり、26日の手術を待っている状態でした。

このブログを始めたのもこの時、11月24日でした。
6年ぶりの妊娠の悲しい結果がまだ受け入れられず
本当にどうしていいかわからない時期に
不育症という言葉を知り、自分もブログを始めました。

8~9年前にも2度続けて流産していたけど
当時は「3度続いたら検査」というのが一般的で
不育という言葉もネットで検索しても出てきませんでした。

昨年自分がまた流産をして不育という言葉を知り
検査して原因や要因を突き止めることができたり
そして治療して妊娠継続できている人や出産できた人達のブログを読みました。

検査してみよう、そう思ったのもこの時期でした。
ブログを作ったのは悲しい思いを綴るというより
これからの検査や治療などを記録できれば、という思いでした。

その後ネットで見ていくうちに有名な先生が名古屋にいることを知り
初診は1年待ちという事実も知ってがっかりしましたが
総合病院から個人でクリニックを開業されるということも知り
すがる思いで予約を入れました。

開院前だったので初診は5ヶ月ほど先の話でした。

それでも1年待ちが5ヶ月待ちに縮んだことはラッキーだと思えたし
やっぱり体の周期が戻るのに2~3周期はかかっていたので
今思えばよかったのかもしれませんが
その当時は次にトライすることもできない中途半端な状態に
時折もどかしい気持ちや焦る気持ちになったこともありました。

そして今年の6月に初診、検査。
7月には結果も出て要因かもしれない項目も見つかりました。

これで大丈夫、次に向かえる。
新しい区切りと新しい気持ちになったことを覚えています。

その2ヵ月後、ありがたいことに妊娠をしました。
専門病院に通っている、治療も決まっているし今度は大丈夫、
心配する気持ちの中にも「今度は大丈夫」という気持ちもありました。

だけどまた残念な結果になってしまいました。

幸い、自然流産だったためすぐ次に向かっていいということで
何もできないもどかしい時期というのはなく
また新しい周期を過ごしています。

ブログを始めてこの1年の間にめまぐるしくいろいろ変化がありました。
1番大きいのはやっぱり専門病院に行ったこと。
検査をしたということは大きな一歩になりました。

何だかブログ1周年のまとめを書くつもりが
だらだらと思っていることを書いてしまいました。

先日、今回の流産も知っているチームメイトに練習で会った時
「みぃちゃんは強いね」と言われました。
体が丈夫という意味でもあるでしょうし、
もう次を向いているということで精神的にも強いという意味だと思います。

私のよき理解者なので全く嫌な気はしなかったし
スムーズに妊娠出産をしてきた人にはそう見えるのかもしれません。

でもね、自分が次を向かないことには始まらないんだもん。
待ってたって何も変わらないんだもん。
望むなら止まってるわけにはいかないんだもん。

だから私は次に向かって進んでます。

こうやって頑張りすぎる気持ちが強いから
時々胸が苦しくなったりするということも最近になってわかりました。
自分の気持ちに正直に進んでいけたらいいのかな。

***********************:

体調はすっかり戻りました。
食欲も戻って、食べ物が美味しい(笑)
冬に向かって脂肪を蓄えてしまいそうなので気をつけなくちゃいけません。

更新が少なかったり、突然思ったことをだらだらと書くような日記だったり
また、皆さんのブログにもお邪魔せず不義理を働いている私ですが
これからも温かく見守って頂けたら嬉しいです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


胸のつかえ

少し前から体調があまりよくなくて、一昨日あたりは絶不調でした。

風邪というわけでもなくて、
先週の中ごろからふと気が付くと胸が詰まったような感じ。
食べ物が詰まってる気がするので、水を飲んでみても
水さえも何か詰まる感じがしていました。
あと、寒い中を急に走ってゼェゼェして胸が痛いというのにも似てたり。
もちろん走ってもないし、家で寝てても不快感があって。

風邪をひいていないつもりだけど気管支炎かな?
喉が弱いから何かばい菌が入っちゃって炎症とか?
でも胃腸系な感じもするし・・・胃カメラ飲んだ方がいいのかな?

原因がわからないのが一番不安なので(だから病院嫌いじゃない私)
どこかで診てもらおうと思ったのですが
思い出してみると確か1年半くらい前にも同じようなことがありました。

その時も水を飲んでも何か詰まる感じ。

ネットで症状を検索してみると、ほぼ逆流性食道炎に近く思えたので
かかりつけの胃腸科へ胃カメラを飲みに行きました。

※逆流性食道炎とは胃液が食道へ逆流してきて、
食道の粘膜がただれてしまうもの、だそうです。
症状としては胸焼け、のどの違和感、咳・気管支炎など

(ネットより拾い読み)

食道炎だと思い込んでいたのですが、胃カメラの結果は異常なし。
荒れてる箇所も特になかったので胃薬・整腸剤をもらって帰りました。
それでも症状が変わらず、気になってしまって再度胃腸科へ。

レントゲンやエコーもしてもらっても異常なし。
すると先生から出た言葉は

「ストレスとか悩み事とかないですか?」

そう言って、安定剤のような薬をもらった覚えがあります。

その時は「症状が引かないから来ているのに精神論で片付けるの?」と
信頼していた先生だけに、余計にちょっとショックを受けて帰ってきました。

で、その症状自体は・・・やっぱりしばらくしたら治ったんですよね。

今回もあまりの胸の詰まり感に胃カメラを飲みに行こうかと思いましたが
7月に定期健診で受けたばかりだし、
行ったところで異常はなくて、もしかしたら前回のように
「精神的なもの」と言われるかもしれないし、と様子見することにしました。

またちょっとネットで調べてみたのですが、
逆流性食道炎かも・・・という人で胃カメラ検査の異常がない場合は
軽い安定剤が出されるのが次の手として当たり前のようでした。
(先生、ちょっと疑ってごめんなさい)

確かに、何かに集中してたりすると症状は感じないんです。
痛いんだけど他ごとをやってると忘れるってことは酷くないですよね。

一昨日は昼食を家で1人で食べてる時に急に気分が悪くなって
ちょっとパニックになりかけてしまいました。
以前過呼吸で倒れた時のことが一瞬にしてよみがえってきて・・・
慌てて食べるのをやめ、メイラックスを飲んで横になりました。

気持ち悪くて吐きそう・・・ということが妊娠しても皆無な体質なので
吐き気というのに慣れていなくて余計に焦ってしまいました。

何とかやり過ごしたら大丈夫になってきて
後は気分悪いなー、体調悪いなーと言いながら家族の分の夕食を作り。
作ったり動けてるだけ酷くないってことなんですけど。

その夜、本当は体調がすぐれないんだから寝た方がいいんだろうと思いつつ
夫とテレビを見ながらいろんなこと喋って、
全然大した話じゃないけど、思いつくままにいろいろ喋ってから寝ました。

翌朝起きてみると胸の詰まり感が減ってる・・

恐る恐る水を飲んでみると、これまた普通に通っていきます。
実は詰まり感が始まってからは食欲が減退していて
あまりちゃんと食べれていなかったんです。
でも昨日から、量はまだ少なめですが普通に食べれるようになりました。

お腹がキュルキュルとしてるので消化不良な感じはまだしますし
すっかり回復!というわけではないですが
胸の詰まりが解消されたのは気持ち的にもラクになりました。

先月中から妊娠、通院、流産と目まぐるしく続き
その他にもいろいろ気掛かりなことや考えなきゃいけないこともあって
自分ではそんなにダメージは受けてないと思っていたけれど
知らず知らずに溜め込んでしまっていたのかもしれません。

夫とおしゃべりして吐き出した以外に、
今週はじめに実家に頼みごとがあって電話をして
こういう時しか電話をしないなんて親不孝だなと思ったのですが
父が「まだ頼ってもらえるというのは親としては嬉しいもんだ」と
言うのを聞いて、電話口で号泣してしまいました。

泣くと心の中に溜まったものが出ていってくれるのかもしれませんね。
その父の言葉を夫に伝えた時もまた涙が出て
悲しい涙じゃなくて・・うまく言えないけど久しぶりに泣きました。

心配事や悩み事が解決すると、胸のつかえが取れたって言いますが
例え話じゃなくて身体的にもそういうことがあるのかもしれません。
まだ本調子じゃないけど、少しずつ戻っていくような気がしています。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

普段通り

元気です。

出血も3日ほど前に止まりました。
考えたら出血したのが先週の土曜だったので
まだ1週間しかたっていないのですが
もうずいぶんと前のことのようにも感じます。

出血は6日間ほど続きました。
量も日に日に減っていって長めな生理のようでした。

これで新しい周期の始まりです。
基礎体温も計るの再開しました。
妊娠がわかってからは病院で計らなくていいと言われて止めてたので
うっかり計り忘れもありますが、またすぐに日課になるでしょう。

高温期になったらバイアスピリンもまた飲み始めます。
実を言うと妊娠してずっと飲み続けることになるんだからというのと
1日おきだから忘れないようにと、いつまでの分があるかわかるようにと
マジックで薬1つずつに(もちろん外からですが)日にちを書いてしまいました。
これから飲む時に見るとちょっと情けなくもなりますが
また1日おき、忘れないように飲んでいこうと思います。

気が付けば11月。
年賀状もネットで注文して(郵便局も便利になりましたね)
おせちやクリスマスのことも考えなきゃ、そんな季節になりました。

作りたい物もあるし、やりたいこともあるし
こういう時はつい突っ走りだしたくなるけれど
時間は逃げやしないんだし、気持ちや時間に無理することなく
やれる時にやりたいことをやろうかなと思ってます。

あと1ヶ月くらいすると年賀状作りに追われてると思いますが(笑)

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。