プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女の決断

少し前、知人からメールがありました。
彼女は私が流産した後に2人目の妊娠報告をしてきた人。(1/18の日記1/25の日記

「紹介したい人がいるんですけどお時間ありませんか?」

そんなメールでした。
彼女はきっと妊娠6ヶ月か7ヶ月になってるだろうし、会って何を話せばいいんだろう。
心がザワザワしました。
それにあまり親密でもない人から突然「紹介したい人が…」なんて言うと
○○商法や何かの販売??と思わず身構えてしまいます。
(若かりし頃、友人に宝石を売りつける会に連れて行かれた経験アリ。もちろん断りましたが)

ちょうど今月中旬までは非常に忙しい時期だったし、どちらにしても会えないと思い
「ごめんね、時間が取れなくて」とだけ返信をしました。

そしてまたすぐ届いた彼女からのメールには、会えなくて残念だけど、
紹介したかったのは春に生まれた2人目のことだと書いてありました。

春に生まれた??
妊娠の話を聞いたのは1月のことだったのに??
まだ妊娠6ヶ月や7ヶ月じゃないの?早産にしても早すぎない?どういうこと?

読み進めると書いてありました。
彼女は子供が産めなくて、実は1人目も養子なのだと。

幼稚園の送迎でよく会っていて、ママに似た目をしたかわいい子でした。
ママ似だよね~、なんて他の人も交えて話してたこともあります。
そんな事情があったなんて全く知りませんでした。

私から幼稚園の係の後任を頼まれたのに嘘をついて断ってしまったことを
直接会ってお詫びをしたかったと書いてありました。
そろそろ陽気もよくなって2人目を連れて上の子の幼稚園の送迎に行こうと思うので
他の人から私の耳に入る前に自分で話したかった、ということでした。

本当にハンマーで頭を殴られたような気持ちがしました。

私は彼女の妊娠を聞いた時の日記に
きっとどうせ普通に育って普通に生まれてくるに決まってる
なんて書いていました。
自分がまわりから元気そうだと決め付けられて辛いって思っていながら
私だって他の人のことを上辺のイメージだけで決め付けてた。

私も返事を書きました。

ほとんどの人には言っていないけれど、昨年11月に流産したこと
腰痛と嘘ついてバレーボールの練習を休んで、私もみんなに嘘をついていたこと
幼稚園で一緒だった子は3度目の妊娠で生まれたこと、
あなたの妊娠を聞いた時、自分ではだいぶ落ち着いたと思っていたけれど
やっぱり落ち込んだし家に帰って泣いてしまったこと、
人を羨んでも仕方ないとわかっていても、妊娠したという話はまだ辛い頃だったこと

それから、聞いた以降の私はきっと素っ気ない態度をしていたかと思うけど
それは係の後任を断られたことで気を悪くしているからではなくて
本当に個人的な感情だったということ、

私はちっとも良い人間ではないし、出来た人間でもないこと
正直幼稚園で顔を合わせるのも辛かったこと、
だから他の人みたいに「体調はどう?」なんて聞くことができなかったこと
私は心の狭い人間なんだということ

今回忙しいのは本当ではあるけど、
でも会える自信がなくて返事を迷ったのも正直な気持ちだったということ、
妊婦さんや赤ちゃんを見るのが辛い…というほどではないけれど、
予定日が近い人というのはどうしても自分の中で過敏になってしまっていること、


正直に私も書きました。そして私も心から詫びました。

だけど自分の中でモヤモヤしていることがあったんです。
うまく言えないけど、ホッとするようなそんなズルイ気持ち。

彼女の話を聞いて、彼女と2人目の赤ちゃんに会えそうだと思う自分は
何て嫌な人間なんだろうと思いました。
本当に彼女の子供だったら?
きっと会ってもいいかな…なんて思わないはず。

このことも正直に彼女に伝えました。

あなたの話を聞いて、会えそうだと思う私は本当に嫌な人間だということ

本当に私は狭い人間です。

彼女はまた返事をくれました。
自分は望みがないから諦めるしかないけど、望みがあるのに…というのは辛いですね、
と私を気遣ってくれました。
どちらが辛いなんて比べることじゃないけど、でも彼女の苦労は私には計り知れません。

幼稚園でも彼女が妊娠したというのは周知の事実でした。(本人もそう報告していたし)
そしてお腹が大きくならないまま、早い時期に赤ちゃんを連れていれば質問もされるでしょう。
隠すつもりはないのだと思うけれど、そうしたら上の子のこともわかってしまう。
みんながみんな好意的に捉えてくれるとは限らないし偏見も避けられないかもしれない、
きっと中には悪意はなくても天然で傷つけてくる人だっているかもしれない

計り知れないほどの決意と意志で彼女はここまできて、
そして2人目のことも決断したのだと思うと、何と言葉をかけていいかわかりませんでした。
頑張って、というのも薄っぺらい気がして。

でも本当に辛い経験をした人って、優しいんですよね。
私が何も言葉をかけられないのに彼女は私のことをたくさん励ましてくれました。
話して気が紛れるなら私聞きますからね、と。
強さは優しさになるのですね。

彼女は周りから「つわりはどう~?」とか「どこの病院に通ってるの~?」とか
世間話的に聞かれるのが辛かったそうです。
それはみんなに嘘をついていて申し訳ない気持ちで、という意味だそうですが
私は彼女に会っても軽く挨拶やお天気の話くらいで済ませていたので
正直助かった、と今になって言われました。
私は私で他の妊娠している人に聞けることがないだけだったのですが
結果的には彼女を苦しめることにはならなくて、それだけは救いだったなと思いました。

前の日記に私こんなこと書いてました。

笑って楽しそうな人が、必ずしも丸ごと楽しい生活を送ってるわけじゃありません。
表だってあれば裏もあります。
笑ってるから平気、そんなわけありません。
元気そうだから元気、そんなわけもありません。


本当にそうでした。
みんな頑張ってる、みんな自分を頑張ってる。
私も頑張るよ、自分のことを頑張るよ

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

スポンサーサイト

自主的検診の予約

今日はあちこち電話して
胃カメラと大腸カメラと乳がん検診の予約をしました。

胃カメラと大腸カメラは毎年同じところでやっています。
というのも以前大腸ポリープが見つかったので。
でも「毎年やってもいいな」と思わせてくれる病院と先生に出会えていたのも大きいです。

数年前のことですが、最初は便に血が付いているのが気になって近所の総合病院へ行きました。
血が付いているって言ってるのに、まずは潜血反応検査(つまり検便)
いやいや、それも私からお願いしてようやく…ってくらいで
「整腸剤出しておきますから~」で済まされそうになったほどでした。
父親が大腸がんをやっているので、と言うとようやく聞いてくれたようなものでした。
(ちなみに父は術後15年の今でも元気です)

検便の結果は「陽性ですね」って…血が混じってるから受診してるわけで。
ようやく大腸カメラまで辿り着いたら今度は検査が最悪。
実は結婚したての頃に十二指腸潰瘍で入院して大腸検査もやったことあったので
だいたいは分かっていましたが、それでも最悪でした。
麻酔はしないし、とにかく痛いし、
「痛い痛い」と言っていると看護婦が野次馬で来て見てるし(本当に見てるだけ)
挙句に「ポリープあるから取った方がいいよ」で終わり。

へ?ポリープあったら今の内視鏡で取れるじゃん…
また同じ苦痛を味わえと???

もうダメで、ポリープを取ってくれる病院をネットで探しました。
少しくらい遠くてもいいと思って、今の病院を見つけました。
私と同世代くらいの若い先生ですが、でもすごく優しくて
検査の前には「頑張りましょうね」と声をかけてくれて
終わった後に結果を聞くのに診察室に入るとまず「お疲れ様でした」と言ってくれて
やっぱりそういうのって大切だと思うんですよね。

検査自体もすごく快適(おかしい?)で
大腸カメラはまず2リットルの下剤を飲んでお腹の中を出しきってしまうのですが
普通は処方された下剤を検査日の朝に自宅で水に溶いて飲んで、
自宅のトイレにこもってお腹の中を出し切るのが多い中
私の行っている病院は、病院に着いてから2リットルの下剤を飲むんです。
しかも上の階のソファスペースでテレビ見たり雑誌読んだりしながら。
数人で飲んでる姿はちょっと違和感かもしれませんが(笑)

電車乗り継いで遠くから行く身としては、その点も選ぶポイントになりました。
それに何より下剤がおいしい(笑)
いやいや、これも多分種類があって、結構おいしいやつを使ってると思います。
ポカリスエットみたいなんです。コツは冷えてる間にグビグビ飲むこと。
なんせ7時以降は水分禁止の状態で電車乗り継いで行きますから
到着したら喉がカラカラなんです。下剤でも何でもくれって感じで(笑)

検査は麻酔をしてくれて、私はよく効くみたいなので打たれたら即効効いて
先生が入ってきた頃にはムニャムニャ状態です。
終わって起こされるほどで、そのまま別室のベッドで寝かせてもらいます。
おじさんとかイビキかいて寝てるほど、みんな爆睡です。

こんな感じなのに、結果を聞きに先生に会うと「お疲れさまでしたね」なんて
私より先生の方がお疲れでしょうに…なんて思ってしまいます。

というわけで、これなら毎年やってもいいな、と続けることができています。
本当に良い病院に巡り合うというのは人生の宝の1つなんだろうなと思います。

胃カメラはこの病院を知った後に、ちょっと胃もたれが気になって受けました。
こちらも非常に快適で(やっぱりおかしい?)、それ以降毎年受けています。
私は鼻炎持ちなのでやっていませんが、鼻からの極細カメラもあるそうです。
口からの場合は麻酔も選択できるので私はお願いしていますが
やっぱりよく効いて、口を開けた覚えもないほどで終わってしまいます。
最近はビールを飲むようになったので今度は麻酔の効きもどうなりますやら…(苦笑)

もし愛知県の方で胃カメラ・大腸カメラの病院をお探しの方がいましたら
メールください。お教えします。

****************

それから今日は乳がん検診できる病院も探して予約しました。

10年くらい前に胸の張りが気になってマンモをやったことがありますが、それっきり。
市の無料検診車もあるみたいですが、申し込みが数ヶ月前にあるので
妊娠希望の身としては申し込まないまま過ぎてしまっています。
今回もまず市役所に問い合わせてみましたが、申し込みはまだ先らしいので
自主的にやっておくことにしました。

近くの総合病院に聞いてみると、外科でやってるとのこと。
まぁ以前の時も市民病院の産婦人科に行って、検査は外科に回されたので
そういうものだとは思いますが、マンモだし気を使ってくれるところがいいなと思い保留。
それに予約もできず、普通に外科の初診に来て下さいっていうのもちょっと…。

考えを切り替えてネットで検診センターみたいなのを探してみました。
電車に乗ってちょっとあるけど、街中の検診センターを見つけ問い合わせると
とても感じもよく、予約もできるのでお願いすることにしました。
結果も後日送付というので助かります。
(これが近所の普通の外科だったら後日聞きに来て、ってなるでしょうし)

お値段は8400円だそう。
高いのか安いのかわかりませんが、検査と思えばこんなもんかな。
胃カメラも大腸カメラもこれくらいはしますし。
(ちなみに大腸ポリープ切除だと3万円弱くらいですが、医療保険の手術給付金が出ます)

胃腸系カメラも乳がん検診もどちらも専門クリニックです。
以前から思っていることですが、やっぱり「餅は餅屋」だと思うんです。

まわりからは「わざわざそんなとこまで?」なんて驚かれますけど
近くで嫌な思いをするくらいなら、少しくらい遠くても良い病院の方がいいなって。
それに毎日毎週行くわけでもないですしね。

そんなわけで7月と8月は自主的検査月間になりそうです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

新しい病院にて(つづき)

この間は病院での診察のことを書きましたが
書き漏らしていたので忘れないうちに。
※あくまでも私の解釈で書いていますので、その点を先にご了承下さいm(__)m



流産の原因、確率などの話はところどころに出てきましたが
その中で「何かをやったから流産するってことはない」というお話もありました。

何だったかな、何かの話の流れで言われたもので、
不育専門なのに矛盾してるかと感じる人がいるかもしれないけど
私もそう思っているので聞き返して確認してしまいました。
(以前の日記「そうそうしない」で書いたことがあります)

自転車乗ったから…とか、仕事してたから…というのは関係ない
スポーツしたりお酒飲んだり普通に過ごしてていい、というようなお返事でした。

だって実際にそうやっても生まれてる人はたくさんいるんですもんね。
その人達がたまたま運がよかったのか?ということではなくて
つまりは「後は体の要因の問題」ということなんだろうなと私は解釈しました。

もちろん自転車は危険です。
歩いてるよりは転ぶ確率も高いし、転んだ時にはやっぱりお腹によくないと思います。
だから先生の言う「自転車乗っても」というのは転ばずにチャリチャリ漕いでることを言ってて
自転車や車に乗ってたくらいの振動は関係ない、ということなんだろうなと思いました。
仕事も同じで、立ってたから、重たい物を持ってたからというのも
それこそ2人目、3人目の人は子供を抱えてたりしますもんね。
お酒も急性アルコール中毒になるほどの深酒を毎日して常に酩酊状態…っていうのじゃなくて
いつも飲んでる程度なら構わないということだと思います。

その後の助産師さんとのお話でもこの話は出て
私はバレーボールをやっているので、前回妊娠して休んだら妊娠の噂が流れて
それがすごく気を使って嫌だったことやこの次も気になるということを言いました。
そうしたらスポーツも別にやっていいんですよ、とここでも言われました。
テニスやジョギングも今まで続けてるなら無理にやめなくてもいいみたいです。

ただし、それをすることで「大丈夫なのかな…」と心配事が増えたり
体調のことを「あの時にスポーツしたからだ…」と思い詰めてしまうのなら話は別だそうで
体を動かすのが好きな人がスポーツをやめてストレスが溜まるのはかえってよくないから
それまで通り動けるなら動いて構わないという意味合いのようです。
だから心配事の種が増えるような場合はいっそやらない方がいいのかな、と。

私は体を動かすのはもちろん好きですが(週に2~4回バレーボールやってます・笑)
妊娠してお休みするのは全然苦にならないんです。喜ばしいことですから。
そりゃ長いこと休んでいたら「ちぇっ…」となる時があるかもしれないけど
ストレスが溜まるほどでもないだろうなぁ。代わりにマタニティスイミングでも行けばいいんだし。

それよりも、休んだことでまわりからどう見られるか、が一番気がかりかもしれません。
助産師さんにもそんな事情を話すと、「だったら無理に休まなくても」というお返事でした。
ガンガンに突っ込んでのレシーブはさすがにできない(やらない)けど
軽いパスやサーブくらいならできるんじゃ?という気になってきました。

運動すること自体が原因とはなりにくいというのが基礎にあって
だから一番肝心なのは「ストレス」だということみたいです。
好きなことを中断する・お休みする・できなくなる、というストレスと
心配しながら(運動や飲酒を)やるストレス、どちらの方が小さく済むか、
そうやってストレスを可能な限り増やさないことを考えていくんだなというのがわかりました。
自分はどうした方がまだストレスが溜まりにくいのか、
夫や助産師さんとも相談しながら取捨選択していけたら、と思います。

********************

お笑い芸人さんが流産を告白されていました。
中にはきっと「仕事してたからだ」って言う人もいると思います。(うちの母も言いそう)
でも上に書いたように私は思っているので
「○○してたからだ」って決め付けないであげて欲しいなと勝手ながら思いました。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

お知らせ

ブログをお引越ししました。(私の名前もちょこっとだけ変えました)
ここのブログはお引越し機能があると見かけたので飛びついたのですが
よくよく読んでみたら私が利用していたところは対象外。
ヤプログやアメブロ、mixiなどからは手軽にお引越しできるようです。

開設して半年ちょっとで記事数もそんなにたくさんあるわけでもないので
1つずつコピーしてこちらへ移しました。
皆さんから頂いたコメントもコピーしようかと思ってみたりしたのですが
他の人が書いてくれたコメントをコピペしてまで…と思われるかなと思ったり。
それでまだお返事を書いていない分だけコピーさせて頂きました。

他の方からのコメントは今までの記事と一緒にまた読み直させて頂きました。
改めて嬉しくなりました。ありがとうございました。

書いた日記を移動させながら読んで、その時のことを思い出したりもしました。
捨てられない性格ということもありますが、
やっぱり書いたものを消すということはできなかったです。
その時に書いたものは、その時にしか書けないものだから。

ブログを始めた時は手術した直後でした。
いろんな事を調べてブログに書くことで自分を保っていたところがあったかもしれません。
1日に何個も記事をアップしていましたから。
検査結果を聞きに行ったのは仕事納めの翌日、すごく年末だったんだなぁ。
揺れ動く気持ち、新しい病院の予約日がまだまだ先に感じていた頃、
読み返していろいろ思い出しました。

お引越しのきっかけはちょっとしたことがあったからなのですが、それはさておいて
私にとっても良い機会だったな、ちょうどよかったのかも、なんて思っています。
前のブログはタイトルからして身構えてたなぁって思うし(笑)

なので今回は自分らしからぬ柔らかいイメージにしてみました。
何に対してもすぐファイティングポーズをして身構えてしまう性質なのですが
これからはゆるく、右から左に受け流す(古い)ような毎日を送りたいです。
気負わず、無理に上や前を見ることもせず、普通に、普通に。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

新しい病院へ

青木産婦人科クリニックへ行ってきました。
2月に予約のための電話を先生から直接頂いた時に
私の場合、染色体検査は済んでいるので
今回は夫婦一緒じゃなくてもいいですと言われていたのですが
ありがたいことに夫が休みだったので2人で行くことができました。

余裕をもって行ったので予約の20分くらい前に到着。
最初の問診表と性格診断を記入して待ちました。
こじんまりとしていて、待っているのは私達だけ。
到着した時もお会計待ちの人と診察待ちの人が1人ずついるだけでしたし
本当に完全予約制という感じでした。

ほぼ時間通りに呼ばれ夫と一緒に診察室へ。

まず基礎体温のチェック。
と言っても「付けてるかなぁ?持ってる?」のような感じで
3周期は付けて持ってこないと!のような厳しさではありませんでした。

4~6月分の基礎体温表を見てもらうと、順調だね~とのこと。
素人目に見ると少しガタついてるかな?と思う部分もあるのですが
高温期と低温期もきれいに分かれているとのことで太鼓判をもらいました。

次に持参した紹介状の内容を見ながら、私が受けた検査の話。

夫婦の染色体検査は異常なし、そして前回の胎児の検査も異常なし。
ということは何か原因があったってことだよね、と言われました。
胎児の染色体異常ならその時までの寿命を全うしたことになるけど
そうじゃなかったんだもんね、と。
こんなふうに言われるとショックに思う人もいるかもしれないけど
私もまさに同感なので、そうですそうです、そう思いますと頷いていました。
だから検査してハッキリさせたいんです、と言葉に出して言いました。

その他の済ませてある検査の結果のこと(数値は私の検査結果です)

●抗核抗体…40倍

擬陽性(グレーゾーン)であるので、うちでは治療の対象と見ます、とのこと。
グレーは対処するという方針はこの後もお話に出てきました。

●ループスアンチコアグラント…1.09

内科的な基準値から見ればギリギリでセーフだけど、不育症として見ると陽性。
いろんな病院や先生で陽性とする数値が違うとネットでも見ていましたが
「基準をどこに置くか」で違うんだということも分かりました。
これは抗リン脂質抗体についての検査ですが、まだやっていない
「抗PE抗体・IgG」と「抗PS・プロトロンビン抗体」を検査することになりました。

●NK細胞活性…53

高いので妊娠を考える段階になったらピシバニールやろうね、と言われました。
私はこれを望んでここに来たようなものなので願ったり叶ったりです、と答えました。
今日やってこっか、くらいの勢いでしたが、先生が「検査まだだったね(笑)」と気づいて
次回検査結果を聞きに来た時に打ってもらうことになりそうです。
(お値段を後で助産師さんに聞きましたが、1回21000円とのこと)

*******************

あとは一覧表にまとめられている不育症の検査の紙を見ながらの説明で
県内に住んでることもあって、検査は一度に受けるか尋ねられましたが
済ませれるものはいっぺんに済ませたいということでお願いしました。

検査の話は、それでどういうことが分かるのか、妊娠初期にはこんな作用があって
こういう影響があるから防ぐために調べておいた方がいいとか
図をとっかえひっかえしながら見せて説明をしてくれました。

子宮形態や子宮内についての検査は1人子供がいるのでパスになりました。
ただ、何週でどれくらいの大きさで生まれたかというのはチェックしていましたので
出産経験があるからもれなく除外というわけでもないようでした。

そうして検査してもらう項目は以下のものになりました。

【プロラクチン系】
下垂体前葉負荷

【甲状腺系】
遊離サイロキシン(FT4)、甲状腺刺激ホルモン、
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体、抗サイログロブリン抗体

【凝固系】
活性化部分トロンボプラスチン時間、プロテインC活性、第12凝固因子
(※プロテインS活性は、プロテインC活性の結果を見てから考えるのでパス)

【血小板数】
抹消血液一般

【代謝系】
コレステロール・中性脂肪

コレステロールなどはどうするか聞かれたのですが
勤めてない状態でずっと健康診断も受けていないのでお願いしました。
働いていた頃は会社でやってくれていましたが
主婦になると途端に健康診断とは無縁になりますもんね…

**************

先生とのお話は30分ほど。
夫は後から「すごく話が分かりやすい」と言っていました。
難しい話が苦手な人なので、分かったのかな~と思っていましたが
図解説を交えて分かりやすく話してもらったおかげです。

先生とのお話が済んだらそのまま別室で助産師さんとお話しました。
ここでも30分ほど。
普段思ってること、さっきの診察で思ったこと、いろいろお話しました。
NKが高いのも自覚があること、それから流産した直前の出来事(2月26日の日記)も。
どうして闘っちゃうんだろうなぁ…なんて話をしました。

助産師さんは私が不安になってないか気遣ってくれている気がしたので
全然逆で、やっと検査でハッキリするかと思うと嬉しいと伝えました。
よく体調が悪いのに「病気だったら怖いから病院行かない」って人がいるけど
そういう考えが私には信じられない、って。
病気だったら対処すればいいんだし、対処できるかどうかだって
とにかく調べてみないとわからないのに、と私は思うので。
闇雲に心配するより、分かっていることを心配したい、そんな事も言いました。

そんな話で私の性格をすぐに見抜いてくれたみたいで
「妊娠したらどうやってやり過ごすか、前もって一緒に考えておきましょうね」
ということも言ってくれました。
薬だけじゃなくて、心構えというか、ストレスを溜めず、
私のようにNKが高い場合はNKを上げずに過ごすには…ということも
フォローしてくれるようで、それはとても心強く感じました。

もらった用紙の治療の中に「精神療法(認知行動、カウンセリング、薬物)」とあり
認知行動というのがこの「どうやって過ごすか前もって考えておく」なのかな、と
帰ってきてから思いました。

私は闇雲に不安になって落ち込んだりするわけではなく
逆に上手に立ち回ろうと画策してNK値を上げてしまうようなので
前もって(助産婦さん曰く、妊娠前に)用意しておけばいいということなのでしょう。
薬や話を聞いてもらうだけでなく、ここまで手伝ってもらえたらと思うと心強いです。

話が終わると私だけ処置室へ入り採血。まず3本抜きました。
それからプロラクチン検査で負荷テストのため何か(すみません)を注射して
体に入れて15分後にまた1本抜きました。

さてお会計になって、他の方のブログで見てはいたけれど自分も高かった…

52,000円なり。

染色体検査やNK細胞活性(どちらも8000円)もやっていたら+24000円だから
70000円近くになっていたわけですね。

恥ずかしながら実は手持ちのお金が若干足りず…
こんな時に限ってキャッシュカードも持っていなくて(普段もあまり持ち歩かない)
結局足りない分は次回にお持ちすることになりました。情けない…

このやり取りをしている時に助産師さんがたまたま受付に入ってきて
「お金が足りなかったです(汗)」と私が言うと
「気にしない気にしない!NK上がっちゃうよ~(笑顔)」と言ってくれて
こうやって私自身の言動や行動を調整していってくれるのかなと思いました。
こんな時にNK値が上がるんだ、と自分で自覚するのとしないのでは違うだろうし
知るということは大事なことだと思うので。

次回には最初に受けた心理テストみたいなのの結果も出るので
先生も言っていましたが、次回はそういう内面的な話も出そうです。
今回は初回ということで検査や不育症とは、というお話が軸でした。
ネットで私もいろいろ見聞きしてきましたが、実際に直接話を聞くことができたこと、
何より夫も一緒に同じ話を聞けたことはとてもよかったです。

これでスタートラインに立つ準備ができました。
子作りを始めるのがスタートだとしたら、そこまでもう一歩のところにきました。
検査結果を聞きに行くのは1ヵ月後です。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

紹介状を書いてもらいました

もうすぐ青木産婦人科クリニックの予約が近づいてきたので
昨年流産手術と、その後の検査(2007年12月29日の日記)をしてもらった病院へ
紹介状を書いてもらいに行ってきました。あれから5ヶ月が経ったんですね。

先生からは「お久しぶりー。で、どうすることにした?」と聞かれ
前も話した青木先生のところへ行こうと思って予約をしてあることを伝えました。
その場でカルテを見ながら紹介状を書いてくれるので待っていると
めくったカルテにエコーの写真が見えました。

私はこないだの妊娠の時のエコー写真を持っていません。
検診で行っていたのは別の総合病院で、初診の時にもらえず
次の検診で流産が確定してしまったので。
今日行った流産手術をしてもらった病院も、確定してから手術だけをお願いしたので
カルテに貼ってあったそのエコー写真は手術直前の最終確認のためのもの。

もちろん忘れているわけではないけれど、
自分の中では夢だったのかと思うような、言葉では言い表せない期間だったので
改めて写真を目にして一瞬その時に引き戻されたような感覚がありました。

不妊専門の先生なので「年齢も年齢だしね…」なんて言われましたが
「いやいやまだまだ頑張りますよー、妊娠したら検診に来ますから♪」と言って
紹介状を頂いて帰ってきました。

次はいよいよ青木クリニックへ行ってきます。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

手作りイベント

日曜日にクリエイターズマーケットというイベントに出展してきました。
自分が手を加えた物であればプロ・アマを問わずに参加できるイベントで、
私は布のバッグや小物を作っていて、昨年の夏に続いて2回目の参加でした。



お店屋さんごっこみたいです。というより、リアルお店屋さんですね(笑)





実はネットショップとオークションで売ったりしています。(ほそぼそと、ですが)
でもイベントに出すとなると、それなりの数を用意したいのでここ1ヶ月くらいは相当必死でした。
明け方まで作業してリビングで2~3時間寝る、というのが続いたり
ミシンをかけながら一瞬記憶が飛ぶなんてことも初めてでした(汗)

1年前の初参加は、申し込みをしていた友達が思いのほか数が作れなさそうなので
よかったら一緒に出さない?と誘ってくれて、配置など考えるのもほとんど友達まかせでしたが
今回は初めて自分だけで出したので(その友達は今回は不参加)、
作る以外に準備もあって本当に最後の1週間はものすごいことになってました。
なので電子レンジが壊れようとも調べるどころか買いに行く時間さえ惜しいほどで…
申し込みは春先だったので、この3ヶ月間でコツコツやっておけばよかったんですけどね(汗)

でもイベントではたくさん売れて、直接買って下さるお客様の様子も見れて
疲れるどころか今までの疲れも吹っ飛ぶくらいの気持ちになりました。
実は時々どういう感じのを作ったらいいのかな…と考えることもあるのですが
あれこれ考えず、奇をてらわず、自分が持ちたいと思う物を作っていけばいいんだなと
改めて思い直すことができた貴重な機会になりました。

というのも、一番最初に作り出したきっかけは自分の欲しい物が見つからなかったから。

普通の斜め掛けのショルダーバッグが欲しくて探したのですが全然見つからず。
お店を見て回っても全然かすりもしないし、オークションを見てみてもやっぱり見つからない。
オークションではちょっと惜しい…という物はハンドメイド品はいくつかありましたが、
「このレースがなければ…」とか「形はいいけど布が…」とか結局気に入る物が見つからず。
それなら自分で作ってみようと思ったのが始まりでした。

自分で使っていると友達から聞かれ、手作りだと答えると
サイズ違いや違う布で頼まれるようになり、お代を頂いて作るようになりました。
「お友達からお金を取るなんて」という感じ方も広い世の中にはあるだろうとは思いますが
私のまわりの人達は「次に頼みにくくなるからちゃんと手間賃を取ってね」という人ばかりで
特に一番最初に頼んでくれた人(今では私のお得意様)は
「作ってて嫌にならないように、次も作りたいなとみーちゃんが思える値段を取ってね」と
何度も言ってくれて、そのおかげで次に作るのも嫌になりませんでした(感謝)

その友達がまたバッグを使っているうちに他の人にも広めてくれて
知らない人(友達の友達とか、友達の姉妹さんとか)からも頼まれるようになりました。
みんな自分とおんなじで、欲しい物があるのに案外見つかってないんだなぁ…と思いました。

私の作っているのは本当にシンプルな物で、何の工夫も飾りもない単純な物なのですが
でもお店に並んでいるのは、デザインが凝っていたり、いろんな飾りを施してあったりして
「普通の」が意外とないんですよね。
普通のシンプルな、と言ったって無印良品までいくと困るのでその手前くらいで(笑)、
形は普通だけど布はちょっとかわいい、くらいのが欲しかったんです。

それからは自分や家族用にバッグ、ポーチ、キーケースにデジカメケース、
バレーの体育館シューズ入れ…今まで我慢してたのを晴らすかのように作りまくり
それを見た人が注文してくれて作り、またその人が持ってるのを見た人が注文してくれて作り
そんな感じでやってきました。

そこへ新たなきっかけをくれたのが上にも書いた昨年のイベントに誘われたことでした。
それまでは頼まれてサイズも布も選んでもらってのオーダーだったのが
今度は逆だし、バッグばかりじゃなくて手頃な小物も用意しなくちゃいけないし。
その時も前日はほぼ徹夜という悲惨な状況でしたが(つまり学習能力ナシですね…苦笑)
やっぱりたくさんの人が見てくれるという初めての機会でしたし
それこそ一見のお客さんに買ってもらうのも初めてで、また違う楽しさを知りました。

その後からオーダーだけじゃなくて先に作った物も売るようになり
オークションにも出すようになりました。

でもちょっと考えていたんです。
特にオークションに出すようになってから、自分のってどうなのかなって。
今の流行とも多分違うし、何か凝った感じでもないし、有名な布を使ってるわけでもないし
もっとリボンとかボタンとか飾りを入れたりした方がいいんだろうかなぁ、なんて。
ちょっと迷ったりしてました。

だけど今回イベントに参加してみてスッキリしました。
小学生のお子さんがお母さんと一生懸命選んで嬉しそうに買ってもらっていたり
私くらいの年齢でフツーな感じの人が「こういうのが欲しかった~♪」と買って下さったり。
自分が持ちたくて作り始めた気持ちをすごく思い出すことができました。

見慣れてくるとだんだん欲が出てくると言いますか、
ミュージシャンでも売れて大物になるとアーティスティックというか個性的に走っていって
(芸能なのでそういうものかもしれませんが)
昔の普通な感じがよかったファンは取り残される…みたいな。おかしな例えですね。
でも変わらずにあり続けるのってのも大事だよなぁと思ったりします。
そう思えばサザンオールスターズなんてすごいですよね。

私は花柄も好きなのですが、花柄はレースとかラブリーな感じの物が多くて
普通にデニムと合わせるだけ、とかそういうのが好きな自分はなかなか買えなかったり
ちょっとポップな感じも好きなのですが、どうしてもポップ&キュート!とか派手だったり
個性的だったり、若者向きだったり…(これって結構ネックかも)
洋服でもそうで、年齢的に言えばミセスファッション世代です。
でもジャスコにあるようなのはまだまだ着れません。
かといって三浦りさ子さん系も私には合わず(好き嫌い以前の問題ですが・笑)、
少しだけ若者系…もやっぱり無理があるもので、本当に中途半端な感じです。

普通のワンピースが欲しくて、結局友達の知人のパタンナーさんにパターンを起こしてもらい
布を預けてついでに縫ってもらいました。(私は洋裁はできないので服はお手上げです)
セミオーダーですから当然買うより高かったですが、気に入って4着作ってもらいました。
これもバッグなどで「自分の欲しい物は作るしかない」と学習した結果です(笑)

そのワンピースも普通の物なんです。
でも今買おうと思うとカシュクールだったり、切り替えがあったりドレープがあったりしますから
普通のシャツワンピだったりAラインのワンピだったり、綿でパリッとした生地で
見たら「こんな普通のに結構なお金かけて作ってもらったの?」って感想も実際にありました。
でもそんな普通の物が意外と見つからないんです。

今日は「普通」って言葉を何度書いたでしょう(笑)
いつも思いますが、「普通」とか「当たり前」ってことは難しいですね。

日記に書きたいことがたくさんありましたが、ずっと忙しくて我慢していたので(笑)
堰が切れたようにドダダダーーーっと書いてしまいました。長くてお見苦しい点お詫びします。

もし「どんなの作ってるのかな~」と思って下さる方はメール下さい。
つたないネットショップをご連絡します(笑)

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

電子レンジ買いました

昨日電子レンジを買ってきました。
正確に言うと、休みだった夫が買ってきてくれました。
ジャスコに用事で行ってもらったので、そこでついでに(笑)
なんとアバウトな…ですが、まぁどうせ解凍と温めができて
後はトーストが焼けて、「オーブンレンジ」ならいいやと。

お値段は14,800円。

よかった~。思ったより今は安いんですね。
今まで使っていたのは15年前で48,000円くらいだったような。
昔なつかし「ファジー機能」なんてのが搭載されていましたが。

希望としては、「今のレンジラックに置けるオーブンレンジ」だけだったので
今回はあまり迷わずに済みました。
スチームで焼けて…うんぬん…というのはもっとお高いのですが今回はパス。

週末に結構なイベントがあるので実は私が大忙しで
いつものようなネットでの徹底リサーチもできませんでしたし
仕切りたがりの私が夫に一任…なんて事態で。
だから梅雨なのに晴天というおかしな天気が続いてるのでしょうか(笑)

とにもかくにも電子レンジがやってきて安泰な日々が戻りました(ホッ)

イベントの話は来週にでも書けたらなと思ってます。
最後の追い込み、頑張ります。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

電子レンジが力尽きました

豪遊して散財してしまった~!と書きましたが
その数日後にディズニーランドで現像に出しておいた写真が代引きで届きました。
その金額

22000円

バカです、はい、おバカさんです。

いやいや、写真代だけでそんなに使うか?って金額です(汗)
使い捨てカメラ1個につき現像料が500円ほどかかって
全部で9個あるのでそれだけでも4500円。
デジカメは現像料はかからないけど65枚くらい頼んだので3500円ほど。

そうそう、1枚52円 です(高!)

ディズニーランドやシーの専用フレームが付いて現像されるんです。
すごくかわいいんですよ~。
それぞれのパークで4種類ずつくらいあって選べるんですけど
同じカメラの中でも両方のパークで撮ったりホテルでの写真とか混ざってることありますよね。
ちゃんとチェックされて、必ず撮ったパークの専用フレームが付くんです。
ランド・シー以外のディズニーリゾート内(ホテルや送迎専用バスなど)のは
それ用のフレームが付けられて現像されてきます。
1枚1枚チェックしてるんだなぁと思うとすごい徹底ぶりです。

で、結局使い捨てカメラ+デジカメ合わせて320枚くらいの写真が届きました(笑)

中にはボケボケだったり、指が入っちゃって指のドアップ写真だったり
フラッシュが焚けてなくて真っ暗な写真だったり…
子供も今回同じように首から下げて使ったので失敗作は多数でした。

真っ黒な写真にもディズニーのフレームがついていて…それはちょっと物悲しいですが
何が撮れてるかわからないっていうフィルム特有のお楽しみ感は懐かしい感覚ですね。
かなりお高いお楽しみになってしまいましたが(苦笑)

***************************************

ますます節約しなくちゃなぁ…と思った矢先
今度は電子レンジが力尽きてしまったようです(涙)

おかしいなと思ったのは昨晩。
前日に少しだけ残ったカレーを温めていたのですが、ピー♪と出来上がっても冷たい…
「自動あたため」が調子悪いのか?と今度は手動で2分ほどチンしてみましたが冷たいまま。
ご飯が温かかったし少量だったのでそのまま冷たいカレーを食べました。

今朝、冷凍ご飯(いつもまとめて炊いて小分けにしてます)を解凍するのに使ってみたら

……やっぱり冷たい

マジですか、こんなタイミングでですか、ついにきましたか

仕方ないと言えば仕方ないです。
結婚の時に買った電化製品の中で唯一頑張ってくれていたものなので15年。
ちなみに一人暮らし同士が結婚したので割と家電は持ち寄りのスタートで
結婚の際に買ったのはレンジ、洗濯機、冷蔵庫だけだったのですが
洗濯機は一昨年、13年の寿命で買い替え、冷蔵庫は昨年14年の寿命で買い替え
なので電子レンジよ、ついにお前もお迎えがきたか…という感じなのです。

でも確か10年前くらい(購入して5年くらい)に修理に出したことがありました。
スイッチ入れても庫内の電気がつかなくて。
直すのに1万5千円くらいかかると最初に言われましたが
まだ5年しかたってないし、同じ程度の物を買えば同じ金額では済まないし、
ってことで修理を選択しました。

今回はどうしよう…うーむ、迷いますね。
買えば数万円はするだろうし、修理すれば買い換えるよりは安く済むとは思うのですが
ここまできたらもう買い換えた方がいいのかな、とか。

ちなみに用途は主に温めや冷凍してあるお肉の解凍なので
そんな高級品に買い換えなくてもいいとは思うんですけどね、
どうも我が家の性質で「どうせ買うならいいものを」って最後はなっちゃうんですねぇ。
もちろんやたらと機能があるのがイイ!っていうわけではないんですけど
機能で迷った時に、「この機能だけを後付けすることはできないし…」って考えちゃうんです。
いけませんですねぇ、家電メーカーの思う壺のような客ですねぇ。

しかし何を言っててもレンジがないと困る。
今朝はとりあえず鍋で煮て溶かして塩味のおじやにしました。
梅干も入れて、それはそれで美味しかったんですけどね(笑)
今夜の夕食用のお肉はキッチンに出して自然解凍中。
なきゃないでいけるのか?なんて思ったりもしますが
やはりお米をまとめて炊いて冷凍する我が家にはレンジがないと困る~。

お財布の紐が緩むどころか、紐がキレてしまったようです…(涙)

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

結婚記念日の旅行

先日、結婚して丸15年を迎えました。15年…早いなぁ(笑)
9年ほど2人での生活だったのでお互いのペースを尊重しつつ
じっくりと家族になってきたような気がします。
やっぱり流産をしたことでお互いを思い合う気持ちだったり
言葉には出さないけどわかり合う部分だったり
そういうことも積み重ねてこれたのかもしれないな、と今になってみて思います。

普通は男の人が言う言葉かもしれないけど
15年この私に付いてきてくれてありがとう、なんて(笑)

毎年食事に行ったり旅行に行ったりしてきましたが
今回はババンとディズニーランドへ行ってきました。

高速のSAで1泊して翌日の午前中には夢の国へ到着。
アンバサダーホテルのシェフミッキーでお祝いランチをしました。
結婚記念日だと言うとミッキーもミニーもお祝いしてくれて写真もたくさん撮りました。
いい大人なのに、キャラクター達に会っちゃうとヘラヘラしてしまいますねー。

食事が済んで15時からのチケットでディズニーランドへ。
こちらは25周年のお祝いで賑やかです。
日曜ということもあってかすごく混雑していて
パレードの終わりがけを遠目に見つつ、トゥーンタウンで過ごしてました。
田舎者なので予定を詰め込んでしまう傾向があるのですが、
今回の1日目は予定入れずにぶらぶらと。
カルーセルやティーカップに乗ったり、写真を撮ったり。

今は?なのかわからないけど、パレードの場所を
「今なら1列目が空いてまーす!」なんて案内していたので座ってみたり。
シートは1時間前にしか広げられないけれど
人数が揃ってその場に座ってればだいぶ前からでも場所に居られるんですね。
なので夜のパレードは1時間半前くらいから最前列に座って待つことができました。
お腹もすいていたのでシートを広げた1時間前になってから買い出しに行って
戻ってきて待ちながら食べているとエレクトロニカルパレードのスタート。
今までこれも遠目にしか見たことなかったので全部通して見れて嬉しかったです。
夜の花火は残念ながら風の影響で中止になってしまいました。

アンバサダーホテルに泊まったので翌日はディズニーシーへ1時間早く入ることができました。
実はシーは初めてなので、どこへどう案内されて入ったのやら…(笑)
ミラコスタの中を通り抜けて中の方の入り口から入れてもらえるんですね。
有名な入り口付近の地球儀がないことにも気づかないほどオノボリサン状態でした。

オープン前の1時間はアリエルのあたりの乗り物でのんびりと遊び
10時半からのプレミアムツアーの支払いをするために入り口まで戻ってみると

……ズダダダダダダーーーーッ!!!

猛ダッシュの人達に跳ね飛ばされそうになりました(汗)
ちょうど10時でオープン時間だったみたいで、入り口から皆さんがダッシュ。
慌てて端っこへ避けて入り口へ向かいました。

プレミアムツアーは自分達だけのツアーなので好きにリクエストできる、と言われても
何を見たいのやら、何なら乗れるのやら…という状態で(苦笑)
とりあえずマーメイドラグーンシアターとマジックランプシアターが見たいとリクエスト。
ガイドさんの方から、せっかくなのでビッグバンドビートなどは?と言われそれも追加。
3時間のツアー時間内でうまいこと予定を組んでくれるそうで…助かります~

まずはマーメイドラグーンシアターでショーを観るために出発。
途中途中でいろんな話を聞いたり、隠れミッキーを教えてもらったり
「へぇー、へぇー」と感心しきりでした。

アリエルを観た後はまた山を下りてきて、プリマヴェーラという期間限定のショーを鑑賞。
ツアー参加者専用の鑑賞エリアへ入って観ました。
ガイドさんに「こっちから出てきますよ!」とか「あそこにドナルドが上陸します!」とか
教えてもらいながらビデオ片手にあっちこっちへ移動(笑)
テレビCMで見て密かにこのショーが楽しみだったのですが、すごく良かったです。

終わると今度はビックバンドビートへ。生バンドの演奏ですごくかっこよかったです。
シーは大人向きって聞いてましたけど、そうかもしれないですね~。
見終わると次はマジックランプシアターへ。
「お米の食べ物が買えるお店はどこ?」とか「限定ランチボックスを売ってるお店は?」など
聞きたいこともすぐ聞けて、まさにプレミアムツアー(笑)

最初に結婚記念日だと話してあったので
ショーを観ている間にガイドさんが「結婚記念日シール」を用意してくれました。
と言ってもバースデーシールなんですけど、「バースデー」と書いてあるところを
「ウェディング15th」とマジックで上から書いてくれていました。
洋服に貼って歩いていると、いろんなところで「おめでとうございます♪」と
声をかけてもらえて嬉しかったです。ガイドさんの気遣いも嬉しかったですね。

マジックランプシアターもおもしろいんですね~。
大人がゲラゲラ笑う(私だけ?)内容というかセリフ回しで、私はツボにはまってしまいました。

ガイドさんとはここでお別れ。
3時間のツアー時間もショーをこれだけ観たらあっという間でした。
家族での写真を撮ってもらえたり、ディズニーの話をいろいろ聞けて大満足。

ツアーが終わってホッとひと息…つく暇もなく14時半からのショーを観るために鑑賞エリアへ。
プレミアムツアーに参加した人は1日中このエリアへ出入り自由だそうなので助かりました。
係の人にまた「ほら!あそこからドナルドが!」なんて教えてもらいつつ(笑)
素敵なショーを楽しむことができました。

ようやくお昼ご飯…お米が食べたいので、すしロールを買ってベンチで頬張り
革の携帯ストラップを作るお店へ向かいました。
名前を刻印してくれるので5年前の時も作ったのですが、だいぶ年季が入ってきたので新調。
前の時はディズニーランドしか行かず、そこでは20周年で注文に3時間待ちだったりして
すごく苦労したのですが(朝イチで何とか30分くらいで作れましたが)
シーなら大丈夫だろうと思って、今回の目的の1つでした。
少し並びましたが、どれにしようか迷いながらなのでちょうどよかったかも(笑)

アリエルのところで遊んで気がつけばもう夕方。
出来上がったストラップを受け取り、近場で早めの夕食。
夜のショーまでは入り口付近のお土産屋さんで買い物をして過ごしました。
買った物はホテルへ届けてくれるサービスがあるので泊まってる日に買うに限ります。
(チェックアウトの日は届けてもらえないので)

昼間に雨がポツポツきたので慌ててポンチョを買ったのですが結局降らず
でも夜になって冷えてきたのでポンチョが風除けにもなって助かりました。
だけどこの日も風の影響で花火は中止…残念。

3日目はまた朝からランドへ。
知らない間に梅雨入りしたみたいで残念ながら朝から雨(涙)
9時オープンと同時くらいに到着したのでそのまま並ばずに入園できました。
ここでもガイドツアーを申し込んでいたので私は会計を済ませに行き
ツアーの集合時間まで1時間半くらいだし雨だし…ということで
夫と子供はキャラクターの描き方を教えてくれるドローイングクラスの申し込みに。

私は絵が得意ではないのでドローイングクラスを後ろで見学していたら
服に貼ってあるウェディング15thのシールに気づいた係の人が
また知らない間にランド用のシールを作って持ってきてくれました。
こういうバースデーシール(?)はもう配ってないと聞いた気がしていたので
サプライズみたいで嬉しかったです。期待してないから余計ですね(笑)

終わるとガイドツアーの参加。雨がガンガン降ってましたがポンチョで乗り切りました。
5年前に来た時も参加したのですが、子供が小さく遅れを取りながら歩いていたので
今回初めていろんなお話をじっくり聞くことができました。
ガイドさんと一緒にアトラクションも体験して、それもまた楽しかったりして。
ミッキーの家にも入れてミッキーともまた対面できました。
ポンチョからはみ出ていた前髪が雨でヒドイことになってたのが残念無念…
でもプロのカメラマンさんが撮ってくれた写真も買っちゃいました(笑)

ガイドさんとも写真を撮ってツアー終了。
ツアー特典で15時からのパレード鑑賞を選んでいたので時間までランチをしていたら

……悪天候のためパレードは中止

う、うえーーーーん!!これを楽しみにしていたのに(涙涙)
雨には強いパレードだと聞いてはいたのだけど、台風の影響なのか風もあって
ただの雨ではなく悪天候だったので仕方ない……
初日から全てうまいこといってたのに最後の最後でガックリでした。
でも逆に言えばこれ以外はものすごくトラブルなく過ごせていたのでヨシ、ということで。

靴下がベタベタに濡れたので買おうとワールドバザールにいると
キャラクターがワサワサとやってきて、あっという間に人だかり。
でも結構ふれ合えて最後の最後にまたサプライズで楽しめました。

カメラセンターに写真の現像を頼んで撤収。
デジカメも使うんですけど、家族がそれぞれに首から使い捨てカメラをぶら下げて
撮っていたので3日間分で10個近く現像に出しました(笑)
各自ぶら下げてるので気軽に撮り合えるし、それぞれ好きな物を撮ってるので
現像してみて「こんなの撮ってたんだ~」なんて見るのもおもしろいんですよね。
ランドで頼めばディズニーのフレームを付けて現像してくれるし。
写真は後日代引きで届けてもらうように頼んでおいたのだけど、
一体いくらになるんだろう…ドキドキ(汗)

ホテルへ戻って預けておいた荷物と車をピックアップして高速に乗って帰宅。
今日からまたいつもの世界です。まだ夢の国にいたい~。
溜まった洗濯物とお土産を片付けたりしていたらあっという間に1日が終わりそうです・

お金もババンと奮発してしまったので、また節約生活に戻らなくては(苦笑)

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。