プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花見

今週はあちこちでお花見まつり。

新しい車で初めて遠出&1泊をしてきました。
帰りに寄った浜名湖SAでも桜は八分咲き。
遠目に見るとバラつきがありますが、間近にみるとポンポンに落ちそうな花でした。



昨日は地元で散歩がてらのお花見



 

川沿いのお花見コースでは屋台の準備が始まってました。
でも夜は寒かったから客足はイマイチだったかもしれません…

今日は近所の公園にて花見バーベキュー。
これまた花冷えで寒かったので、肉を焼くというより暖を取るって感じでした…
缶ビール2本で結構いい気分になって飲んで喋って笑って帰ってきました。
飲むつもりだったので、少し遠めだけど行きは歩きで行って、
帰りは飲んでない人の車のお世話になりました。

明日も飲み会なんだなぁ。春の桜とともに弾けてます、私。
桜散る頃には真面目な生活に戻らなくては。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

サプリやお茶のこと

※今日の日記はあくまでも私の個人的感想です。あらかじめご了承下さいませ。

少し前に「体にいいお茶があるんだ」と知り合いが持ってきてくれました。
ハーブティらしいのですが、生理前のいわゆるPMSが軽くなったとか。

へぇ~、ということで飲む前に一応リサーチ。
(食品にしても食品以外の物にしてもまずネットで確認するクセがついているので)
すると非常に素晴らしい評判のお茶であるようでした。

でも…すごく不思議なんです。

「妊娠しやすい体を作るに最適」とありながら、
どうして「妊娠中は控えて下さい」となるんだろう…

妊娠しやすい体を作ることは継続的なことで、その効能なり効果なりは持続するだろうし
妊娠してもその効能が体に残っていると思われる状態なのに「妊娠中はNG」って。
(安全性が確かめられてないから「念のためNG」っていう物も多いですけど)

なんだかよくわかりません。

魔法のお茶!とか、魔法のサプリ!とか、そういうのも基本的には信じません。
確かにそれぞれにそれぞれの効能や利点はあるのだろうけど
そんな良い物あったらwii以上の普及率になってるだろうし。

ネットでいろいろ調べていると「魔法の~」や「奇跡の~」という言葉が
これでもかというほど出てきたので気になってしまいました。
個人的にはそういうコピーで書かれると一気に引いてしまいます。

肝心の自分がもらったお茶ですが、確かにPMSには良いみたいです。
つまりはエストロゲンが豊富に含まれているようで、
エストロゲンが不足気味だとPMSが重く出ると聞きますし。

女性ホルモン様の物質がたくさん含まれているそうなのですが
女性ホルモン様の物質は内膜を厚くするそうです。
だから「妊娠しやすい体を作ります」ということになるのだと思いますが
内膜を厚くするということは筋腫や内膜症には逆影響になってしまうのだそうです。

こっち側には良いけれど、こっち側には逆効果、ということなのですね。

効能がうたってあるお茶やサプリなど、普段の食事以外で摂る物というのは
普通に暮らしているよりもどうしても過剰気味になると思えてしまいます。
過剰になっても外に出ちゃうもの(例えば水溶性のビタミンCとか)ならいいのでしょうが
そうじゃない物を「体に良いから」と人工的に摂るのは、私はちょっと怖いです。

例えば以前にブームになった豆乳やイソフラボン類のサプリ。
イソフラボンが豊富だと女性にはいいこともありますが、
乳がんのリスクも上がると注意喚起がありました。
もちろん食事から摂る分には大丈夫で、サプリでドカンと摂取するのは…ということでした。
ドカンと摂取したつもりはなくても、1粒でドカンと含まれているので
自覚がないので注意すべきというのも何かの記事で見た覚えがあります。

今回もらったお茶の中にはレッドクローバーというものも含まれていました。
長い間使われているハーブだからきっと悪い物ではないのだろうと思いますし
それで体の調子がよくなった人もたくさんいるんだろうとは思います。

だけど気になることは、羊が食べて不妊が多くなったのをみて発見されたそうです。
これを見たらもう飲めません。
というより、やっぱり普通に昔から食べられてきた普通の食べ物でいいやって思います。

余談ですが、昔の人はよくわかってたんだなぁ、と思うことがあります。

私が中学の頃、お正月明けの鏡開きでぜんざいを作ってくれた母が
「あなたは生理中だから食べるのやめときなさい」って言ったことがあったんです。
なんで~、食べたいのに~、ずるい~、なんて言うと
「あずきを食べると生理が長引くって昔から言われてるからよ」と返ってきました。

今思うと、あずきに含まれるイソフラボンが影響するってことなのかなと分かりますが
もちろん母はその時も今も多分仕組みはわかっておらず
単に昔から言われてきてることを私に言っただけのことなんだと思います。

他にも昔から一緒に食べてる物を調べてみると
栄養素が相乗効果をもたらし合っている、とかありますし
理屈や仕組みはわかっていなくても本能(?)でわかっていたのかなと不思議ですね。

私が3ヵ月後から通う予定のA先生はサプリなど禁止されているそうです。
そういうのを信頼していないのかわかりませんが
飲み続けることで検査の数値も左右されたりするでしょうし
食べ物から摂取できるんだから充分、というお考えなのだそうです。

確かに、私も体質改善のために何かやろうかな、何か飲もうかな、と思ったりしますが
これから検査を受ける身なので何も変えずありのままでいようとは思っています。
だって今の私の体や体質が作られたのは遺伝的なものもあるかもしれないけど
食生活や生活習慣もきっと基盤になっているだろうし
その状態のまま検査しないと今までの原因だってわからないかもしれないですもんね。
下手に手を加えた体質で検査を受けたら、わかるものもわからないかもしれませんし。

検査の後に何か薬や注射のお世話になることがあれば
なおさらサプリや効能のうたってあるお茶というのは控えた方がいいんだろうとも思ってます。
診てもらいながらあれもこれも手を出すっていうのもいけませんしね。

何にせよ、いいのかな?大丈夫なのかな?と気にしながら何かを飲むよりは
わざわざ何かを特別に摂取しない方が私の場合は精神衛生上にもよさそうです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

新しい出会い

実は10日ほど前に素敵な出会いがありました。
ブログを通して知り合った :*・゜★はなもも.★.:*・さん とお会いすることに。

はなももさんは飛行機に乗って名古屋のJ病院へ遠距離通院をされていて
今回の通院で名古屋へ来る際にお会いすることになりました。

待ち合わせは名古屋駅の待ち合わせスポット。
私自身、昔はこの辺でも働いていたことはありましたが今はすっかりオノボリサン(苦笑)

ネットを通して知り合った人とお会いするのは初めてではなく
以前も別の共通点で知り合った人とは今ではすっかり友達になっているので
特に緊張もなく、直接お話できるのがワクワクと楽しみでした。

実際にお会いするとお互いに話が止まらずマシンガントーク。
喫茶店での軽食に始まり、場所を変えての居酒屋までしゃべり詰め(笑)
端から見たら、本当に初対面?というくらいの勢いです。
これがネットでの知り合いならでは、なんですけどね。

ネットを通してだと、実際の知り合いよりもすぐに身近に感じることができますよね。
それはやっぱりお互いのブログを見ているので、お互いの考えや生活、
大げさかもしれないけど、人となりを見ているので自然に打ち解けられるのかもしれません。
普通で言う「初対面」とは全然違いますもんね。

今までブログでは書いていてもリアルな生活では表に出せない気持ち、
いろんな考えや思いをダダーーーッと吐き出した格好の私でした。
普段はなかなか口に出したり、語り合ったりってできませんし…。
私も数ヶ月後には同じA先生のお世話になる予定なので
A先生の考えや方針などを聞くこともできました。
時にはいろいろ思い出して2人して涙したり、私にとって本当に濃い時間となりました。

気が付いたら終電間近!(汗)
ものすごく名残惜しい状態でお別れとなりましたが
何だかまたお会いできそうな、そんな身近な存在に感じてしまいました。

遠くから頑張って通っているはなももさんの願いが叶うことを私も願わずにはいられません。
どうか良い結果が出ますように。

*******

ところで、もう1つ新しい出会いが。

実は私はお酒があまり飲めなくて、飲んでもすぐ気持ち悪くなっちゃうので
ここ何年もアルコールを口にしていなかったのですが
はなももさんと行った居酒屋で、せっかくだからとビールを少し頂いたんです。
最初は乾杯程度のつもりが、あらら…おいしい!(笑)

昔は唐揚げやポテトなど脂っこい物と飲んで気持ち悪くなったことを思い出し
その時は豆腐だのサラダだのさっぱりした物を、それも食べ過ぎないように気をつけつつ…
そしたらものすごく(私の中ではですが)飲めちゃいました~。
それも楽しく、ヒジョーに楽しく。

ビールって、お酒ってこんなにおいしくて楽しいものなんだ~♪と知りました(笑)

その後、飲み会があったので飲むことにして車では行かずに参加してみたら
1人で大瓶2本飲んじゃいました(爆笑!)
いや~~、楽しいですねぇ~~。

今では毎晩夫のビールをコップに1杯もらって飲んでます。おいしいですねぇ。
これも私の春の新しい出会い、です。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

神様の言葉

私はクリスチャンではなく典型的日本人にありがちな無宗教な人間ですが
昨日神父さまの言葉を聞く機会がありました。


子供は親を選んで生まれてくる


これは実際に生まれている子供について言われたり
実際に生まれてきた自分自身のことに置き換えてみれば
すごくすごく神秘的で素晴らしい言葉にも思えるのですが
妊娠しても世に送り出してあげられなかったことを思うと
とても辛い言葉でもあります。

妊娠はするのですから

「自分を選んでくれる子供はいないのだろうか?」

と思うよりも

「せっかく選んでくれたのに生かしてあげられなくてごめんなさい」

という気持ちでいっぱいになります。
自然の摂理であればまた別でしょうけれど、自分の体質が原因だとしたら
本当に申し訳ない気持ちしかありません。

この言葉は辛い…という話を、同じく神父さまの話を聞いていた友人にしました。

彼女は以前日記にも書いた6人目を妊娠中の人で現在もう7ヶ月。
私も妊娠が継続していたら彼女より少し早いはずなので8ヶ月目前ってところか…
そうだなぁ、3ヶ月入ったところで流産して、それからもう4ヶ月経ったんだもん、
4週=1ヶ月計算でいったらもう8ヶ月くらいにはなってるんだなぁ。

彼女は
「きっとどこかに順番を待ってる子供がいるんだよ」
と言いました。

私は彼女のことが嫌いではないので、好意的に受け取ることができました。
不思議なもので、同じ言葉でも人によって許せなかったり許せたりしますよね。
素直に聞けて、彼女のお腹を「うらやましい」と言えた自分がいました。
神様に手を合わせた後だったからでしょうか。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

そういえば

この忙しさに紛れて、術後3回目の生理がきてました。
そしてそれも既に終わってます…どんだけほったらかしなんでしょう(笑)

生理不順のない私でしたが、術後の1回目は39日目でようやくきて
2回目は34日周期、3回目は29日周期とほぼ普段通りになりました。
体の調子のサイクルもそういえば普通です。

実はここ最近忙しいのもあって基礎体温はサボっています。
睡眠時間が3時間くらいだったり、細切れだったり、
はたまたリビングのマットレス(昔使っていたのが捨てれずソファ代わり)で
行き倒れてそのまま朝まで寝てしまい…体温計は寝室なので計れなかったり。

そんなこんなで全然計っていなかったのでいつやってくるか目処が立たず
ただ「やけに眠いな~、よく寝れるな~」と思っていたらやってきました(笑)
そういえば直前はやたら眠くなるタイプなので。

新しい周期に入って早1週間ほど。流産してから4周期目。
そろそろ解禁となるところですが、J病院のA先生の初診(新病院)までもう少し我慢。
こちらも考えたら「予約が取れた~」と言っていた頃から2ヶ月が経ちました。
これからあと3ヶ月なんてのもあっという間な気がします。

とりあえずちゃんと寝室で寝て(汗)、4時間以上は寝て基礎体温を測ろう。
自分で自分の体のリズムを見ていたいから。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

難しさ

最近いろんなことが忙しく、そしていろんなことが難しく感じています。
サークルやスポーツチームの取りまとめ役をやっていることもあって
本当にいろんな人がいることを痛感させられています。

いえ、今に始まったことではなく
いろんな人がいることはわかっていましたが
最近改めて思わされる…という感じです。

別に何があったわけでもないのですが、ちょっとお疲れ気味な私です。

人をまとめる役をやっていると、時には決断もしなきゃいけないし
迷いながら決断するわけにもいかないので
まわりから見るとスッパリしていると見えるようですが
この「まわりから見ると」と「本来の自分」の差が疲れてしまうんですよね…

元々まわりの人からの印象と本来の自分が違うことも多いので
それだけ外でうまく立ち回っているんだな、ということなのですが。

あー、なんだかグルグル同じとこ回っています。

最近忙しくて、私の一番の理解者である夫と
なかなかゆっくり話せていないのも原因かもしれません。

ついでに言うと今日のバレーの試合は散々でした…
だから余計に凹んでいる私です。くそーーーーっっ(負けず嫌い)

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

葉酸とマカ

普段からサプリメント類は摂らない方なのですが
(こだわりがある云々ではなく、単にめんどくさがりで続かない)
昨年夏に妊娠を現実的に考えるようになっていろいろネットで体に良い物を見ていて、
夫と2人でマカを飲んでみることにしました。

最初は楽天で見つけたまぁお値打ちな品から。
安すぎても効果がイマイチな気がするし、高いのもまだ踏み切れず。

が、ちょっと飲みにくく口数も減り……あまり飲み進められませんでした。

まだ残っていましたが、なるべく気分よく続けたかったので(苦笑)
ネットでよく見かけるヤマノで買って、こちらは飲みやすくて2週間ほど飲みました。
その時ちょうど基礎体温を数年ぶりに付け始めたところだったのですが、
高温期に入っているはずなのにマカを飲み始めたらガタガタになってしまったんです。

多少の上がったり下がったりはあるものだと分かっていましたがちょっと気になるし、
マカは女性だと合う合わないがあるようだと聞いてはいましたので
私は飲むのを止めて夫だけが飲むことにしました。

それからしばらくして生理がきて新しい周期が始まりましたが、
その後の高温期も基礎体温のグラフのガタガタは直っていました。
私にはやっぱりマカは合わなかったのかな。

そしてその高温期は下がることなく妊娠しました。
(昨年11月に8週で流産となってしまいましたが…)

夫はマカ以外は特に食生活も変えていないので
夫には良い効果があったのかな?なんて思ったりしています。

ヤマノで買った時に、一緒に葉酸も買って飲んでいました。
こちらはグレープフルーツ風味(?)で飲みやすかったです。1回分が多いんですけどね(汗)

葉酸は女性にとって良い物なので妊娠に限らず摂るといいのでしょうが
何となく勿体無くて(貧乏性ですね)、今は子作りもお休みしているので飲んでいません。
子作りを再開したらマカと葉酸も再開したいと思っています。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

睡眠不足

このところ睡眠時間が3~4時間。
遅くまで起きて、それでも早起き!なんてもんじゃなくて
明け方にようやく寝て3時間後に起床というペース。
昨日は朝の5時半から7時まで寝た…これって仮眠とも言う?(苦笑)

やることが目白押しで頼まれ物の縫い物をしたり、調べ物でネットしたり。
ガス抜きの夜更かしのレベル超えてます。
基本は夜型なので起きてろと言われれば徹夜もできないことはないけど
その後の反動がやっぱり若い頃とは全然違いますね(汗)
仮眠だけで起きた昨日は用事で朝から出ずっぱりだったので
夕方知らない間に意識失って寝てました。

春だけど気忙しいまま過ぎていきます…
ただでさえ春は眠くなる季節なのに慢性的睡眠不足のまま春に突入はツライです。
お肌によくないので今日は早く寝ます。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。