プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供は?の質問

私も「子供は?」と気にせず人に質問していた頃がありました。
まだ結婚したての頃でした。

夫の会社で同期の人の奥さんに数ヶ月に1度会うことがあって
挨拶代わりに「子供は?できた?」と聞いていたのです。

自分が結婚してみて、まわりから同じように普通に言われるので、
挨拶のようなものなんだと思い込み、自分も使ってしまっていたんです。
言い訳にはなりませんが、若いくせにイッチョマエの振りをしたがってたんですね。

ある時いつものように声をかけると、その奥さんから
「実は欲しくて病院に通っているので、あまり言われたくないの」
と言われました。怒り口調ではなく、静かに優しく話してくれました。

その時やっと知ったんです。
どれだけ自分が失礼な発言をしていたのかと。
「言われたくない」と教えてくれたことにとても感謝しました。
それからは誰に対しても子供のことを聞くことはやめました。

そして自分が聞かれた時にも正直に話すようになりました。

最初の5年間は薬を飲んでいて医者に止められていたのでその話をしました。
病気はよくある胃腸系のものでしたが
私の場合は慢性化していて薬を止めると酷くなる…の繰り返しだったので
きちんと治しておきたいことを、相手によっては明確な理由まで話しました。

まだ20代でしたし、病気なのですから
だいたいの人は「ごめん、知らなくって」と言ってくれました。

そこで「なんとかなるって~」なんて人がいようものなら
「医者に止められてるのに薬飲んで妊娠して誰が責任取れるの?」
と聞き返してみたりもしました。

だけど流産すると違うんですね。
病気で薬を飲んでいるという理由の時とは違って、言うのが難しくなりました。
自分の身体で育ててあげられなかったから自分に責任があると思うし
どう頑張っても頑張りだけじゃどうにもならない範疇のことなので…

1度目の時から1年経って妊娠して流産して
2度目の時はやれることやって(入院・安静)のことだったので
言葉はおかしいかもしれませんが、悟りが開けたような気がしました。

それからは聞かれると「流産してるから」と答えるようになりました。

独身の友達や会社の後輩(同じく独身)なんかは
その質問が知らず知らずに相手を傷つけていることを知らなくて当たり前なんだし
聞く人がみんな失礼や非常識なのではなくて、知らないだけなんだ。
教えてもらえば気づいて改める人だってたくさんいるはずだって。

自分が以前相手の奥さんに言われて初めて知って悔い改めたように。

こうやって言いながら、別にまわりの人に理解してもらおうとか
失礼な質問をしないようにしようキャンペーンをしてるとか、そんなんじゃないです。

すごくすごく根性悪だけど、

「どれだけ失礼な発言をしているのか当の本人に思い知ってもらう」

そういう意味合いもかなりあります。

ただ独身の子達へはそうじゃなかったですね。
私のように「既婚者への単なるご挨拶だと思っている」ような子は結構いましたので
そういう人には、「世の中そういうもんじゃないんだよ」というような話をしました。

子供がいる人は悪気以前に、「生まれるもんだ」としか思ってないですし
人間は自分の実体験を元に考えることが多いので、
これもある程度は仕方ないとは思うんですけどね

それならやっぱり、不愉快な質問をやめてもらうには
こちらも「不愉快な思いをしていること」を意思表示をしなきゃいけないんだろうな
ってそう思うんです。

言わなくてもわかれヨー、空気読めヨー、なんてやっぱり他人には無理だなって。

仲の良い人ならわかるかもしれないけど
みんながみんな相手の気持ちや感情をおもんばかってくれる人ばかりじゃないので
残念ながら自己防衛のためにも、時には自分から発信しないといけないんだろうなって。

ただ、いろんな人がいると思います。
私は見た目はおっとりしているようですが、腹の中は結構攻撃性の高い人間です。
だからNK活性が働いてしまうのかもしれないですが。

無神経な人には思い知ってもらいたい、
そう思って、「子供は~?」の問いには「流産してるからさぁ」と返してきました。

これもまた根性悪ですが、
その時に「しまった…失礼なことを聞いてしまった…」という相手の表情を見るのが
してやったりと思ったりもします。

誤解があるといけないのですが、別に謝ってもらいたいわけではなくて
「しまった…」と思ってもらえることが、です。

もちろんそこでそんな反応ではなく、さらに不愉快にさせられる場合もあります。
「なんで~?なんでだろうね?病院行った?」とか。
そういう時もたいていは闘います。言いくるめてしまいます。

これも誤解があるといけないのですが、
別にそういう人と今後も付き合っていきたいから詳しく説明するのではなくて
言うだけ言って、後は距離を置くだけです。
単に黙って距離を置いたら、相手がまだどっかで誰かに無神経な発言するでしょうし
「悪い」と思ってないままそのまま過ごされるのが嫌なだけで。

私には子供が1人いますが、これは全て子供が生まれる前の話です。
その後「2人目は?」と聞かれると同じ返事を返しています。

世の中に当たり前なんてこと、ないんです。

それを知らない人達はそれはそれで幸せだと思うけど
だからって誰かを無意識とはいえ傷つけたり不愉快にさせたりしていいわけではないはずで
それでなるべく話をするようにしています。

こういう攻撃タイプなのでいけないんだろうか…とも最近は少し思いますが…。

いろんな気持ちや考え方があると思います。
今日のこの日記は個人的な考えですので、
読まれた方がお気を悪くされないでもらえたら嬉しく思います。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

上がったり下がったり

先日2人目の妊娠告白された幼稚園の人からメールが届きました。(1/18の日記

病院に行ったみたいでようやく他の人にも言えるから
係の仕事のことも他の人に相談してみるという連絡でした。

本当のことを言うと、幼稚園での私の係を来年度引き継いでもらう予定の人でした。
昨年中に後任のお願いをして引き受けてもらっていたので
これからちょこちょこと引継ぎの作業というところでした。
会社の仕事じゃないので当然妊娠しても無責任ということはないですし
それはみんな条件は同じなのでいいのですが

…やっぱり今の時期はまだ気持ちがキツイです。

自分で人選したのですが、正直正直…他の人にお願いすればよかった。
そうしたら今こんな気持ちにならずに済んだのに。

お門違いも甚だしい恨み節ですね…

こういう気持ち、いつまで持つことになるんだろう。
もう少ししたらマシになるんだろうか。
正直、顔合わせたくないです。

自分がここまで凹むとは思っていませんでした。自分でも意外なほど。
こういう場があるから正直に書いて、それで気づいたのかも。
こういう場がなかったら、自分の胸にしまい込んで無理に笑おうとしてたかな。

こういう時、私は誰かに自分の経験を話したくなります。リアルな世界でも。
だけどやっぱり言えないな。
あと1年後くらいには「実はね、あの時ね」なんて話せる時がくるのかな。
それか2人目が無事に生まれた時に「すごく辛かった」って言えるかな。

笑って楽しそうな人が、必ずしも丸ごと楽しい生活を送ってるわけじゃありません。
表だってあれば裏もあります。
笑ってるから平気、そんなわけありません。
元気そうだから元気、そんなわけもありません。

今回の相手の人だって、もしかしたら辛い思いしてる…いや、してないんだっけ。
はぁ…相手をおもんばかることも大切だけど、自分の気持ちにも耳をすまそう。

辛いことほど表には出せないし、場を盛り上げようと頑張ってしまうので
まわりからは「いつも楽しそうだね~」なんて言われます。
そういうイメージにも応えなきゃ、なんて思って余計に元気に振舞ったり。
悪循環ですね…

とはいえ、あと2ヶ月もすれば幼稚園生活も終了です。
小学生になると親同士が顔を合わせることはないって聞きますし、
ちょうどいい機会かもしれません。

術後の基礎体温と同じで気持ちも上がったり下がったりです。
ほぼ28~30日周期でわかりやすい体温表な私ですが
術後初めての生理から22日経つ今日でも高温期になりません。

12日目くらいに36℃スレスレの低い日があったので
翌日から上がると思っていたら全然上がらず
そして18日目にも36℃スレスレだったので、ようやくかと思ったら低空飛行のまま。

一昨日くらいからオリモノが違ってきたのでそろそろ上がるかと期待はしていますが
この様子だと36~38日周期くらいになりそうです。
今までの手術後も術後すぐの生理を除いてはこんなに長くなったことがないので
ちょっぴりナーバスになりそうです。年齢もこういうところで関係してくるのでしょうか…

あー、スカッとしたいです。
まわりのことでこんなにアップダウンしていたら身が持ちません。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

次の病院の予約が取れました

つい先日、これからの予定(1/21の日記)ということで書いた次の病院の予約ですが
今日A先生からじきじきにお電話があり、予約を取ることができました。
本当にご自身で1人1人に連絡されているのだと思ってビックリしました。

既に通っている方ならまだしも、私みたいな新規の者は
新しい病院のスタッフの方が手分けして電話してくれるのかなと思ってて。
そうじゃないんですね。病院の先生なんてただでさえお忙しそうなのに驚きです。

夫が電話を取ってくれたのですが、話しておいてよかったです(苦笑)
言ってなかったら「??」になってしまいますもんね。
何事も風通しの良い夫婦でいなければ(違う?)

おかげさまで6月中の予約が取れました。あと5ヵ月後くらいでしょうか。
なんだか急に現実味が増してきたような気がします。
本当はちゃんと予約が取れてから「これからの予定」として日記に書くつもりでしたが、
なんだか落ち着かなくてフライング気味に書いてしまっていました。
でも言霊ってあるのかな…言葉にしたら現実が近づいてきてくれる、みたいな。
上に書いた夫婦の会話じゃないですが、何事も言葉にしてみた方がいいのかもしれませんね。

染色体検査をしているのなら、まずは私1人だけでもいいということでした。
そう説明された後、「もちろん都合がよければ2人で来てもらっていいんですよ!」と
付け加えてくれました。1回目は私だけの検査になるので1人でいいけど、
結果を聞く際には細かい話にもなるのでご夫婦で来て下さいね、ということでした。
そんなに細かく教えてもらえるのかと思うと楽しみです。

何はともあれ、次の目処が立ってホッとしました~。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

らでぃっしゅぼーや

我が家は「野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。」を数年前から利用しています。

そこまで自然食品派でもないのですが(マクドナルドも食べますし・笑)
やっぱり毎日食べる物はなるべく安全な方がいいかなと気になっていたのと
私にとってのもう1つの大きな理由。

それは…

らでぃっしゅぼーやの野菜は、何が届くかわからないのです(笑)

実は私、好き嫌いの激しい人でした。特に野菜系。
一人暮らしをしたこともあって、ますます好きな物しか食べない生活で
結婚した時は本当に食べれる物が限られていました(恥)
なんせ味噌が苦手でしたので、味噌汁も作れないほどで…

夫は好き嫌い皆無の人なので、結婚してから少しずつトライして
自分は食べれなくても料理できる野菜も増えてはきましたが
やっぱり自分でスーパーに行くと苦手だったり嫌いな野菜は手を付けず
ついつい使いやすい野菜ばかり買ってしまうんですよね。

なので毎週半強制的に(失礼)届いた物はもったいないので消費するしかないし
自分は食べれなくても調理さえすれば後は夫が食べてくれるだろうし、
甘い自分にはスパルタの意味もあって良いシステムかなと。

それにスーパーでは同じ野菜を1年中見かけるようになっていて
さすがの私も夏野菜、冬野菜は知っていましたが
値段が下がってきて「あぁ、旬がきたな」とわかるというか…
なんかそういう旬がわからないのもちょっと不健康な気がしてきて
そういうのもあって始めてみました。

最初は辛かった~(苦笑)
何事も慣れが肝心なので、徐々に使い回せるようにもなってきました。
自分では苦手だと思っていた物が案外食べれたり(つまり食わず嫌いだった…)
おいしいからっていうのもあるかもしれませんね。

白状しますが、ほうれん草、かぼちゃ、里芋…冬の定番で届くような物が
らでぃっしゅぼーやを始めてから食べられるようになりました(汗)

我が家は「くだもの卵パック」というのを頼んでいるので、野菜と果物と卵が届きます。
果物も旬の物が届いて、時々珍しい物が入ってたりして楽しいです。

今ではこの他に牛乳、ヨーグルト、お豆腐、納豆を定番品として頼んでいるので
基本的には外出しなくても暮らせます。(←家にいるのが好き)
実際は野菜でも他に欲しい物がありますし、食パン(休日の朝だけ)や
ウィンナーなんかを買いにスーパーには行くんですけど、回数も減りましたし
決まった分だけささっと買うので無駄遣いも減りました。

定番品で頼んでいる以外にも毎週その都度頼めるチラシが入っていて
そこの中から必要に応じて調味料やお魚、お肉なんかを頼んだりしています。
ひき肉なんかはもう全然おいしいです。
お魚もうちのまわりでは美味しい物がなかなか売っていないので
らでぃっしゅはほとんど冷凍物になっちゃいますが魚はよく頼んでいます。
おさかなソーセージも余計な物が入っていないので
1度利用したら、もうスーパーで見かける有名どころの物は買えなくなりました。

あんまりエコに励んでいるというほどでもないですが
牛乳はビン、卵は回収のパックなのでゴミが出ないのも助かります。
(牛乳パックは資源ゴミですが、洗って乾かして…という手間もなくて助かる)

旬の物が届くので、毎週毎週届く物もありますが
昔はそうやってその時期はそればっかり食べていたんだろうし
同じ物でも次はどの料理で使おうかな、と考えるのも楽しいですしね。
季節感っていう意味でもやっててよかったなと思います。

↓私も最初はこちらからやりました。4週間試してみることができます♪


こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

これからの予定

病院のことを書くので書きますが、私は東海地方在住です。
名古屋まで通勤圏内に住んでいます。

今回の妊娠は初診から流産確定までは近くの総合病院で、
手術は以前お世話になった先生のところでお願いして検査もそこでやりました。

結果は以前の日記(12/29の日記:検査結果が出ました)にありますが
そこで言われた
「リンパ球移植をやるなら○○病院か△△病院に紹介状書くよ」
というのは名古屋の名○大かJ病院のことで
どちらも(というかJ病院のA先生は元は名○大ですから)
NK活性を重視しているので私には願ったり叶ったりの病院だと思えます。

年末にそう言われてどちらにするか考えていました。
J病院のA先生はもうじき退職され5月に個人病院として開院されるし
初診はずいぶんと先になってしまう。(J病院では1年待ちだそうでしたし)
名○大は初診は予約ができないので行けば診てもらうことはできる。
(初診も再診も曜日が決まっているけど)

私の場合、検査をしてくれた病院の先生(不妊専門)が言うには
「何もしないで次を考えるのは心配」なのですが
「数値からして、バファリン&ヘパリンという選択はない」ということでした。
凝固系ではないとも思われるので私もそれに異議はないですが
じゃあ他に何か対処してくれるのか?というと、答えはリンパ球移植。
でもそれは他の病院でやってきてね、という結論。

堂々巡りですみません。何度も同じこと書いてごめんなさい。
その「他の病院」ていうのが名○大かJ病院なので迷うわけです…

どちらにしようか迷っていましたが、年が明けてから少しして
A先生の新しい病院の方のHPを見ることができ、そちらへ決めました。
とはいえ、まだ開院前で予約はできませんので問い合わせをしてみると、
J病院で予約をされている人(1年分くらい?)に順次連絡をして、
その後に私のような新規には連絡をくれるそうで
7月中には初診の予約が取れるのではないかということでした。

あと半年…もちろんJ病院には1年近く待ってた人もいらっしゃるので
こんなこと言ってたら甘いのですが、年齢(1年以内に妊娠して30代ギリギリ出産)を
考えると正直に言えば待つのもわたしにとっては決断の1つでもあります。

正直に言うと今は子作りはしていません。
こんな状態で賭けるには自信がないからです。
もしかしたら上手くいくかもしれないけど、「もしかしたら」に賭けるのは
私達にとっては結果として回り道になってしまうのではないか?と心配だからです。
年齢のこともありますし…(ちなみに夫は今年後厄の40代)

自分達の中ではJ病院からの連絡を待って、なるべく早く予約を入れてもらう、という
ことに話はついているのですが、
先日のように妊娠報告が相次いで心が揺れたりすると、
早くトライしたい、と思って思って思ってしまうのです。

なので先週は名○大に行ってしまおうかとも思ってしまいました。
だけどA先生に診てもらいたいので思い止まりました。
HPにもありますが、精神的なケアのために薬を用いてくれるからです。
私は数年前に心療内科とカウンセリングに1年以上通っていたことがあるので
そういう点もすごくありがたいと思えるからです。

A先生の言う精神安定の本来の主旨は
「ストレスで緊張すると血管が細くなって血がいかなくなってしまうから」
という不育症的な理由からだそうですが
産婦人科や内科などに限らず、下手すれば心療内科でも
「気の持ちようですよ~」とか「気にしすぎですよ~」なんて
適当にあしらわれて嫌な思いをした者からすると
メンタルな面もケアしようとしてくれるのはすごく魅力的なんです。

A先生は通われている方から大絶賛されていますが
私ってば行く前から大絶賛してしまっていますね(汗)

7月か8月かわかりませんが、初診までにしておこうと思うことがあります。

●整体
前に書きましたが、雪深い場所にあるのでまだ行けていません。
4月くらいには行ってすっきりしておきたいです。願掛けも含んでます。

●胃カメラと大腸カメラ
胃腸系の持病のあった私は毎年胃カメラと大腸カメラを受けています。
特に大腸は毎年ポリープが見つかり切除しているので
今年も夏前に必ず済ませておくことにします。

●ディズニーランド
6月が結婚15周年なので、5年ぶりのディズニーランドを予定しています。
娘に行きたいと言われていたのにここまで待たせてしまいましたので
アニバーサリーをお祝いしてきたいと思います。

そうこうしていたらあっという間に半年くらい経ちますよね…
これからもまわりの人の妊娠出産を聞いて心が揺らぐ時があるかもしれないけど
自分でもこの日記を読み返して待ちたいと思います。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

検査のこと

私が初めて流産したのは1999年2月のことです。
改めて数えてみると、もう9年も経っているんですね。
今年結婚15周年ですので、その時もすでに新婚さんではありませんでしたが。

2回目の流産は2000年3月。
「3回続いたら検査するんだけどね」ということで、
自分もそういうものだと思うようにしました。

3回目の流産は2007年11月。
間に1人生まれていますので、「不育とは考えない」と病院からは言われました。
連続で3回流産したら、というのは確かに聞いて知ってはいましたが、
ということは、あと続けて2回連続で流産したらようやく検査ということ??
不思議です。1人生まれているんだから後は数打ちゃ当たると言われてるようで。

それで病院を変えて検査をしてもらったわけですが
ここでもあまり積極的ではなく自分からお願いしないと進まない空気でした。

患者が意見や希望を言うのを良しとする先生ですし
そういう先生だとわかってますし、気心の知れた先生ですし、
私も人前で口を開くのは全然苦手じゃないのでいろいろ話すことはできましたが
これがうちの夫のように口下手で遠慮がちで
思ってることをなかなか言えない人だったらどうするんだろう。
ふとそんなことも思いました。(夫はまさに私と正反対のおとなしいタイプなので)

病院によって考え方が違うのはどんな病気でもあるとは思います。
親知らずだって抜いた方がいい、抜かないでいいという歯医者さんもいますし。
今はこうやってネットがあるので情報を得ることができますが
知れば知るほどに考え方がいろいろあって驚きます。

よく3回流産したら検査すると聞きますが、
3回目以降は保険がきく検査があるからというのも理由にあるみたいですね。
詳しくどれがどうなのかはわからないのですが
定義上は3回続くと習慣性流産になるので保険対象になるということみたいで
だから病院では負担を考えて3回目以降で検査を勧めるのでしょうか。

でも自分が検査してみて、「自費だぞ、大丈夫?」と言われて受けたたものと、
「保険がきくからね」と言われたものでも金額が大差なかったり…
それぞれ元々の金額が違うからなんですけど、
患者としては保険がどうかというより実際に支払う金額が気になるのですから、
自費や保険のところだけにこだわらなくてよかったと思いました。

夫婦の染色体検査も自費か保険範囲内かは地域によって違うようです。
私の場合は保険範囲内でした。
同じ日本に住んでいるのにこういうことが違うなんて。

私が次に行こうと思っている病院は夫婦染色体検査が優先項目に入っています。
原因が特定できないことへの不安を減らすため
不安要素を減らすためにも先にやっておいた方がいいという考えのようです。
これも保険範囲内の地域だからできることなのかもしれませんね。

前の日記にも書きましたが、私の検査は4つだけ。
先生からは染色体検査と抗核抗体の2つだけを言われました。
それにお願いして、ループスアンチコアグラントとNK活性も一緒にやることになりました。
(ループス…は抗核抗体の結果を見てからやるつもりだったようです)

結果としては染色体検査は異常なし、抗核抗体は40倍。

40倍の人はたくさんいるし、この値でも流産の要因になることはあるかもしれないけど
3回も流産するほどの要因になるとは思えない、と先生は言っていました。
ループスアンチコアグラントも正常値だったので抗核抗体は重要視しないそうでした。
NK活性は前も書いた通り思い切り陽性でした。

他にもたくさんの検査があるのに自分はこの4つだけ。
早く次の病院に行ってみたいです。

次の病院のことも含めてこれからの予定はまた日記に書きたいと思います。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

またも…

昨日の妊娠告白に引き続き、今日も幼稚園で妊娠告白を受けました。
いろんな人のブログや流産関係の掲示板などで
立て続けに妊娠報告を受ける話を見てはいましたが、自分もそうなるとは。

そりゃ幼稚園ですから、同じような年代の人が多いわけですし
妊娠してる人に会う確率だって少なくない環境かもしれません。
実際クラスに何名かは妊婦さんが常にいたりします。
でも…何で2日連続で、しかも個人的に告白をされることになるかな…

知らない人が妊娠しようといいんです。
同じクラスのママさんが妊娠しようといいんです。
風の便りで聞く分には別にいいんです。

小規模な園でみんな顔見知りのようなものだし、私も係をやっているので
確かに立ち話したりメール交換するような知り合いも多いけど
だからって何で2日連続で、しかも個人的に告白されることになるかな…

あぁ、ここからはいつもの日記とは違う風になるかも。
他人の妊娠を喜んであげられない、今日の私は心が狭くなってます。
ここから先は品行方正に欠けてお見苦しいかもしれません…


昨日の人はあんまり嫌な気持ちにはなりませんでした。ちょっとは泣けてしまったけど。
今日はどうしてどんよりとした気持ちになるんだろう。
昨日の人はあまりに世界が違いすぎて気にならなかったのかな、今日の人は2人目だからかな
係の引継ぎの関係で教えてくれたので「まだわかんないんですけど~」と言ってたけど
きっとどうせ普通に育って普通に生まれてくるに決まってる。
その人が2人目を望んでたことだって知ってるけど、私だって望んでたし望んでるのに。

他の人の妊娠を聞いて、なんだかむなしい。
自分は今は何も努力することができない。病院の予約を待っているだけ。
何もできない、スタートラインにすら立てない。
本当だったら私だって今頃は妊娠してたはずなのに。
妊娠したのにお腹で育たなかった。お腹の中で死んじゃった。
次を目指すこともできない。まだスタートラインにすら立てない。

何やってんだろうなぁ、自分。

その人ができなくなった幼稚園の係の仕事を私が手伝うことになった。
「いいよいいよ、気にしないで」とは言ったものの、心が苦しい。

私だってね、と言いたい気持ちにもなる。
でも妊娠したばかりの人に流産話をするほど非常識な人間じゃない。
顔で笑って心で泣いて。

こう言いながらも私には子供が1人いるわけで
1人でもいるだけいいじゃない、そう言われたら身も蓋もないのだけど。
そう言ったら結婚してるだけいいじゃない、健康なだけいいじゃない、生きてるだけいいじゃない

…どこまでが贅沢な想いなのかわからない。
生きてるだけで丸儲け、なんて言葉もあるけど、これが究極なんだろうか。
1人が生まれたことを感謝はしているけど、それ以上望むのは贅沢なことなんだろうか。

昨日も涙を拭いて帰宅した後、誘われるままに別の気心知れた人達とランチに出かけ
バカな話をして大笑いしてみんなでワイワイと時間を過ごして
今日も心が苦しいままバレーの練習に行き、その後またランチをして
楽しくていろんなこと忘れてしまうほど密な時間を過ごして
でもふっと気持ちが苦しくなる。

楽しい時間を切り張りして繋ぎ合わせて過ごしているみたい。
後でどっと疲れが出てしまうかもしれない。心の疲れが。それはちょっと心配。

まわりの人に言うわけにもいかず、ここなら書けると思って書いているけど
書いても書いても気持ちがクリアにならない。時間が救ってくれるのだろうか。

どうして自分が…とは思わなくなっていたけれど、やっぱりこういう時は思ってしまいます。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

新しい命

友人から妊娠報告がありました。
娘の通う幼稚園で一緒になった人で、その人は5人のお子さんを持つお母さん。

娘が入園したての頃に、そんなすごい大先輩(子育ても幼稚園生活も)だと聞いて
ものすごく恐縮して話していましたが、
「1人でも何人でもかわりはないし、1人っ子のお母さんも大変だと思うよ」
と言ってくれた人でした。幼稚園に入ってみると1人っ子はやはり割合としては少なく
少し肩身の狭い思いを感じていた頃だったので、その言葉でホッとしたことを覚えています。

いやいや、現実問題1人っ子のより5人の方が大変なはずなのですが
「大変なのよ~」ということを微塵も出さず、
かといって何人も子供がいる人にありがちな「うちなんて放ったらかしよ~」と言うこともなく
「そんなの子供によくあることよ」なんて先輩風を吹かすこともなく、本当に素敵な人です。

そんな彼女に6人目ができました。
1ヶ月半くらい誰にも言えず1人でずっと抱えていたそうです。
ご主人に相談してみたところ、今回は諦めて欲しいと言われたそうです。
それが分かっているから彼女は言えなかったのかもしれません。

でも子供をとても大事にしているご夫婦で、子供の行事が重なれば
お父さんも幼稚園に小さい子を連れて参加したりしていましたし
子供達を見ればどれだけきちんと愛されてきちんと育てられているのかもわかります。
だからご主人も苦渋の決断だったのではないかと思います。

そんな時に、私が流産の話をしたのだそうです。昨年末のことです。
幼稚園の行事の後に少し時間があって、別に何かの流れがあったわけではないのですが
私の方から何となく気が付いたら話をしていました。
6年ぶりに妊娠したけど心拍が止まってしまって8週で流産してしまったこと、
手術をしてからまだ1ヶ月もたっていないこと、娘も3度目の妊娠で生まれていること。
それまでも私が妊娠を希望していることなど話はしていましたので
彼女も本当に親身に聞いてくれて、私もまた泣きました。
幼稚園関係の人には言わないでおこうと思っていたのに、なぜか話をしてしまいました。

その数日後に病院に行くことになっていたそうなのですが
私の話を聞いて決断を変えたのだそうです。
「うちにやってきた子なのだから」、彼女はそう言っていました。

そう、その新しい命はそのお宅にやってきた命。私の家ではないし私の子供でもない。
どうして私は…という気持ちには不思議となりませんでした。
ちょっぴり羨ましく思ったのは正直ありましたけど…

私がその新しい命を救ったなんておこがましいことは思いません。
また、そのご夫婦がどういう選択をしても嫌悪感を感じたりということはなかったと思います。
我が家にもいろんな事情があるように、他のご家庭にも事情があるのですから。

ただ、「あの時、話してくれてありがとう」と言ってもらえたことが素直に嬉しかったです。
私も幼稚園関係の人にはなるべく話さずにいようと思っていたのに
時間だってそんなになかったのに、自分から「あのね、私ね…」となぜか打ち明けていた、
それはきっと何かの導きだったのかもしれません。

聞いた時はショックではなかったし、心から素直に「頑張ってね」と声をかけれたけれど
頭では分かってはいても、帰りの車の中では少し涙が出てしまいました。
何の涙か自分でもよくわかりません。悔し涙?悲しい涙?なんだろう。

私も多分彼女と同じように妊娠はしやすいと思います。だって4回妊娠しているんだもの。
ただそこから先が違うだけで、でもそれだって原因がわかってきているのだし
専門の病院に転院する予定にもなったのだし、
いつかきっと近い将来、私の子供をこの世に誕生させることができる、そう思っています。
時間と身体が許すなら私も子沢山になりたい。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

ビリー、再び

10月に妊娠してから止めていたビリーズ・ブートキャンプを久しぶりにやりました。
普段からバレーをやってるので、全く何もしていない人よりは多少マシだとは思いますが
やっぱり3ヶ月ぶりはキツかった…

ビリーを始めたのは昨年の7月頃。一番日本中が盛り上がってた時ですね(笑)
夏の体育館での練習もしていてスタミナもあって体も動けてたので
DVDが届いて初めてやってみた時も辛いながらも最後までいけましたし
何回かやってるうちにビリーバンド使っても休むことなくできるようになりました。
(もちろん出演してる人達みたいに完璧ではないですけどね・苦笑)

夏休みには実家に帰省する用にポータブルDVDプレーヤーも購入し
ヨガマットも持参してホテルの部屋でもやったもんでした(笑)
これも3ヶ月くらいで習慣になっ楽しくなったところに妊娠がわかって中断。

そう、妊娠してから太りました。
冬には増えるのが常なので、それも重なって未妊娠時期では新記録が出ました。
新学期も始まり通常生活に戻ってから少し戻りましたが、まだまだ…
私は吐くことが人生でほとんどない人間なので、つわりも食べづわり。
あれ食べたい、これ食べたい、とあまり体重など考えずに食べていました。
そのうち体重管理しなきゃいけない時はくるからと、楽しいことだけ考えて食べてました。

で、今こんな状態です。妊娠する前の10月頃からすると4kgはまだオーバーしてます。
夏にビリーをやってとりあえずの目標にしていた数値からするとあと7kg…

3年ほど前、1年かけて10kgほどおとしたことがありました。
それから1年につき2kgくらいずつジワジワと増えてしまっているんです。
運動をしててもそれだけ食べてたらダメですね。食生活も見直さないと。
10kgおとした時はご飯も毎回ちゃんと計量して食べてました。
お肉もご飯も食べるけど、適量を考えたりして野菜をそれ以上に摂るようにしたり。
朝もちゃんと食べるようになったのもこの時のダイエットのおかげです。
(それまではあまり朝を食べる人じゃなかったので)

自分で献立や量を決められるのは主婦の特権ですもんね。
もう一度食生活を見直して、とりあえず3月までに4kgおとして妊娠前に戻したいです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

そうそうしない

「流産なんてそうそうしないよ」

経験していない人からはよく言われました。
私も自分が経験するまではそう思っていましたし、テレビや映画の中みたいに
足を滑らせて階段から転げ落ちたとか(鎌田行進曲の階段落ちみたいに)
お腹に何かが激しくぶつかったとか、それくらいじゃないとしないと思っていました。
何人にどれくらいの割合で、なんてのも考えたことなかったです。

初めて自分がなってみて、ネットでいろいろ調べてみると
10人に1~2人という確率を知り、とても珍しいというわけではないことを知りました。
でも、その1~2人の中に自分が入ってしまうことを恨みました。

逆に言うと「よくあること」なわけで、まわりでも実は経験者という人は意外にいました。
でも流産は1回だけで、次にはちゃんと生まれ、そしてその次もちゃんと生まれ…
そういう人からは「よくあることだよ~、私もさ」と言われたものでした。

その当時は、流産を経験しても実際にちゃんと子供が生まれている人の存在が
私にとってはとても心強くて励まされました。
自分でも「よくあることなんだ、だから次は大丈夫」と思うことができましたし。

だけど2回目となると「よくあること」では済ませられませんでした。
ただ、この時は腹痛もなく、ほんの少しの出血だったけど念のため入院して
注射もして薬も毎日飲んでトイレ以外ほとんど安静にしていたのにダメでした。
(※注射と薬はヘパリンやバファリンなどではありませんでした)
お腹を強くぶつけるとか階段から落ちるとか、そんなことがあるどころか
何の自覚症状もないまま心拍が止まってしまったのでした。

安静状態でもダメになってみると、「何をやってもダメな時はダメになるんだ」と知りました。
また逆を言うと、「大丈夫な時は何をやっても大丈夫なんだ」とも思いました。
限度はありますが、多少の重たい物を持つとか、多少小走りするとか
それくらいやっても普通は大丈夫なんだろうな…と。

冷やしちゃいけないって言うけど、寒いところで働いてる妊婦さんだっているし
運動しちゃいけないって言うけど、妊娠に気づかず運動しちゃってる妊婦さんだっているし
ハードに働いちゃいけないって言うけど、芸能人は不規則&ハードな中でも妊娠継続してるし

そう思うと、何がどうなって、何なら大丈夫で、何ならダメなのか。

先日不育症の血液検査の結果を聞きに病院に行った時、待ってる間に思いました。
「流産なんてそうそうしないもんなんだな」って。
階段から落ちるとかお腹を激しくぶつけるとか、それくらいしてたら別だけど
そんな落っこちたりぶつけたりって、それこそ普段の生活でもない。

外からの力でなるってことはもしかしたら少ないんだろうな、
あるとすれば体の中に理由があるんだろうな、

診察を待ってる間、そんなことを思いました。
ネットでいろんな人のブログやお話を読んでいると、たくさんの方が理由を見つけています。
原因が見つからない場合もあるけれど、お医者さんが原因を仮定想定して治療を進め
無事に出産された方もたくさんいます。

原因がわかれば対処ができる、対処すれば無事に生まれる、
そうであるのなら、やっぱり流産はそうそうおこるもんじゃない、ということになるのかもしれません。

だからやっぱり検査も必要だと思うし、専門に診てくれる病院も必要だと思います。
「よくあること」ではなくて、「対処すれば次はもう絶対大丈夫」というのが
当たり前になる日がきてくれたらいいなと思います。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

整体行ってきました

と言っても、私の信頼する亡き先生関連のところではなく近所の整体。
お友達の紹介で私も夫も行ったことがある所なのですが
2人とも感想は「可もなく不可もなく…」という感じでした。
体がひん曲がっている自覚のある私としては、体が真っ直ぐになったのもわかるし
悪くはないのですが、もっとすごいのを知ってるので仕方ないですね。
でも整体なんて当たり外れもあるし、体張って試すのも嫌なので
不可がないだけでもいいとしなくてはいけません。

お正月明けくらいから肩こりが酷くて、腕も足も左側だけが痺れる感覚があって
心臓系?循環器系?病院に行こうかと思ったほどなのですが
とりあえず体があちこち向いてバラバラな自覚もあるので近くの整体にしました。

骨盤が歪んでいて、そのせいで首も曲がっているみたいでした。
左側の骨盤が下がっているので左足が長くなってたそうですし…
確かに歩いていても靴音が右と左で違うんです。
右は普通に上げれるのに、左足はズリッと床につくというか。
左足が長くなっていた(左の骨盤が下がってるから)のでそうだったんですね。

そこの整体はボキボキせず、押しながら調整していくようで
あちこち押してくれるのですが、それがツボ押しマッサージみたいで嫌いじゃないです(笑)

私はマッサージ・整体フリークなので、若い頃からよく行っています。
15分クイックマッサージとか、英国式フットマッサージとか(笑)
整体は当たり外れもあって怖いので、飛び込みでは行きませんが
初めてのところにチャレンジしたことがあります。

・・・サイアクでした。

昔ながらの、という感じで、最初のマッサージは最高に気持ちよかったんです。
竹の棒を支えにして、背中を足の裏で踏み踏みしながらマッサージ。超気持ちいい。
が、整体の方は、コブラツイストだか何だかプロレス技みたいに足と腕を絡めて
いきなり、ボキボキボキボキッ!!

やるならやるで何か言うことあるでしょうが!

確かに足の長さは揃いましたし、体は整ったみたいでしたが、もう2度と行きません。
夫もいきなりボキボキされてちょっとご立腹でした。

最近肩こりが酷いのでお風呂にゆっくり入って血行をよくしたりしてみましたが
やっぱり元が歪んでたら、せっかく暖めても血行をよくしても滞っちゃうんですよね。
まずは姿勢も気をつけなくちゃいけません…私、姿勢悪いからなぁ。

今日の整体で言われたのですが、右側が悪い人は胃腸系がよくなくて
左側が悪い人は婦人科系に影響するそうです。(子宮が左側にあるからでしょうか)
私は左が歪むので本当に気をつけなくては。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

三日坊主イブ

早寝早起き、続いてます。
朝もちゃんと起きて基礎体温計測。
それからトイレに行って、そのままトイレ掃除。
便座から床から壁から扉まで拭き、
次は顔を洗って、そのまま洗面台の掃除。
鏡も拭いて、洗濯機から洗面所の床、ドアまで拭いてます。

初日は汚れだらけで時間がかかっていましたが
段々と短い時間で済むようになってきました。
やってるうちに少しずつ目も覚めてきますし。

それから朝食の準備をして朝食…食べると今度は眠くなりますね(苦笑)

後は片付けて、ちゃんとお化粧もして。
私の場合、お化粧をするとスイッチが入るようで
家の掃除も効率よくできるようになってきました。
汚れを溜めないと簡単に済むから、手抜きしたい人ほど毎日やれって
聞きますが、本当なんですねー(今さら感心するなって感じですが)

夫は三日坊主になるか?どうか?と思っているみたいです。
とりあえず今日で3日間はクリア…明日で三日坊主かどうかが決まります(オーバー)
「3」という数字が習慣づくポイントらしいですが、三日で気が緩むっていう話も。
いやいや、このまま3週間やってみよう。

実は最近21時就寝です。なので朝からハツラツとできてるのかも(笑)
生活的にはすごく楽なのですが、こんな生活で子作りはできるのでしょうか…はて。
とりあえず今はお休み期間ですので、その間に生活ペースを作っておきたいものです。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

通常営業

今日から生活も通常営業に戻りました。夫は4日からとっくに仕事始めでしたが(汗)

宣言どおり、早起きしてみました。
目覚ましが鳴った時は「まだいいじゃん」「やっぱりやめる?」なんて
悪魔のささやきもありましたが、とりあえず基礎体温を計りつつボーっと。

基礎体温は手術後しばらくしてから計り始めたものの、風邪で体調を崩して中断
元々計る習慣も抜けていたので、起きてしばらくしてから気づいたりで全然でしたが
年が明けて生理もきたことだし、また再開です。
これも不思議なもので、しばらく続けてると半分寝ぼけたままでも計ってるという、
気が付くと習慣になってるものなんですよね。
この頃忘れっぽいので、体温は携帯のスケジュール機能にメモしています。
本当は物忘れ予防に覚えておいた方がいいのかな(笑)

生理は普段とは違う感じでダラダラと続いています。量も少ないけど終わる気配もなし。
いつもなら始まればすぐに本格的に始まるし、最近は4~5日で終わるのですが
今回はスロースタートって感じで、どこがピークなのかわからないまま4日目です。
基礎体温と一緒にこれも様子見しなくては。

今日から世の中も仕事始めということで、ようやく整体の場所を聞くべく電話をしてみました。
(整体については→こちら
お世話になっていた先生とは違う市だと聞いていたので、念のため場所を聞いてから
思わず「雪って降ってますか…?」なんてマヌケな質問をしてしまいました。
やっぱりこの時期は雪が当たり前に降ってる山の地域だそう。
一応スタッドレスにしている我が家の車ですが、高速も使うし、その後の一般道も心配。

図々しいついでに「雪がなくなるのっていつ頃ですか…?」なんてことまで聞いてしまいました。
3月下旬には大丈夫ということだったので、その頃に行ってみようと思います。
ちなみに予約は結構埋まるらしく、1月もほとんど空いていないということでした。
前行ってた先生のところは電話して「明日の~」なんて感じだったのでちょっと違うみたいです。

雪のことばかりだけではなく、「○○先生と同じやり方なんですよね?」というのも確認。
とても感じの良い方でいろいろ親切に道も教えて下さって、春に行くのが本当に楽しみです。

ちょっとずつ、私も始動です。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

今年の抱負

世の中もテレビ番組も通常通りに戻って、我が家もあっという間の年末年始でした。

今年の抱負、というか今年の目標は
真面目に暮らす ことと 後回しにしない こと

真面目に…って、別に不真面目に生きてるわけでもないんですが
妙なところは几帳面な神経質なようでいて、暮らしに関しては結構ズボラ。
「やる時はやる」けど、やらない時の差が激しい。
掃除もすることはするけど、毎日日課でやってることでもない。
夜更かししたりして、すぐに自分の欲望の暮らしをしてしまう。

常日頃ダラダラしてるなら心機一転生まれ変わる!なんて宣言でもしますが
時折生まれ変わって、テキパキと家事をしたりするので始末が悪い。
料理にしてもちゃんと作る時期とズボラな時期と波があったり。

なので毎日をきちんと暮らす、という意味で「真面目に暮らす」が目標です。
こんなこと今さら目標ってのも何ですが(汗)

・早寝早起きをして、毎日きちんと掃除をする
・毎日きちんとご飯を作ってきちんと食べる。
・らでぃっしゅぼーやの野菜をちゃんと使い切る
(週に1度届く野菜の宅配で、何が届くかわからないので使い切れず余らせてしまうことも)

形から入るタイプなので、タイムテーブルも考えてみました。
言われたらできる、言われたらやれる子だと思うので(笑)
逆に言うと、言われなきゃやれない…ってことなんですけどね。反省します。
タイムテーブルは明日の新学期から実践します。
人間、3週間で習慣づくらしいのでとりあえず継続するようにします。

もう1つの「後回しにしない」というのもズボラつながりで、
掃除にしても片付けにしても、ついつい後回しにしてしまって溜まっていくので
その都度やる、後回しにしないようにします。
病院通いだったり車の買い替えだったり、他のことでのことは素早くて
「後で、なんて言ってる人は結局やんないんだよ」なんて偉そうに思うくせに
どうも生活全般に関しては別人なようです…
↑のように、片付けでも掃除でも、「後で、なんて言って結局やらない」わけで……

うぅ、本当にズボラな人間ですぅ。
外へのことは積極的なのに、他から見えない家の中のことはとっちらかし。
いけません。本当にいけません。

それから生活のことではないですけど、今年は本もたくさん読もうと思います。
活字嫌いではないですし、子供の頃は本をよく読む子でした。
大人になってからも通勤電車の中とか昼休みも自分1人だったらよく読んでました。
読んでるのは単なる小説だったりするんですけど
本を読むっていうのは大事だなって最近改めて思うようになりました。

昔読んだけど忘れちゃったようなメジャーな文学作品とか
読んだことないようなジャンルの本とか、ブックオフで手軽に買ってみようと思います。
ネットもテレビも大好きなので時間がない時間がない、となりがちですが
この辺も自分の欲望のまま過ごさずいかなきゃな、なんて思います。

ただ、決めたことはとりあえず実行できて三日坊主にはならないタイプですし
頑張ったら頑張れちゃうのですが、その後に息切れがしやすいタイプ…(汗)
ハードルを若干決めてしまうのか、自分の意思が弱いのか不明ですが
まぁいっか~と長続きしなかったり、逆に無理しすぎて体調崩してしまったり。
どちらにしても自分の管理がなってないわけですが
歯磨きするみたいに、お風呂入るみたいに、頑張らなくてもできるようにしたいです。
来年はこういう当たり前なことが目標にしなくて済むように(苦笑)

というわけで気持ちも新たに、頑張りすぎずに頑張ることにします(笑)

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

術後の生理

流産手術後の初めての生理がきました。手術は11月26日だったので39日目。
年末あたりにくるだろうと病院でも言われていたのでまぁ誤算の範囲かなと思っています。
元々は28日~30日くらいというわかりやすい周期ですし
今までの流産の後も、1回目は何日目できたか覚えていないのですが
すぐに規則正しい周期に戻った覚えがあるので、次からは日数も戻ってくれると期待します。

生理痛はないものの、お決まりの肩こりがすごいです。
元から肩こりはありますが、周期絡みの肩こりはハンパじゃありません。
左肩だけ洗濯ばさみでつままれているかのようにカンカンです。痛いくらい。
普段も左肩の方が凝っているのですが、生理前や最中は尋常じゃありません。
左側に血液が行っていないのかな…体の歪みも相当あるんだろうなぁと思います。
凝りすぎて頭痛がする、吐き気がする、ということはないのでまだ助かっていますが
今回は左の腕もむくんでいる感じがしているので、血行(血流?)が悪いのかもしれません。

実は骨盤トントン体操なるものを夏くらいからやっていまして
やった後は体が真っ直ぐになるような気がして、それなりに効果はある気はしてたのですが
妊娠して当然お休み、その後もなんだかんだでやってませんでした。
年末辺りから肩が凝るし体の歪みも直そうかと思って本を引っ張り出してみたら
そうそう、生理の前後数日間は骨盤トントンはお休みしないといけないんでした…残念。
終わったら真面目に毎日やって、体真っ直ぐになるようにしたいと思います。

こないだの妊娠の最終生理が9月18日だったので3ヵ月半ぶりです。
ずいぶん久しぶりのような気がします。
甘いものを欲するので、この時ばかりは欲望のまま食べて
終わったら食事にも気をつけて、今年はダイエットをちゃんとやりたいです。
ビリーもやってすっきりしたーい。
来週から平日の昼間は1人の時間がとれるので再入隊します。
隊長に会って渇と活をもらわなくては。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

初詣

あけましておめでとうございます。

新年に入って気が付いたらもう3日。
今年の抱負は「きちんと暮らすこと」なはずなのに、
多分お正月休みが一番ダラけてるんじゃないかと思います(苦笑)

お正月には帰省をしないし、家でのんびり過ごすのが恒例ですが
本当に食っちゃ寝・食っちゃ寝の毎日です(現在形です)
このところ「のだめカンタービレ」の再放送をずっとやっていたので
おやつとお茶をそばに置いてずっと見入ってました。
お腹がすいたらおせちもダラダラと食べてましたが、
おせちって、お台所仕事をしなくて済むようにお重に詰めてあるんでしょうか(笑)
我が家のおせちは数年前からお取り寄せしているので、これまた楽しています。

今日は近所の神社まで歩いて初詣に行きました。
おみくじは「末吉」
なかなか大吉の出ない私ですが、末吉も久しぶり。(いつも中・小あたり)
家族全員が末吉という、変なところでおそろいでした。
私も夫も「荒波があっても辛抱して…」のようなことが書いてあって
今年も何事も万々歳で滞りなく過ぎるというわけにはいかないみたいです。
だけど、気をつけていればうまくいく、細かいところにも注意しなさいよ、という
ことなんじゃないかと思うようにしています。

また新しい1年がはじまりました。
どうかどうか、新しい家族が増えますように。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。