プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な結果

今日病院に行ってきました。

結果から言いますと、今回は化学流産になりました。

応援して下さった皆さん、ありがとうございました。
私は元気です。強がりもそんなにしてませんが、割合と元気です。

先生が普段の生活をするようにと言っていて
実際普段通りの生活をして、行動を制限したり我慢したりしなかったおかげで
精神的なダメージも少なかったんじゃないかなと思っています。

私の場合は単に自然の摂理だったと思っています。
育つことのできない子だったので自分から去っていったのだと思います。
こればかりはどんな専門医も治療をもってしても仕方のないことだと
自分の中でも受け止めています。

皆さんのお腹の中にいる赤ちゃん、これから来る赤ちゃんはきっと違います。
適切な治療を受け、きっと元気に育つことでしょう。

私の元へ次に来てくれる赤ちゃんもきっと育つと信じたいです。

長くなりそうですし、詳細は続きに書きます。
詳細など目にしたくない方はここまででお願いします。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

続きを読む »

スポンサーサイト

注射のあと

カプロシンの注射も何とか無事に朝晩やっています。

気になっていた夜の分も、よくよく考えてみたら
20時台というのはテレビのゴールデンタイム。
お笑い番組や歌番組が好きな小学生はテレビに釘付けなので
その隙にトイレでささっと済ませています。
おかげで手際よく打てるようになりました。

最近、お腹の外側が筋肉痛?みたいな痛みというか
ジーンズのウェスト部分が当たって違和感・・と思っていたら
注射を打ったところが青あざになってきていました。

病院で初めて打った時は、針を抜いてしまったら
今どこに打ったかわからないくらいだったのですが
日にちが経つにつれ青くなってくるみたいです。

そう言えば助産師さんも、段々と青アザになったり
打った所が硬くなってきてしまうとは言ってました。
まだ日も浅いので場所を考える必要もないのですが
後々には打つ場所を探さなきゃいけなくなってくるのでしょうか。

なので座った時にジーンズなど堅いものが当たって
(それだけはみ出てるお腹のお肉が多いということですが・・・)
痛いのはこれからも増えていきそうです。

それから火曜日に腕に打ったピシバニール。
翌日は熱を持って結構腫れて、腕に力を入れると痛かったのですが
その日がピークだったようで徐々に引いてきて
4日目の今日は見た目もほぼこざっぱり、触ると芯がある程度になりました。

痒みは昨日くらいに少し感じましたが、耐え切れないほどでもなく
前回初めて打った時よりは軽く感じました。
もしかしたら同じ程度だったのかもしれませんが
「これ以上は酷くならないだろう」とわかってる分、軽く思えたのかもしれません。
最近は七分袖や長袖を着ているのでちょうどよかったです。

*********************

体調の変化どころか、自覚症状も何もありません。
今までの妊娠でもつわりはほとんどなくて
どちらかと言うとやたらと食べたい物が突発的に浮かんで
それを食べるまでは気がおさまらない、という食べづわりタイプでしたが
今はそんなこともなく至って普通。

以前は生理予定日を過ぎたあたりから何となく胃がムカムカするとか
何となく気持ち悪いな~ということもありましたが
今回はそんなこともなくこれまた至って普通。

過去の時のように胸が張ることもなければ
やたらと眠くて仕方がない・・ということも全くなく
そのうち「ドッキリ!大成功!」と書かれたプラカードを持った
あのねのねの原田伸郎が出てくるんじゃないかと思ってしまいます。

それくらい何の自覚症状もなくて、キツネにつままれたような感覚で
ただひたすら注射を打っている毎日です。

気になる症状もないのでそれはありがたいことで
実は夢か幻か騙されてるかも・・と思うほど普通に過ごせているのは
私にとってはちょうどいいぐらいなのかもしれません。

注射頑張ります。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

カプロシン自己注射スタート

昨日青木クリニックへ行ってきました。
着いてすぐ尿検査をしてあったので、診察室へ入ると

「バッチリだねー♪」

という先生の言葉と、クッキリ線の出た妊娠検査薬に迎えられました。
基礎体温表を見せると

「これまたバッチリだねー♪すごく高温期もはっきりしてるし」

と赤ペン先生の如く、丸をつけながら見てくれていました。
素人目では上下の激しいグラフだなと思っていましたが(参考:今周期のグラフ
お医者さんから見ると別に普通みたい、というよりまだ分かりやすいグラフみたいです。

グラフの形状から受精したのは14日目だそうで、そこから逆算して

「計算上の最終生理開始日はココ」

と言って印をつけた日にちは、実際の生理開始日の前日。
ほぼ狂いなしといったところでした。
そこから割り出した日数(機械に打ち込んで出すんですねー)で、4週4日だそうです。

「基礎体温はもう計らなくていいからね」

ということだったので素直に従おうと思います。
高かろうと低かろうとやれることはやっていくのだし、計ると気になっちゃうものだし
今回自分では「??」なグラフでもお医者さんが見たら普通なように
自己判断するのも疲れるだろうし。体重だけは毎日記録しようと思います(笑)

エコーについては

「今の時期だと何かうっすら見えるか見えないか・・くらいなんだけど
何も見えないのが心配になっちゃうならやめとくし、
反対に少しでも何か見えた方がかえって安心する!ということならやるし
どちらでも選んでもらっていいけど、どうする?」


ということでしたので、「精神衛生上よろしくないのでやめときます(苦笑)」にしました。

それから

・ 血液検査(hcg値と血小板を調べるそう)
・ ピシバニールの追加
・ カプロシン自己注射


の説明がありました。
ピシバニールはその場で先生に打ってもらい、
採血とカプロシンは後ほど別室にて助産師さんから。

今回は漏れのないように、と私も質問のメモを持って行っていたので
話の流れで途中や最後に質問をしてきました。

まずはメイラックス

最初の性格検査では意外にも引っかからず、メイラックスは出てなかったのですが
さすがに今後はもらっておきたかったのでお願いしました。
先生も「そうそう、ここから1ヶ月が大事だからね!」ということで
多分言わなくても出してくれたんでしょうけど、先走っちゃいました(苦笑)

それから納豆の話。

納豆のビタミンKは抗凝固剤(凝固を抑える薬)の効き目をなくしてしまうので
バイアスピリンを飲んでいる人は納豆を食べない方がいい


という話をネットで見ていたため、聞いてみました。
(今回パイアスピリンを飲みだしてからは納豆を控えていたので)
すると

納豆?あー、心臓病なんかで飲むワーファリンのことかな。
ワーファリンとパイアスピリンは違うから大丈夫。体にいいし食べて構いませんよー


とのこと。
おぉ、そうなのか~、とひと安心。
これを書く前に再度調べてみたら、確かにそのように書いてありました。
前に見た時はそこまで見てなくて。(どこ見てたんだ?)
ネットで見聞きしたことは自分でもちゃんと調べ直さないといけませんね。
(一応調べ直したつもりでしたが全然わかってなかったですもんね・・)

他にもインフルエンザの予防接種や歯医者の通院のこともありましたが
1週間後にまた診察ということなので次回に聞けばいいやと思ってここまで。

先生とのお話が終わってからは看護師さんと。
採血では上手く血管に入らなかった(?)ようで3度目でやっと採れました。
刺した跡から血がダバダバ出てきていたので
「バイアスピリンが効いてるんだね」と言われて
怪我に注意しなきゃいけないことを思い出しました。

それからカプロシンの自己注射。

説明書を読んで、助産師さんからも説明を聞いて
助産師さんが注射器で液剤を取って見せてくれるところなんかは
「おぉ~カッコイイ、さすがプロ」と感心したりして、最初はほんわかムードでしたが
「じゃあ次はやってみましょう!」と自分が本物の注射器と液剤を持ってみると
急に現実味を帯びてきて若干トーンダウン。(口数が激減・苦笑)

打つのが大変かと思いきや(いえ、打つのも大変なのですが)
注射器に薬剤を取るのも最初は予想以上にうまくいきませんでした。
空気が入ってしまって、それを抜こうとしても全然抜けていかなくて。
「ちょうど練習になるからいいんですよ~」と暖かいお言葉を頂きながら
ちっとも空気が抜けていかない注射器を薬剤の瓶に刺したまま右往左往。

「テレビで見るようにピューッ!と出すのは本当はもったいないですからね(笑)」
なんてお話をしつつ、空気の抜き方を2通り教えてもらい水の見本でも練習。
だいたい出来るようになってきたので、次はいよいよ針を刺します。

お腹をつまんで・・・つまむお肉がたくさんあってよかったとこの時ばかりは思いました(笑)
ガッチリつまんだ方が痛くないと聞いて、張り切ってつまみ過ぎてしまったりしつつ
最初、往生際悪く針をツンツンと皮膚に当ててみたらやっぱり痛くて(当たり前)
そりゃ皮膚に触ればチクリとしますわねぇ。

だけどあんまりウダウダしてても仕方ないし、迷っててもやるもんなんだし
ここまで採血や説明、練習で既に相当時間食ってるので急がねば~ということで
「エイッ!ブスッ」っと刺してみました。

あら、全然痛くない。

でもお腹に刺さってるのを見ると膝が笑うと言いますか、
普段から採血でも針が刺さってるのを見れない人間なのでちょっと腰が引きました。
抜く時も痛くなく、無事に終了。
助産師さんからも「大丈夫そうですねー♪」とお墨付きを頂いてきました。(ほめ上手)

カプロシン注射は1日2回。12時間あけます。
私の場合、働いてないので朝の時間は全然大丈夫なのですが
夜は子供と一緒にベッドに入ってそのまま寝ちゃうこともあること、
心配するといけないので今はまだ子供の前では注射ができないこと、
という心配を助産師さんに相談しました。

12時間ごと、となっているけれど前後2~3時間のズレは大丈夫。
もし一緒に寝ちゃって夜中に目が覚めたら、その時に打てばいいから。
だけど明け方になっちゃって次の注射まで3~4時間とかしかなかったら
1回分スキップになっても全然大丈夫だから。


ということでした。

バイアスピリンにプラスしてやっているものだし、
注射の跡に出た血がたくさん出たのを見ても薬が効いてるってことだし
きっちり時間どおりに!きちんと!とならなくても大丈夫だから


というのも言われました。
どうしても根詰めてしまいがちですからね・・

プレッシャーが1番よくないんだからね

だそうです。ごもっとも。
注射するのに緊張しまくって血管収縮させてたら本末転倒ですしね。

それから注意事項として

出血しやすくなることに加えて、下からも出血したり
オリモノに血が混じったりすることがあります


なんだそうです。(説明書きにも書かれてました)
私が「トイレで拭いたときに血がつくのってかなり心臓に悪いですよね(汗)」と言うと

そうそう、「出血=悪い」という認識は今日で変えちゃってください。
だいたい見ていると10人中の半分くらいの人が下からも多少の出血はありますから。
生理の1日目くらいの出血でも赤ちゃんには何の影響もないことの方が多いのでね。
反対に「カプロシンが効いているんだ」と思ってもらっていいのだから。


とのことでした。
本当にトイレットペーパーに血が付くというのはこの上ない恐怖ではありますが
副作用でそういうことがある、それも半分くらいの人がなると聞けば
後はもう、そういうもんかと思うしかないですね。

もちろん、お腹の激痛だったり、塊が出たような感覚があれば
病院に電話をしてください、ということでした。

次回は血液検査の結果が出る1週間後です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お会計・・・64,760円

(保険内)
医学管理等  30円
血液検査(hcg・血小板) 1,358円
メイラックス(6回分) 222円

(自費)
妊婦検診 7,500円
不育妊娠管理料 8,400円
ピシバニール 18,000円
カプロシン(13回分) 29,250円

※ピシバニールとカプロシンは合計金額でしか出ていないのですが
ピシバニールを以前聞いていた金額で計算してみたら
カプロシンの金額がピッタリ割り切れたのでこのようにしました。

※カプロシンは人によって指示される量が違うので金額も違ってくると思います。
私の場合は1回あたり2,250円、1日あたり4,500円のようです(汗)

今回が5週までの分だから10週までだとして・・・あと15万円くらいでしょうか。
一生続くわけではない期間限定の大事な出費なので頑張りたいと思います。

注射頑張ります。
よかったら応援してください。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

陽性出ました

昨日ネットで頼んでいた妊娠検査薬が届いたので
夜になってからコッソリ調べてみました。

今回は初めてドゥーテストhCGプラスa 2回用(妊娠検査薬)を買ってみました。
陽性なら「+」、そうじゃないなら横線(-)のみで
心の目(笑)でしか見えないような線じゃなくて分かりやすいかなと思って。

あっという間に陽性が出ました。
予感はあったものの、まさかまさかでしばらく見続けてしまいました。

以前の日記にも書いていましたが、
今月末の本大会へ勝ち上がってしまったため
今周期は延期することにしていました。

タイミングもあまり考えず、というより逆に延期することを考えて
怪しそうな頃は避けてたつもりでしたし、
ピシバニールを打って数日間腫れたり、キャンプ行ったりで忙しくしていたし
不謹慎ながらいつだったか記憶もないほどで…

バイアスピリンも実は今周期は高温期に入っても飲んでいませんでした。
ですが高温期11日目くらいに頭痛がして
いつもの生理前の頭痛だと思いつつも、市販のバファリンを飲むよりはと
バイアスピリンを飲んで寝たことがありました。
その後も今思えば本当に何か思うところがあったのかもしれませんが
1日おきに服用を続けていました。

月末の大事な試合のことですが・・
公式試合なので人数が決められていて、足りないと失格になるので
とにかくユニフォームだけ着てベンチに座っててもらう人を頼んで
しのいでいるチームも珍しくなく、うちも予選はそうやってきたのですが
実は一昨日にも交流試合があり(妊娠してると思ってないので普通に出場)
その日は控えも全員交代で出てみたら、別に私が抜けても遜色なく(苦笑)

これなら本大会も楽しく交代しながら全員参加でいこうねー♪と
その日の打ち上げでビールを片手に盛り上がっていたところでした。

自分がいなくてもいけそうだな、いつ抜けても大丈夫だな、なんて
安心したところだったので、これもありがたいタイミングでした。
でも本大会はせっかくの機会なので、私が数合わせの一員となって
ユニフォームを着てベンチに入って応援しようと思います。

実はこのスポーツ、夫も一緒にやってます。
試合も練習もずっと一緒にやってきて、よきペア、よきアドバイザーです。
彼に私の分も頑張って欲しいと思います。

************************************

夫にはメールで昨夜伝えました。子供にはまだ知らせたくないので。
10月から新しい職場に異動になり、シフト勤務から土日休みに戻りましたが
研修や出張もちょこちょこ入っているようで、今日も全く休めなさそうでした。
今までだったら病院に行くと言うと休めてたんですけどね。

私の方は特に体調に変わりもなく、元気・・と言いたいところですが
数日前から鼻炎(多分ブタクサやイネ)でものすごいことになっていて
それが落ち着いてきたと思ったら、今度は喉が痛くなってきました(涙)
昨年も妊娠がわかったと同じくらいに喉をやられて、
薬は飲めないわ、マスクしてたら妊娠疑惑が広がるわ、ちょっと困りました。
でもマスクと気合で治したので今回も気合で乗り切ります。

青木クリニックへは朝一番に電話をして今日の予約を取りました。
割と時間がかからずに行ける環境に感謝です。

昨年は8週まで週数相当の大きさまで育ってくれていたので
何だか今の時期はそんなに心配していません。
ここから先が心配ではありますが、天津木村のフレーズで(わかります?)

何だか今回はイケそうな気がする~

という感じです。(不愉快に思われた方がいたら申し訳ありません)

私の場合、あれこれ心配するというよりも
あれこれ画策しようとしたり、闘おうとしたりするのが自分で心配です。
なので今回はまわりの人にもあまり過剰に隠さず
ゆるくいけたらいいなと思っています。

だから本当はこういう妊娠がわかったという日記も
後から事後報告で「実は・・」と書きたいタイプなのですが
今回は自然に、素直に、そのままにやっていきたいと思って書きました。

では病院に行ってきます。

こちらに参加しています。
よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。