プロフィール

みぃ

Author:みぃ
夫と娘の3人暮らし

1993年6月 結婚。
1999年2月
 初めての妊娠が5週で流産
2000年3月
 7週で心拍確認後の流産
2001年8月
 3度目の妊娠で娘が誕生
2007年11月
 6年ぶりの妊娠が8週で心拍停止
2008年10月
 小さな胎嚢を確認後の化学流産

2008年6月に名古屋のAクリニックで不育症の検査を受けました。
→結果はこちら

◆こちらに参加しています◆
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ


Wedding Anniversary

*script by KT*

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


月別アーカイブ


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス抜き

昨夜は久しぶりに夜更かしをしました。
元々は夜型で徹夜も平気なタイプなので、つい気を抜くと寝そびれてしまいます。
子供が幼稚園に行くようになってからは、ようやく自制することも覚え
次の日のことを考えてちゃんと就寝するようにはなっていましたが
もうすぐ週末という、気が抜けかけたところでちょっとダラダラと。
何をしてるってわけじゃないですけど、パソコンやったりテレビを見たり。
何となく起きてる間に夜も更けてしまいました。

精神状態によっては夜1人で起きているというのは
自分だけが取り残されたような気持ちになってしまうこともあります。
でもそうじゃない時の夜更かしは私にとってはガス抜きだったりします。
別にリラックスしたり、夜空を眺めてお茶を飲んだり…なんて何もないですけど
なんだろうなぁ、何の制約も受けずに自分でダラーっと過ごすこと、ですか。
いや、こんな定義なんて別にいらないですね。すぐ理由つけたりするのは私の悪いクセです。

もちろん翌日は眠いです…そして今日も予定がないのをいいことに昼間はダラダラしています。
あ、私のガス抜きっていうのは「ダラダラする」ことなのかもしれません(今頃気づいた)
サボりクセもあるかもしれません。時々サボるのが私の調整法なのかな。

あれから出血はほとんどないと言っていましたが、水曜くらいから少しずつあります。
術後3日目にはナプキンにしっかり付くほど、生理の3日目くらい。
4日目は減ってきたなと感じて少しだけナプキンにつくくらい。
5日目の今日はほとんど付いてないけどトイレで拭くとまだあるな…という感じ。
そういえば生理の日数みたいな変化です。

昨日寝る前には今日から基礎体温をつけようと思っていたのに
習慣がなくなってしまったのでついうっかり忘れて起きてきてしまいました。
明日からはつけようと思っています。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
スポンサーサイト

初めての妊娠

1999年2月、結婚6年目で初めての妊娠をしました。

それまでは私の持病で薬を服用していたので医者から待つように言われていて
比較的若くに結婚したので私たち夫婦も納得していました。
当初は3年ほどの予定でしたが、気が付くと5年。
無事に投薬も終了し、ようやくスタートラインに立てました。

すぐできるのかな?自分は子供ができる体なのかな?
そう思っていたら2周期で妊娠。
「なーんだ、結構簡単にできるんじゃん」
妊娠したことでの舞い上がりと無知ほど怖いものはない、でそんな風に思いました。
今思えば本当におごりです。

検査薬で陽性が出ただけで浮かれて夫と子供の名前を考え始め
翌日には夫と一緒に近所のきらびやかな産院へ。
マタニティ雑誌なんか読んで待合室で待ち、意気揚々と診察室へ。

「早すぎて何も見えないねー」

なにそれ?って感じでした。週数計算もわかってないし、
病院に行けば「おめでとうございます、3ヶ月ですよ」なんて
ドラマみたいなセリフが聞けるものだと思っていました。

1週間後に来るように言われ帰宅。
それでも妊娠してるんだ気分に浸りまくり
仕事帰りに本屋で妊婦雑誌を立ち読みしたり。
すっかりその気でした。

立ち読みして知識バッチリ☆という翌日に出血、そしてすごい腹痛。
病院にすぐ連絡し診察に向かうも既に出血もすごくほとんど出てしまったようです。
わけがわからないまま麻酔なしでソウハの処置。
腹痛もすごかったけど、その処置も半端じゃなく痛かった…
点滴が合わないのか吐いたりもして、身も心も憔悴しきってしまいました。

病院にしてみたら初期流産なんてよくあること、
胎嚢すら見えてないのだから、というのは本当に今になればわかるけど
その時は「妊娠したら生まれるもんだ」としか思っていないので
言葉では言い表せないほどの気持ちでした。

1人になれない、夜は眠れない、食べれない
週末だったことで夫がいてくれたので救われました。
それでも夜は眠気に負けて寝てしまう夫に取り残され
世の中からも1人取り残されたように感じました。

どうやって立ち直ったのか…もう8年も前のことなので正直覚えていません。
ずるいですね。人間は忘却の生き物とは言いますが。
日にちをやり過ごすことしかなかったような気もします。
夫婦2人暮らしでしたから、好きなだけ落ち込むだけ落ち込んでいた気がします。

ただこんな初期の初期なのに、まわりに話してしまっていたんですね。
実親にも友達にも職場(パート)の人にも。
今思えば本当に軽率だったなぁと思います。
それだけ無知で浮かれていたんですね。
話した人の数だけ、話を回収してまわらないといけません。
自分では連絡できず夫から話をしてもらったこともありました。本当に感謝です。

流産後、ホルモンのバランスが乱れて生理不順になることもあると聞き
基礎体温をつけ始めました。毎日続けて安心するものが欲しかったのかも。
元々生理不順もなく規則正しいので1ヶ月後には生理が再開し
基礎体温も絵に描いたようなグラフになりました。

当時は既にパソコンもあってネットもメールもやっていましたが
これだけ気軽に書き込める場所もあまりなく、
ドキドキしながら掲示板に気持ちを書いたことがあります。初書き込みでした。
「流産したけど今は子供がいる」という人からのお返事をたくさん頂き
それが私の心の支えになりました。
自分が知らないだけで、経験者が意外に多いことも知りました。

世の中、当たり前なんてない

それを知ることができました。
願いが叶わないのは努力が足りないからだ、というタイプだったので
調子に乗っていた自分が恥ずかしくなりました。
自分ではどうしようもないことがあると知りました。

こちらに参加しています。
よかったらクリックして下さいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。